FC2ブログ

三江線とイズモコバイモ  ⑥

江の川


帰りの電車が江津駅を出発するのが16時38分。

これを逃すと、三次まで帰り着くことができないので、どこかでお泊り確定である。「終電を乗り過ごして会社を休みます」というわけにもいかないので、早々に街の散策を切り上げて江津駅に向かって歩き始める。

江津本町の町から100mほど歩くと江の川の堤防があり、そこには上江川橋の石碑と北前船花の里という案内板があった。

上江川橋の記念碑space.jpg北前船花の里
左/上江川橋の記念碑    右/北前船花の里の案内板
上江川橋の記念碑には、今の橋ができるまでかかっていた橋への感謝と、洪水によって何度も橋が流された(最後の橋が5代目らしい)苦難の歴史が刻まれている。 北前船花の里の案内板には、ここに北前船が寄港して町が賑わっていたことが書いてある

上江川橋(かみごうがわばし)の記念碑には、平成5年(1993年)に新江川橋(しんごうがわばし)ができるまで、人々の生活を支えてきた上江川橋への感謝と、洪水により何度も流された上江川橋の苦難の歴史が刻まれている。

江の川は山陽と山陰を結ぶ川の道として流域の人々に富をもたらすと同時に、度重なる水害により人々を苦しめてきた川でもあったのだ。

隣り合って置かれた北前船の案内板と上江川橋の記念碑に、江の川のプラスの面とマイナスの面が書かれているというのも、この川の二面性を表しているようで、興味深いと思った。

江の川の流れ
江の川の流れ
水は高い所から低い所へと流れるので、普通の川は山地を超えることはない。しかし、江の川は中国山地が隆起するよりも早いスピードで地面を掘り下げていったために、中国山地を突っ切って流れることになり、山陰と山陽を結ぶ川の道となった。
その一方で、江の川はたびたび氾濫を繰り返し、江戸時代には2~3年に一回は洪水を起こしていたようである。
川本町に行ったときに、谷戸経塚というのがあったが、神に祈りたくなる気持ちも分かる気がする。

川の堤防に上り、江の川を眺めてみたが、さすがに大きい。対岸まで300mはあるだろうか、尾道の海(尾道水道)よりも広いんじゃないかというくらいだ。


そして、そこから少し下流には、上江川橋の後継の橋である新江川橋(しんごうがわばし)と、山陰本線の郷川鉄橋(ごうがわてっきょう)がかかっているのが見えた。
新江川橋
新江川橋
平成5年(1993年)に完成した、二層構造のトラス橋。上側を国道9号線(江津バイパス)が、下側を市道が走る。
最初は渡船だったのを、明治37年に上江川橋が造られたのが始まりだったそうだ。初代の橋は船橋だったそうだけど、随分と立派になったもんだね。

郷川鉄橋を走る電車を見たくて、しばらく川を眺めながら待っていたのだが、一本も来なかった。

郷川鉄橋
郷川鉄橋
江の川は江川(ごうがわ)とか、郷川(ごうがわ)と呼ばれたので、郷川鉄橋と名付けられたのだろう。
この鉄橋は大正9年(1920年)に完成している。鉄道の開通により、町の中心は江津本町から今の江津駅の方へと移っていったそうだ。

後で調べたら、山陰本線も1日10本くらいしか走っていないみたい。

ローカル線は見るのも一苦労だね・・・・

三江線の旅 ③


地図を忘れたので江津駅にちゃんと着けるかどうか不安だったのだが、川から歩いて5分ほどであっさりと着いてしまった。

もう少し江津本町の街を散策してもよかったかな。

江津駅space.jpg江津駅
左/江津駅    右/江津駅ホーム
江津駅のホームには石州瓦が飾ってあった。

電車は16時38分発。最終電車は次の19時1分の電車だが、19時1分の電車に乗ると浜原駅から先に行く電車がないため、三次に行くためにはこの電車が最終である。

三江線space.jpg三江線時刻表
左/三江線の電車    右/三江線時刻表
一本でも乗り過ごすと、家に帰れないというスリルがたまらない・・・・


来るときに乗った電車はほぼ満員だったし、帰りの電車は最終電車なのでさぞかし人が沢山乗っているだろうと思ったのだが、結局乗ったのは自分を入れて5人だけ。

しかも、みんな次々と降りていき、石見川本駅からはついに私一人だけになってしまった。

写真を撮ったり、好きに過ごせて個人的には良かったんだけど、三江線大丈夫かな?

