FC2ブログ

三原の海霧と尾道の町 ①

三原の海霧



秋といえば三原の海霧。

ということで、2年前、このブログを書き始めた頃に見に行った三原の海霧を見に行くことにした。

2年前に撮った海霧の写真
2年前に撮った海霧の写真
2年前は港から海霧を眺めた。
港から眺めると、霧の中を進んでいく船を眺めることができる。
山の上からだと海から噴き出して来ているかのような霧を眺めることができるみたい。見たことないから良く知らないけど・・・

午後8時過ぎに帰宅して朝3時30分には出発。まとまった休みが取れないので仕方がないのだが、いつもしんどい、ていうか眠い・・・・・

一般道のみを通って行ったため、三原に着いたのは午前4時40分頃。

前回は港から海霧を眺めたのだが、今回は山の上から霧を眺めようと真っ暗な山道を車で登って山頂を目指す。

筆景山の山道
筆影山登山道
山道は、暗くて細い。しかも落ち葉が積もっていて、道路と側溝の境界が分かりにくい。登るときは要注意。


山頂の展望台に着いたのは4時55分。まだ真っ暗で星はきれいだったのだが、誰もいない山頂展望台は寒いし、結構不気味・・・

しかし、展望台からは三原の町や、港の沖に停泊した船や造船所の明かりが見え、三原の夜景を存分に楽しむことができた。

三原の町
三原の町の夜景
三原の町の夜景(朝景色?)。三原市は浮城として知られた三原城の城下町だった町。現在の人口は約10万人ほど。たこと、やっさ踊りは全国的に有名なはずだ(多分・・)


三原の海
三原の海
造船所の明かりや、停泊した船の明かりが海を照らす。瀬戸内らしい景色といえるのかな?

朝を待っている間に曇ってしまった空も、午前6時40分頃にはオレンジ色に染まり、太陽が少しだけ顔を見せてくれた。

・・・が、一番楽しみにしていた海霧はまったく見ることができなかった・・・

霧が出るには、少し気温が高すぎたみたい。

三原の海と朝日
三原の海と朝日
空は思いっきり曇ってしまったが、オレンジ色に染まった空は美しい。
普段仕事のある日は、まだ真っ暗な時間に出て、真っ暗になって家に帰るから、太陽を拝めるのは本当にありがたいな。


聞くところによると、去年から今年にかけて、三原の海霧はほとんど見られなかったようだ。今年は例年にないほどの暖冬だったから、仕方がないのかな。

展望台からの景色をゆっくりと楽しんだ後、展望台から50mほど山を降りたところにある展望広場へと移動。

展望台からの風景左側(東側)
展望台からの風景左側(東側)

展望台からの風景右側(西側)
展望台からの風景右側(西側)1枚のパノラマ写真にしようと思ったが、左右がうまくつながらなかった。パノラマ合成は結構難しい・・・


展望広場は、展望台よりも海に近く、しかも視界を遮る背の高い木もないので、海をよく見渡すことができる。

久しぶりに来たから忘れてたけど、展望台よりも展望広場の方が海がよく見えるので、海霧を撮る人の多くは展望広場で撮るらしい。次回来るときは、忘れないようにしなくちゃ。


展望広場から見た三原の海
展望広場から見た三原の海
曇って空は見えないわ、霧はまったく出ないわでいいとこなし・・・ 次回に期待。


明け方の海は結構きれいだったけど、見たかった海霧が見られなくてとても残念。

まぁ、自然現象だからどうしようもないよね・・・・・・・








スポンサーサイト



女王滝

女王滝


夏になると滝が恋しくなる。

暑い中、水の流れ落ちる様を見て、水の流れる音を聞きながらゆっくりと休むのはとても気分が良い。

というわけで、以前から一度行ってみたいと思っていた女王滝に行くことにした。

女王滝への道
女王滝への道
 以前、姪っ子を連れて中央森林公園に遊びに来た時に女王滝を見に行こうとしたのだが、熊が出るかもしれないと言うと姪っ子が怖がり、途中で引き返したことがある。

