FC2ブログ

備中松山城と備中国分寺④

備中松山城(小松山城)


備中松山城については、昨年も書いたのだが、三村氏と毛利氏の戦った備中兵乱後、江戸時代に小堀遠州等の手によって改修が行われ、天和3年(1683)に水谷勝宗(みずのやかつむね)の大改修によって天守閣や二重櫓が建てられ、現在の姿になったようだ。

ちなみに、今回たどり着いたのは、下の備中松山城復古図では右端の方、水の手門である。

前回は、左端の方の大手御門から入ったので真逆の方向から入ったことになる。

備中松山城 復古図
備中松山城復古図     昨年撮ったもの。

水の手門跡から十の平櫓跡を通って二重櫓へ。二重櫓を後曲輪の方から見たのは今回が初めてだ。
二重櫓は大きな天然の岩の上に石垣を組んで建てられているのがよく分かった。

この、天然の岩と石垣の組み合わせが山城の一番の見どころである。

水の手門跡space.jpg十の平櫓跡
左/水の手門跡     右/十の平櫓跡


二重櫓space.jpg後曲輪と九の平櫓跡
左/二重櫓  天守の背後を守る櫓   右/九の平櫓跡と後曲輪跡   天守閣の背後を守る郭


二重櫓から天守を横目に見ながら、腕木門、本丸東御門前を通って本丸へ。

腕木門space.jpg二重櫓から天守閣入り口へ
左/腕木門    右/二重櫓から本丸入り口へ


朝早いせいなのか、ほとんど誰もいない天守に入り、しばしの休憩。

ふと、天守の石垣を見てみると、ピンク色の花が沢山咲いていることに気付いた。これが噂に聞く秋冥菊らしい。

備中松山城 天守space.jpg天守閣と秋冥菊
備中松山城天守閣   天守の石垣の下の方にピンク色の花が沢山咲いているのが見えるかな?


昨年ここに来た時、松山城には悲しい歴史があり、赤い秋冥菊が咲くのは備中兵乱で滅んだ三村一族をはじめ、この城で不幸な目にあった人達の怨念ではないかという話を聞いていたので、もっとどぎつい色の花かと思っていたのだが、意外に可愛らしいピンク色で少し安心した。

血の色みたいな赤い花だったら結構怖いよね・・・・

秋冥菊のアップ
秋冥菊のアップ
意外(?)と可愛らしいピンク色。怨念がこもっているようには見えないので一安心。


お城を探索する元気はなかったのだが、最後の気力を振り絞り大手門へと向かうことにした。

去年とは逆方向に、厩郭跡から三の丸跡、そして大手門へ・・・


厩郭跡space.jpg三の丸付近から本丸を望む
左/厩郭跡 背後の土塀は現存する数少ない土塀の一つだ  右/三の丸付近から本丸を望む  石垣の列が美しい。


三の平櫓東土塀space.jpg大手門跡から見た厩郭の土塀
左/三の平櫓東土塀 こちらも一部現存する土塀だ   右/大手門跡から見た厩郭の土塀 天然の岩盤の上に石垣が載っているのが美しい。


そして、また天守から二重櫓に戻って山道と恐怖の吊り橋へ・・・・

再び山道へ・・・space.jpg大松山つり橋
左/再び山道へ・・・    右/恐怖のつり橋  二度と渡りたくなかったよ・・・


もう、勘弁して・・・・・・・




スポンサーサイト



備中松山城と備中国分寺④

大松山城跡 (天神の丸) ④


大松山城跡を出発し、さらに山道を登っていく。
天神の丸への道
天神の丸への道
道は険しいが、ある程度整備されいて歩きやすい。でもここに来るまでに既にへとへとだ・・・


道は険しいものの、ある程度整備されているし、途中に大きな木もあったりして、ちょっとしたハイキング気分を味わえそうなところだ。

樹齢350年のアベマキ
天神の丸と大松山城 本丸跡の間にある推定樹齢350年というアベマキ
アベマキはコルクの原料にもなるそうだ。


200mほど歩いた頃、天神の丸跡(てんじんのまるあと)に到着。天神の丸は、備中松山城のある臥牛山の最高峰で、標高は480m。

ここにもかつて、城が築かれていて、今歩いて来た道が本丸と出丸の間の堀切だったそうだ。

天神の丸解説板
天神の丸跡 解説板
ここにもお城が築かれていたそうだ。毛利と三村氏の戦った備中兵乱では、ここで激戦が繰り広げられ、最初に陥落したのがここ天神の丸といわれている。