三江線車内
三江線車内
三江線はワンマンで、中で整理券を取り、料金を支払うようになっている。
まるでバスみたいだ。

車内から撮った写真を何枚か載せてみます。ノイズが多くて見づらいかもしれないけど、雰囲気は分かってもらえるかな?

車内から見た新江川橋space.jpg川平駅・川戸駅間
左/車内から見た新江川橋   右/川平駅・川戸駅間

川戸駅前桜江大橋space.jpg田津駅前 大貫橋
左/川戸駅前 桜江大橋   右/田津駅前 大貫橋
田津駅の近くは線路沿いに桜が沢山植えられている。

江の川の流れに沿うように走る電車からは、美しい川の流れや沢山の橋が見え、車窓から景色を眺めているだけで十分に楽しめる。

線路脇には沢山の桜も植えられており、桜の季節に来ると、桜の中を走る三江線を見ることもできそうだ。

浜原駅space.jpg浜原駅
左/浜原駅前   右/浜原駅

江津駅から乗ってきた電車は浜原駅どまり。三次行きの電車はそれから30分後の18時51分発だった。

さすがに真っ暗になってしまい、ぽつぽつと灯る人家の明かりくらいしか見ることはできなかった。

朝見た江の川の絶景をもう一度見たかったのに、とても残念・・・・・

三江線ポスター
三江線の駅に貼ってある三江線の宣伝ポスター
なんとなく郷愁を誘うポスター。三江線の駅はどれも味のある駅ばかりで、鉄道ファンでなくても見ているだけで「なんとなく」楽しめる。
乗り鉄も撮り鉄も普通の人も是非三江線に乗りに来てください。絶対、楽しいよ。
「なんとなく」ね。

三次駅に着いたのは、20時28分。浜原駅からの乗客はずっと私一人だけだった・・・

頑張れ、三江線!




★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2016年3月21日(月)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:96分(69km)(三次駅まで)
4.走行距離:137Km(自家用車) +18988歩( 徒歩13.8Km)(高速利用はなし) + 215.1Km(三江線)
5.消費エネルギー:ガソリン3.45ℓ(ガソリンはリッター20Kmで計算)+509.0Kcal(脂肪燃焼量72.7g)+電車代4,180円(三次・石見川本駅間:1490円、石見川本・江津本町駅間:580円、江津・浜原駅間:970円、浜原・三次駅間:1140円)+三次駅駐車場代1,700円
6.地図はこちら



スポンサーサイト



三江線とイズモコバイモ  ⑤

三江線の旅 ②


13時43分、再び石見川本駅から三江線に乗り、終点の江津駅の一つ手前の江津本町駅へと向かった。

江津本町駅へは約30キロ、1時間ほどの旅である。
石見川本駅ホーム
石見川本駅ホーム
石見川本駅の神楽愛称駅名は「八幡」。八幡の神 八幡麻呂(やはたまろ)が第六天悪魔王という鬼を弓矢の威徳で退治するという話で、弓ヶ峯八幡宮の宮司三浦重賢が1804年に書いた台本が最古のものだそうだ。

江津本町は、江戸時代には天領となり、北前船の寄港地にもなっていて、日本海と江の川の水運の要所として栄えた町だ。
 
江戸時代にはここに入れず、浜田で入港待ちをする船がいたというほど賑わった港だったというので、大きな駅舎と駅前に広がる街並みを想像していたのだが・・・・・

江津本町駅 駅舎space.jpg江津本町駅ホーム
左/江津本町駅駅舎    右/江津本町ホーム
名前に「本町」とつくからには、江津駅よりも大きな駅を想像していたのだが、駅は少しこじんまりとした感じ。しかも、駅前には街並みどころか、家一軒建っていない・・・・

ちょっと想像していたのと違っていたようだ・・・・

江津本町駅space.jpg江津本町駅前
左/江津本町駅 遠景    右/江津本町駅前の風景
駅の裏はすぐ道路。ちょっと見た目は違和感を覚えるが、道路から駅のホームまでは階段も段差もないバリアフリーになっていて、電車の乗り降りは簡単そうだ。意図してバリアフリーにしたのかどうかは分からないけどね。
右側の写真に写っている通り、線路の脇にはすぐ江の川が流れていて、川の反対側には民家も見える。

まぁ、ローカル線らしくて、味のある駅だからいいんだけどね・・・



江津本町


江津本町駅前の大通り(?)を200mほど歩くと、円覚寺というお寺の前に出るのだが、そこを右に曲がると江津本町の古くからの町並みを見ることができる。
円覚寺
円覚寺(えんかくじ)
浄土真宗本願寺派のお寺。鎌倉の円覚寺(えんがくじ)とは関係なさそうだ。このお寺の前を右に曲がらなければいけなかったのを間違って左に曲がってかなりの時間ロス。
地図は忘れないように持ってこなくちゃ駄目だね。