女王滝は広島空港の近く、中央森林公園キャンプ場の駐車場から500mほど歩いたところにある。

距離的にはたいしたことはないのだが、人気のない山道を進まねばならず、正直、熊やスズメバチに襲われるのがとても怖い・・・

チキンな私は、殺虫剤とラジオを持って、森に入っていく。


女王滝への道
女王滝への道
 奥へ入っていくとともに、森は深まり、最初は綺麗だった道もだんだん悪くなってくる。
山育ちなので山自体には慣れているのだが、自分の住んでいるところと違って、普通に熊とかいるのでちょっと怖い・・・

以前、姪っ子を連れて山に入った時、怖がる姪っ子を笑ったことがあるが、山が深まるにつれ、今にも熊が飛び出してきそうな気がしてだんだん怖くなってくる。

女王滝へ行く途中の小さな滝
女王滝に行く途中にあった小さな滝
 途中には小さな滝がいくつもあり、ちょっとビビりながら撮影。手ぶれしまくってたりして・・・
もうこれで満足して帰るべきじゃないかと思ったりもする。

途中には、小さな滝がいくつもあり、これを撮って「女王滝」とタイトルを付けておけば、誰も気づかないんじゃないかと思って見たりもした・・・

が、一度でもいいから女王滝を見てみようと思い直して前へと進んでいく。

女王滝に行く途中にあった岩陰
女王滝に行く途中にあった岩陰
途中には何か潜んでいそうな岩陰も。ラジオの音を大きくしようとしたが、電波の入りが悪くてほとんど鳴らない・・・

女王滝へ行く途中、道は登っていき、その頂上付近には大きな岩と、熊が寝床にしていそうな岩陰もあった。

頼みの綱のラジオは電波状態が悪くてほとんど鳴らないし、仕方がないので「森のくまさん」を歌いながら歩き続ける・・・

すると、その岩陰を過ぎた辺りから、眼下に大きな滝が見えてきた。

女王滝に降りる道
女王滝付近の山肌
女王滝付近には、岩海のように大きな岩がいくつも転がっている。
この辺の岩は花崗岩らしい。

滝に降りる道はある程度整備されているのだが、枯葉や土砂が積もっていてかなり危険な状態。足元に注意しながら急な斜面を降りて行く。

そして、降りた先に女王滝の案内板が立っているのを発見。どうやら、ここが正真正銘「女王滝」のようだ。

女王滝 案内板
女王滝 案内板
女王滝は落差約25m 幅6~9mで、三段に分かれて流れ落ちている。その女王の白袴を連想させるような優美な流れから、女王滝と名付けられたそうだ。

苦労して(?)やっと拝むことのできた女王滝だが、思っていたより小さかった・・・・・・

実際、落差は25mほどしかないし、断崖絶壁を垂直にまっすぐに落ちる滝ではなく、ゆるやかな斜面をゆっくりと流れ落ちる滝だから余計にそう感じるのかもしれない。

女王滝
女王滝
この滝は、かつてNHKの大河ドラマ「毛利元就」のオープニング映像に使われている。プロの撮った映像はやはり一味違う・・・興味があったら見てください。「毛利元就 オープニング」で検索すれば動画が出てくるはず。

しかし、途中で幾筋もの細い流れを造りながら流れ落ちる様は非常に優美で、絹糸を連想させるほど繊細な水の流れはいくら見ていても飽きない。

個人的には、こういった女性的な滝の方が好みだったりする。

女王の滝 アップ
女王滝 滝の流れのアップ
固い花崗岩だからこそ、水に浸食されずにごつごつとした質感を残し、そのおかげで幾筋もの細い流れが生まれているのだろう。ただ流れ落ちるだけの滝と違ってずっと眺めていたくなるような不思議な魅力を持った滝だ。