1575年の備中兵乱の時は、ここでも激しい戦闘が行われたが、内応により最初に陥落したのがここ天神の丸といわれている。

天神の丸跡 堀切
天神の丸跡 堀切
堀切とは敵の侵入を阻むために造られた溝。「岐阜県日本百名城をめぐる」というページの城址の用語解説を見ると分かりやすい。ただの山道だと思っていたら、堀切だったとは・・・

ここも城だった頃の痕跡はほとんど残っていない。

ただ、本丸跡には備中兵乱の後、天神社といわれる神社が建てられ、江戸時代には歴代城主の信仰を受けていたということで、静まり返った山の中には手水鉢と神社跡が残されていた。

天神社手水鉢space.jpg天神社跡
左/天神社跡近くに残された手水鉢  右/天神社跡
江戸時代には、歴代城主の信仰を受けていたそうだ。


大松山城跡 (相畑城戸跡) ④


案内板によると、天神の丸跡から備中松山城の天守閣までは480m。あと少しで到着だ・・・

天神の丸跡を出発し、しばらく歩いていると相畑城戸跡(あいはたきのとあと)という看板を見つけた。この付近は、備中兵乱の時の古戦場で、石積みや土塁などが見られるそうだ。
相畑城戸跡
相畑城戸跡
備中兵乱の時はここも戦場となった。どこかに土塁も築かれているそうなのだが、どれが土塁なのかよく分からなかった。

土塁がどれなのかよく見てみたかったのだが、大きなスズメバチに追っかけられて退散。とても残念・・・

相畑城戸跡の石積み
相畑城戸跡石積み
石積みというのはこれのことかな?みんな命がかかっているから必死になって積んだんだろうなぁ。

スズメバチから逃げ切り、一脚を杖代わりにしてトボトボと歩いていると少し開けた所に番所跡と書かれた標識と橋が見えてきた。


土橋と番所跡
土橋と番所跡
手前の橋が土橋 奥の開けた所が番所跡。土橋は備中松山城の後方の堀切に渡された橋。戦になると城の防備のために落とされたといわれている。

この橋は土橋(どばし)という橋で、北側からの敵の侵入を阻むために造られた堀切に渡された橋である。

これを渡って、坂道を登っていけば天守閣はすぐのはず。

土橋と最後の上り坂
土橋と最後の上り坂
ここを登れば天守閣はすぐのはず。長かった・・

やっと着いたよ・・・・・







 

備中松山城と備中国分寺③

大松山城跡 ②(大池)


切通からいったん吊り橋前に戻り、改めて備中松山城方向へと進む。
松山城周辺の地図
備中松山城周辺の案内図
鞴峠のシャトルバス乗り場にあったのを昨年写したもの。当然、山の中に案内図はない。
どこを歩いているか分かりやすいかなと思ってつけてみました。切通は一番上の方です。


吊り橋前から200mほど歩いただろうか、お城のお堀のような石垣に囲まれた池が見えてきた。


これは大池という人工のため池らしい。水の流れがないせいだろうか、水は濁っていてとても汚い。
大池
大池
人の首や戦で使った刀を洗ったといわれ、地元では「血の池」と呼ばれているらしい。(別名「首洗いの池」)先ほどの案内図の説明文によると、日照りが続いても水が涸れないように屋根がかけられ、小舟が浮かべられていたという江戸時代の記録があるそうだ。

あんまり飲みたくないけど、沢山の人間が長い間籠城して井戸の水がなくなったら飲まざるを得なかったんじゃないかな?

ところで、この池では切った敵の首や戦で使った刀を洗ったといわれ、「血の池」とも呼ばれているという。

飲み水に使うかもしれないところで、生首を洗うなよ・・・

大松山城跡 ③(大松山城)


大池から50mほど歩いたところに大松山城の本丸跡が残っている。
大松山城 解説板
大松山城 解説板
このあたりの地頭であった秋庭三郎重信が初めて築城したと伝えられる大松山城で、中世の山城。鎌倉時代から戦国時代にかけて使用されたといわれている。今の備中松山城は、小松山城とよばれる近世のものだ。

大松山城といってもピンとこない人もいるかもしれないが、もともと備中松山城のはじまりは鎌倉時代の延応2年(1240年)に、有漢の郷(現在の高梁市有漢町)の地頭となった秋庭重信がこちらの大松山に砦を築いたのがはじまりといわれており、こちらの大松山城こそが元祖 松山城なのだ。

