FC2ブログ

スプリング・エフェメラル ~春の妖精たち~ ②

セツブンソウと領家八幡神社


民家脇の自生地から3分ほど歩くと領家八幡神社に到着。道の駅からは1kmほどの距離だ。

領家八幡神社
領家八幡神社
セツブンソウを見に来たのは、一昨年去年に続いて3回目なのだが、この神社に来るのは一昨年来て以来、2年振り2回目だ。

この神社の裏手の斜面にセツブンソウの自生地があり、ここにも沢山の花が咲いていた。

一昨年来た時も思ったのだが、ここには八重の花が多いようだ。自生地によって違いがあるのかな?

八重のセツブンソウ
領家八幡神社に咲いたセツブンソウ
セツブンソウの種は蜜腺がついていて、蜜にひかれたアリが巣に運んで発芽し、周りに仲間を増やしていくらしい。アリが運ぶので、繁殖エリアの拡大は狭いだろうし、1キロ先の自生地と多少違うのが繁殖していてもおかしくはないと思うのだ。

セツブンソウもいいのだが、この神社の醸し出す雰囲気が気になって、少し見させてもらうことにした。

領家八幡神社の鳥居space.jpg領家八幡神社 案内板
左/領家八幡神社の鳥居    右/領家八幡神社案内板
鳥居は木製で、両部鳥居である。鳥居の傍の案内板には、領家八幡神社の由来が書いてあった。

木でできた鳥居の傍にある案内板によると、領家八幡神社は地頭領家の氏神で、社叢は広島県の天然記念物、常夜燈は総領町の指定文化財に指定されており、例祭は備後三大祭りの一つに数えられているらしい。

そして、私が一番気になったのだが、拝殿と鳥居の間にある随身門である。

領家八幡神社
領家八幡神社 随身門
結界である鳥居の内側にあり、神域である本殿、拝殿を守るのが随身門。

中に安置されている随神像もそうなんだけど、門の中央部上部にいる猿の木像がかなり怪しい感じ。

見た感じ、猿なんだか河童なんだかよく分からない。魔を払うものなので、それなりに怖い人達を配置しているのだろうか?

随神像space.jpg随身門の中央上部にある猿の木像
左/随神像    右/随身門の中央上部にある猿の木像
ちょっと怪しい感じ。右の写真の奴なんて猿なのか、河童なのかよく分からない。神様というより、妖怪っぽいんだけど(失礼!)、大丈夫かな?


狛犬は玉に乗ってて、可愛い感じなんだけど、夜中にここに来るのはちょっと嫌かな・・・・・・

領家八幡神社の狛犬
玉に乗っている狛犬
玉に乗っている狛犬は尾道の石工が造り始めたものらしい。尾道の所でも書いたけど、尾道は優秀な石工を多数輩出しており、彼らの造作物はいろいろなところに伝わっているのだ。



セツブンソウと田総羊羹


再び道の駅に戻り、節分草そばを食べた後、光のドームに展示してあるセツブンソウと、セツブンソウの解説を見に行ってみた。

道の駅脇の自生地に咲くセツブンソウ
道の駅近くの自生地に咲くセツブンソウ
4年もかけて咲かせた花がこんなに小さいとは・・・
ヒマワリなんかとはえらい違いだ。
でも、この奥ゆかしさがいいんだよね。写真は撮り辛いけど・・・

それによると、セツブンソウが花を咲かせるまでには、4~5年かかるのだそうだ。

1年ごとに少しずつ大きな葉を出しては、春になるまで地中で眠り続けて花を咲かせるためのエネルギーを蓄え、4年かけてようやく花を咲かせるのだという。

小さい花だし、てっきり発芽してすぐに花を開くんだと思っていたけど、苦労して咲かせた花だと思うと余計に可愛らしく思えてくるよね。

節分草ようかん
節分草ようかん
総領町の特産品の羊羹。総領町にある横山甘泉堂さんがつくっている。総領町の美味しい水と北海道の小豆で作った美味しい羊羹。総領町にはいつもお世話になっているので、たまには宣伝もしておかないと。

最後に道の駅で節分草そばを食べ、節分草ようかんをお土産に買ってみた。

節分草ようかんは、総領町名物のの田総羊羹(たぶさようかん)を、節分草のイラスト入りパッケージで包んだ商品だ。

インターネットでも買えるから、食べてみてください。

・・・・なんて、たまには宣伝もしてみたりして。




スポンサーサイト



スプリング・エフェメラル ~春の妖精たち~ ①

セツブンソウ①


冬が来て、寒いなーと思っているうちに、春の便りが聞こえるようになってきた。

年をとると、本当に時間が経つのが早いよね・・・

そして、今年も春を告げる花 セツブンソウを見るため、県内最大の自生地である庄原市総領町に行くことにした。
セツブンソウ
セツブンソウ
セツブンソウはキンポウゲ科セツブンソウ属セツブンソウに分類される多年草。環境省レッドデータブック準絶滅危惧種、広島県レッドデータブック絶滅危惧Ⅱ種、庄原市天然記念物指定の希少植物だ。
ちなみに、白い花びらのようなものは咢片で、花弁ではない。花弁は内側の黄色い粒のようなやつだ。