まずは、町の中心部にある山辺神社の参道脇にある旧江津町役場(きゅうごうつちょうやくば)へ。

山辺神社space.jpg旧江津町役場
左/山辺神社   右/旧江津町役場
山辺神社は652年創建といわれる古社。7月に行われる例祭は石見三大祭の一つで、4年に1度川渡神事が行われるという。
旧江津町役場は大正15年(1926年)に建てられた近代洋風建築で、国の登録有形文化財に指定されている。中央と左右に柱型、頂部にパラペット、縦長の窓や幾何学的な装飾が施され、左右対称で垂直性を強調した外観となっている。


既に書いたように、江津本町は江の川水運と日本海海運の要所で、交易で財を成した商人たちの建てた蔵屋敷が軒を並べていたという豊かな町であった。

石州瓦の赤い屋根が特徴的な古い町並みは今でも当時の面影を残しており、町の人が甍街道(いらかかいどう)と名付けて、観光のために整備をすすめているようだ。

甍街道マップspace.jpg甍街道と書かれたはんど(水甕)
左/甍街道マップ    右/天領江津本町甍街道と書かれたはんど(水甕)
旧江津町役場にあった観光マップ。地図を忘れた私には大変ありがたかった。江津本町駅にも置いていただけると助かるんだけどなぁ。
甍(いらか)というのは「夢」と「瓦」の2字に想いを託して名付けたものらしい(瓦は石州瓦が特徴だから)。
江津本町には石見焼きの登り窯跡も残っている。高温で焼かれたはんどと呼ばれる大型の水甕は、耐水性が高く、全国に出荷されたという。


県道112号線沿いにある藤田家住宅を少し眺めた後、本町川という小川沿いに建ち並ぶ古い町並みを見るために、県道から一つ中に入った道を歩いてみる。

ここには、たたら製鉄と廻船業で財を成したという横田家住宅(沖田屋)や、この地の庄屋で造り酒屋も営んでいたという飯田家住宅(釜屋)がある。

藤田家住宅(五島屋)space.jpg横田家住宅(沖田屋)と甍街道の町並み
左/藤田家住宅(五島屋)   右/横田家住宅(沖田屋)
屋根の上にちょこんと出ているのは、煙出し(けむだし)らしい。
藤田家は江戸時代にズク(銑鉄)を扱う回槽業を営んでいたようだ。右の写真の右端に移っているのが横田家住宅(沖田屋)
沖田屋も回槽業、砂鉄採取、たたら等で莫大な財を成したという。
両方ともたたら絡みというのが、石見地方らしいよね。

また、古い和風の家の真ん中に、洋風の屋敷が建っているのが目を引くのだが、これは旧江津郵便局である。

明治20年頃に、神戸の洋館をわざわざ見学しに行って建てたという建物で、この町がいかに裕福な町であったかを物語るものといえるだろう。

旧江津郵便局space.jpg旧江津郵便局
旧江津郵便局
明治20年頃に建てられた旧江津郵便局。神戸の教会を見て建てたといわれる建物で、中にはステンドグラスがはまっており、住民を驚かせたという。

また、本町川という小川沿いに鼻ぐり石というのが並んでいるのだが、これは飯田家などに荷物を運んできた牛馬をつなぎとめておくためのものだったそうだ。

飯田家住宅(釜屋)space.jpg飯田家住宅横の鼻ぐり石と城構(とがまえ)の石垣
左/飯田家住宅     右/城構の石垣と鼻ぐり石
飯田家住宅は左の写真の左側の橋が架かっている家。この地の庄屋で、造り酒屋も営んでいたという。橋は御影石でできたものだという。
右の写真の小川(本町川)のそばの道路には、鼻ぐり石が写っている。これは、飯田家などに荷を運んできた牛馬をつなぐために使われたものである


江津本町には、古い町並みの他にも、旧山陰道の面影の残る土床坂(つっとこざか)や、石見焼の登り窯の跡、幕末期に長州軍の振武隊 1個大隊が駐留し、3年間もの間本陣を置いた痕跡など、見どころがいくつもあるようだ。

今回は、電車の乗車時間まで1時間ほどしかなく、あまりゆっくりと町を見ることができなかったけど、またいつか見に来ることができたらいいなぁ。



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