その後、城の縄張りは拡げられていき、戦国時代の三村氏の頃には、大松山(大松山城のある所)から小松山(今の備中松山城がある所)にかけて砦が築かれ、一大要塞となっていたという。

お城のイメージもつかみにくいと思うので、昨年撮った鞴峠の案内板を載せてみます。

備中松山城 案内図
備中松山城案内図
今の備中松山城(小松山城)は、三村氏と毛利氏の戦った備中兵乱の後、戦国時代から江戸時代にかけて修復・整備されたもので、天守閣などはこの地を治めた水谷氏が1683年に造ったものだそうだ。

前置きが長くなってしまったけど、今の「大松山城」の跡は、こんな感じ。

大松山城 本丸と二の丸付近
大松山城 本丸と二の丸の間付近
もはや城址なのか、ただの山なのかよく分からない。右側のこんもりとした丘が本丸跡のようだ。

もはや、お城だった頃の面影は残っていないようだ。

唯一、二の丸の前に造られた石組の井戸だけが、当時の名残をとどめていた。

大松山城井戸space.jpg大松山城 井戸
左/大松山城井戸  右/井戸の内部 深さは2mくらい。長い年月で埋まってしまったのだろう。


昨年、備中松山城を見に行ったときに、お城の歴史を書いたのだが、この城をめぐっては数多くの争いが繰り返されている。

大池が「血の池」と呼ばれるように、ここで多くの武者たちが死闘を繰り広げ、沢山の血が流されたに違いない。

お城だった頃の痕跡が消えてしまい、不気味なほどに静まり返る山を見ていると、そんな歴史があったなんてとても信じられないけどね・・・




備中松山城と備中国分寺③

市道楢井松山城線 ②


ずっと渡るかわたるまいか悩んだ吊り橋だが、散々逡巡した挙句、意を決して渡ってみることにした。

扉を開けて、橋の上に出ると、カラスが飛んできて欄干にとまる。

襲って来ないよね・・・
大松山つり橋
大松山つり橋
普段なんとも思わないカラスでさえ恐ろしい。思えば、ゲーム「バイオハザード」ではカラスによく襲われたものだ・・・


「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・」と唱えながら歩くこと数分間、ようやく対岸に到着。

クリスチャンなのに、おかしいよね・・・

ともあれ、対岸に無事渡り、よく考えて見ると帰りもこの橋を渡らなければならないことに気付いた。

どうしよう・・・・



大松山城跡 ①(切通と番所跡)


悩んでいても仕方がないので、先へと進んでいくことにした。人生前向きに生きなきゃね・・・

すると、切通及び番所跡という標識が立っていた。

切通及び番所跡という標識
切通及び番所跡という標識
橋を渡ってすぐに見つけた標識。こんなにすぐに城の遺構があるとは思わなかった。


100mならすぐ近くなので、ついでに見に行くことにした。


切通及び番所跡への道
切通及び番所跡への道
100mということで軽く考えていたが、ほとんど獣道と化した道は歩きにくい。しかも、一歩間違えたら人気のない山で滑落死だ・・・


道なき道を足元に注意しながら進んでいると、人工の石垣が突然現れた。これが切通し(きりどおし)らしい。

この切通は、北からの攻撃を防ぐためにつくられたものだそうだ。

石垣の様子を見ても、人を通すための道というより、北側の山の尾根伝いに侵入してくる敵を防ぐための施設と考えてよさそうだ。

切通
切通し(きりどおし)
切通しとは、通行のために掘削して作った道路で、鎌倉のものが有名だ。でも、ここの切通しの場合、人が通行するために造ったというより、敵の侵入を防ぐために、人が通れそうな山道を塞いだものと考える方がよさそうだ。

ちなみに、近くには番所跡も残っている。切通を守る兵士が常駐していたのだろうか。

番所跡
番所跡 
結構立派な石垣が残っている。地形を見る限り、南側より北側から尾根伝いに侵入する方が楽そうなので、松山城にとっては北側の守りは重要だったのではないかと思う。