本当はゆっくりと滝を見ていたかったのだが、虫は多いし、熊が襲ってきそうで怖いしで泣く泣く撤収。

たいした距離を歩いたわけでもないのに、車にたどり着いた時にはびっしょりと汗をかいていた・・・・

こうして考えると、山登りをする人とか、探検をする人とかは本当に勇気があるよね。


自分も、もう少し鍛え直さなきゃいけないかも・・・・・






★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年7月28日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★☆☆☆☆
3.目的地までの所要時間:1時間20分
4.走行距離:136Km(帰りに呉の実家に寄った。目的地へは片道50kmほど) +3477歩( 徒歩2.5Km)
5.消費エネルギー:ガソリン6.8ℓ+87.8Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.高速利用:行き:高屋IC~河内IC 帰り:なし
7.地図はこちら




県立中央森林公園② ~三原市本郷町~

三景園


昼食後、近くの三景園に向かう。

三景園は広島空港の開港を記念して1993年に造られた面積6haの庭園。

三景園には身障者用の駐車場しかなく、レンタルの自転車もサイクリングコースしか走れないため、歩いていかなければならない。中央森林公園からの距離は約500m。

オオイヌノフグリ
道中、いろいろな花が咲いている。ぶらぶら歩くのも楽しい。

三景園には自然林を生かした山のゾーン、里山をイメージした里のゾーン、瀬戸内海を表した海のゾーンがあり、その三つの風景にちなんで三景園と名づけられたらしい。

庭園の入り口は潮見亭という建物で、厳島神社をイメージして作られたもののようだ。海を模した大きな池の中に建てられ、廊下には吊り灯篭、海に向かって突き出た舞台もある。

大海と海に浮かぶ潮見亭space.jpg潮見亭の吊り灯篭
左/大海(おおうみ)と潮見亭(ちょうけんてい) 右/潮見亭の吊り灯篭

日本庭園を見ても姪っ子は喜ばないだろうと思っていたのだが、大海の鯉にえさをやって大喜び。子供はよく分からない・・・

潮見亭より梅園を望むspace.jpg大海の鯉
左/潮見亭から見た梅園 右/大海の鯉 普段は優雅に見える鯉も、餌に群がってくる姿は気持ち悪い・・・

大海をぐるっとまわり、梅園の方へ。梅園には白や赤、ピンク色の梅が満開でとてもきれい。ゆっくり眺めたかったのだが、姪っ子が梅の前をさっさと通り過ぎ、梅園から上がったところにある里の池という池の鯉に餌をやり始めたのでほとんど見ることができなかった・・・

梅園の梅space.jpg白梅
梅園の梅。色とりどりの花が美しい。

でも、里の池は高いところにあるので、梅園や潮見亭がよく見えたし、姪っ子も喜んでいたみたいなのでまぁ良かったかな。

里の池の鯉space.jpg里の池から見た梅園と潮見亭
左/里の池の鯉  右/里の池から見た梅園と潮見亭

満開の梅を見に来たはずなのに、池の鯉ばかり見ていた気がする・・・

姪っ子がもう少し大きくなったら、一緒にお茶でもすすりながらゆっくり花見をしたいなぁ・・・



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年3月23日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★☆☆☆
3.目的地までの所要時間:50分
4.走行距離:95Km+7746歩( 徒歩5.6Km)
5.消費エネルギー:ガソリン 4.75ℓ+144.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら

県立中央森林公園① ~三原市本郷町~

県立中央森林公園


いつもは「ぼっち」の私だが、姪っ子が休みの時は一緒に遊んでもらえる・・
そんなかわいい姪っ子とサイクリングをするために、県立中央森林公園にやってきた。

中央森林公園は1993年に開港した広島空港のそばに整備された公園で、バーベキュー広場や運動公園、サイクリングコースなどがある。
公園センターspace.jpg公園センター前のしだれ梅
左/公園センター 右/公園センター前のしだれ梅