切通と番所跡だが、大松山城の城址のすぐ近くにあるので、大松山城が造られた中世期のものかと思っていたが、幕末の動乱期に造られたものだそうだ。

山田方谷のところでも書いたのだが、藩主 板倉勝静が老中という幕府の重臣で佐幕派の筆頭格だった松山藩は、戊辰戦争の時には新政府軍の攻撃対象となっている。

切通しや番所もそんな時代に、討幕派に対する備えとして造られたものなのだろう。

こんなところにも、数奇な運命を繰り返してきた城の歴史を垣間見ることができるような気がした。







備中松山城と備中国分寺②

市道楢井松山城線 ①


観光展望台があるのは山頂ではない。その先にも道が続いている。

もしかしたら、展望台のように人が多くなくて、お城が綺麗に見えるスポットがあるかもしれない。そう思って、奥の方へと向かってみることにした。

300mほど進んだ所で舗装された道路は終わり。突き当りはちょっとした広場になっており、大型バスの転回場になっていた。

そして、そこには細い山道がつながっており、案内板が掲げてあった。
案内板
山道の前にあった案内板
備中松山城へは1.5kmしかないらしい。ここからお城に出られるとは思っていなかった・・・

案内板によると、備中松山城へはここから1.5kmしかないらしい。前はここから高梁市内まで車で10km以上走り、さらにシャトルバスに乗ったのだが、それを考えると歩いたほうが絶対「お得」だ。

・・・というわけで、山道へと入っていくことにした。

備中松山城への山道
備中松山城への山道
 山道はきれいに整備されているので、そんなに恐怖感は感じない。でも、ここら辺一帯には野生のサルが生息しており、サルの群れに襲われないか少し怖い。もちろん、熊も恐ろしい・・・

しばらく歩くと、「サルに注意」という看板が立っていた。この辺には野生のサルが多く生息しているのは知っていたのだが、改めてこういう看板を見ると恐ろしくなってくる。

サル注意の看板
サル注意の看板
この辺りには野生の猿が多く生息しており、猿が里に近づかないように鉄砲の発砲音のような大きな音を流している。
猿がいるのは分かっていたはずなのに、やっぱり怖くなってくる・・・映画「猿の惑星」を見たせいもあるのかなぁ。

引き返すべきかどうか迷ったが、「お得」という言葉には勝てない・・・気合を入れて前進する。

そして、200mほど歩いたところで、視界の開けた場所に出た。

隠れた撮影スポット発見かと思ったが、雲海は綺麗に見えるものの、肝心のお城はまったく見えない。どうやら、山の陰になっているようだ。

山道から見た雲海
山道から見た雲海
 臥牛山の山道から見た雲海。右側に見える山にお城は立っているはずなのだが、どう頑張ってもお城は見えない

仕方がないので、さらに先へと進んでいくと綺麗にコンクリートで固められた道と大きな吊り橋が見えてきた。

案内標識?
市道楢井松山城線という案内標識
コンクリートの道にあった案内標識(?)。といっても、ラミネートした紙を、風で飛ばないように重石で押さえてあるだけだけどね。
どうでもいいけど、この山道、「市道」だったのね・・・

恥ずかしながら高所恐怖症の私は吊り橋は苦手だ。どのくらいの高さがあるのか、山道から怖々と覗いてみた。

大松山つり橋
大松山つり橋
落ちても助かる高さなのか恐る恐る確認してみたのだが、植生が強くてよく分からない。写真ではよく分からないが、谷の下の方は霧が立ち込めており、余計に恐怖心をそそられる・・・

植生が強い上に、谷底の方には霧が立ち込めており、谷底まで何メートルくらいあるのかはよく分からないのだが、落ちたら助からない高さなのは間違いなさそうだ・・・

長さが120mもあるという、この吊り橋を渡りきる自信は私にはまったくない。

それでも勇気を出して吊り橋に近づいてみると、吊り橋の入り口には鉄の檻のような柵と、鍵の付いた扉が設けられていた。

大松山つり橋
大松山つり橋 入り口
猿が吊り橋を渡って山を移動するのを防ぐためなのか、吊り橋を渡っている途中でサルの群れに襲われるのを防ぐためなのかよく分からないのだが、後者だと怖すぎる・・・

サルの侵入を防ぐためのものなのだろうが、これを見ると吊り橋を渡っている途中でサルの群れに襲われる映像が脳内に浮かんできて余計に怖くなってくる。

いったんはあきらめてもと来た道を引き返し始めたのだが、やはりあきらめきれずに吊り橋の所にもどり、また引き返そうとして・・・と何度か繰り返す。

他の人が見たら、頭のおかしな人に見えたに違いない・・・・

しかし、私にとっては、渡るべきか、引き返すべきなのか、まさに人生の岐路に立たされた気分である。






プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