まずは、サイクルセンターそばにあるおもしろ自転車のコーナーでウォーミングアップ。

おもしろ自転車1space.jpgおもしろ自転車2
おもしろ自転車。いろんな自転車がある。

このコーナーには手でこぐ自転車や、車の形をした自転車など、たくさんの自転車があるので、家族連れには人気みたい。
30分で300円は少し高い気もするけど・・・

おもしろ自転車で体を慣らした後は、いよいよサイクリングコースへ。
サイクリングコースには、ファミリーコースA、B、Cと健脚コースの4つのコースがあり、どれでも好きなものを走ることができる。

サイクリングコースは山の中を走っているのでとてもいい気分。途中にはきれいな花も咲き、うぐいすも鳴いていたりするし、車も通らないのでゆっくり森林浴を楽しめる。

用倉大橋space.jpgアセビ?
左/日本最長の木造斜張橋 用倉大橋。コースの途中にある。 右/馬酔木?よく知らないが可愛らしい花。

今回はファミリーコースBを選んだのだが、途中にあるピクニック広場で休憩をとる。ピクニック広場には長い滑り台やブランコ、わんぱく砦などの遊具や広い芝生の広場があり、家族連れがお弁当を広げたりして思い思いに楽しんでいた。

ピクニック広場space.jpgピクニック広場の滑り台
左/ピクニック広場  右/ピクニック広場の長い滑り台

ここからは広島空港を離発着する飛行機が間近に見られる。なかなかの迫力!

ANA461便沖縄行きspace.jpgANA461便沖縄行き
ANA461便沖縄行き。これに乗って沖縄に行った。また行きたい・・・

サイクリングを終え、お昼を食べようと公園センターへ。でも、公園センターには飲食物を提供するところがなかったので、お弁当を買って休憩所で食べる。
休みの日までお弁当は嫌だったのだが、電子レンジも置いてあるし、休憩所は静かでゆっくりとできたので、まぁ良かったかな・・・

三原 ② ~タコのまち~

海霧を見た後、須波港とすぐそばのすなみ海浜公園をしばらくさまよう。
須波港名物のたこ焼きを食べたかったのだが、午前10時過ぎにならないと作れないといわれて断念。
とても残念だった・・・

すなみ海浜公園よりspace.jpgすなみ海浜公園と呉線
左/すなみ海浜公園より海を臨む  右/すなみ海浜公園と呉線


須波港をさまよっている時に気になる神社を発見。鳥居のすぐそばの参道の階段がどう見ても歩道橋なのだ。

皇后八幡宮参道
参道の階段は呉線の上をまたぐ歩道橋!

神社は皇后八幡神社という神社らしい。境内には伊勢神宮の方を拝む場所があり、そこから須波港がよく見える。

皇后八幡神社space.jpg神社より須波港
左/皇后八幡神社本殿      右/神社より須波港を臨む

しばらく山の方を見ているうちに、どうしても筆景山に登ってみたくなり出発する。
筆影山の登山道は山道の割には広かったが、ところどころ狭いところがあるし、ガードレールがないところもある。夜中に車で上がらなくてよかったよ・・・

山頂には展望台や展望公園があり、三原の海が見渡せる。公園のもみじもきれいだった。


筆影山より瀬戸内海space.jpg筆影山のもみじ
左/筆影山から見た三原の海     右/筆影山のもみじ



昼になり、お腹もすいたので道の駅みはら神明の里に行ってみる。たこ天とやっさ饅頭、スマックという炭酸飲料を購入。たこ天はとてもおいしかった。

やっさ饅頭space.jpgやっさ饅頭(中身)
三原名物やっさ饅頭。もっちりとした食感でとてもおいしい!

スマックゴールド
三原市民のソウルフード?スマック。テレビでやっていた。


帰りにたけはらの町並みを見ようと立ち寄ったのだが、道の駅たけはらは満車で入れず。しんどいし、やむなく通過することにした。


また今度行ってみようかな。


★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2013年11月24日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:120分
4.走行距離:175Km+5920歩(徒歩4.3Km)
5.消費エネルギー:ガソリン 8.75ℓ+151.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら


プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