セツブンソウは、旧暦の節分の頃に花を開く花で、草丈5~6cm、花の大きさは直径2cm程度の小さくて少し地味な花だ。

しかし、「気品、ほほえみ、光輝、人間嫌い」という花言葉のとおり、落ち葉や岩陰に凛として立つ姿はとても気品があり、小さな花同士寄り添うように咲く姿はとてもかわいらしい。

寄り添うように咲くセツブンソウ
寄り添うように咲くセツブンソウ
セツブンソウは、スプリング・エフェメラル(他の植物が眠っている早春に花を咲かせ、若葉の出る頃には地上から姿を消す植物)の一種で、春の妖精なんて呼ばれているのだが、寄り添うように咲く小さな花はとても可愛らしい。

総領町の自生地は、道の駅 総領リストアステーションの近くに幾つか点在しているので、道の駅に車を停めさせてもらい、歩いて自生地を見て回るのがお決まりのコースである。

総領リストアステーションspace.jpgセツブンソウ
左/総領リストアステーション    右/道の駅の脇にある自生地に咲くセツブンソウ
道の駅 総領リストアステーションからは川を渡って50mほどで自生地に着く。

早速、道の駅脇の自生地を見させてもらったのだが、花が沢山咲いていて、しかもちょうど見頃の状態。丁度いい時期に来たようだ。

ただ、セツブンソウの中にいるという変わり種(白い花弁のようなの(本当は咢だけど)が、八重のものや、ピンクがかったもの、雌しべが白いものなど)を探したのだが、雌しべが白っぽいやつしか見つからなかった。

ちょっと残念・・・

白いセツブンソウ
雌しべの白いセツブンソウ
雌しべの部分が普通は紫なのだが、白い奴もいる。もっと真っ白のやつとか、花弁がピンクがかったものや、八重のものもいるらしい。ピンクのやつはまだ見たことはない。



セツブンソウ②


生憎の曇り空で、非常に肌寒かったのだが、早朝の空気は心地よい。気分もいいので、田総川(たぶさがわ)沿いの道を領家八幡神社の方へと歩いていくことにした。

田総川沿いの道
田総川(たぶさがわ)沿いの道
早朝の空気はとてもおいしい。田舎だからなおさらだ。

道中、民家脇の自生地にも立ち寄らせてもらう。

神社に行く途中にある自生地
田総川沿いにある自生地
自生地に行く人のため、庭先を開放してくださっている。自生地の公開は、地元の方の協力があってこそなんだね。

草刈りをしなければ花を咲かせないというセツブンソウのためなのか、綺麗に草を刈られた民家裏の自生地には沢山のセツブンソウが咲いていた。

自生地の公開のために庭先を開放し、こんなに綺麗に草を刈ってくださっている地元の方に感謝。


自生地に咲くセツブンソウspace.jpg自生地に生えたふきのとう
左/自生地にたくさん咲いたセツブンソウ    右/自生地に生えたふきのとう
フキノトウを見ると春を感じるなぁ。道の駅の脇にある自生地よりも沢山の花が咲いていた。私もよく草刈りをするのだが、これだけの範囲を刈るのはかなり大変そうだ。





国営備北丘陵公園 ⑤

お土産


帰り際、父の日のプレゼントを買っていなかったのを思い出し、ビジターセンターでお土産を買った。買ったのは広島名物「乳団子(ちちだんご)」。

乳団子
乳団子
広島のお土産の大定番。子供の頃から大好きなお菓子。
県北に来ると必ず買うのだ。

父の日だけに、乳団子・・・なんてね。

ひばごんの卵
ヒバゴンのたまご
 かつて一世を風靡したヒバゴンをネタにしたお菓子。ヒバゴン通信という新聞まで入っている。どうでもいいけど、ヒバゴンって卵生なのね・・・
まんじゅうの外側はココアパウダーで茶色に色づけられた球形。
どちらかというと、たまごというよりう○こっぽい

ついでに「ヒバゴンのたまご」というお菓子も買ってみた。ネタはちょっと古いけど、ひばの里のお土産はやっぱりこれだよね。

国兼池


お土産を買ってすぐ帰ろうかとも思ったのだが、まだ時間が早いので季節のの花が咲き誇る「花の広場」に行ってみることにした。

園内はとても広いため、花の広場に近い駐車場まで移動し、花の広場へ向かう遊歩道へと歩いていく。すると、遊歩道脇に大きな池が見えてくる。

この池は、「国兼池(くにかねいけ)」という西日本でも最大級の規模を誇るため池だ。
国兼池
国兼池
正保3年(1646年)に造られ、水量を増すための嵩上げ工事、導水路の建設など、農業用の水を確保するために血のにじむような苦労が繰り返された。昭和28年に最後の嵩上げ工事が終わったが、300年以上の歳月をかけて、満水面積30ha、直接受益面積75.6haもの規模を誇る農業用ため池が完成した。

国兼池は水不足に悩む人々のため、正保3年(1646年)から300年以上の歳月をかけて造られた。

しかし、堤防の堤は度々決壊して大きな被害を出したので、お国とお兼という姉妹を人柱にして堤に埋めたという悲しい伝説が残っている。

国兼池解説の碑
国兼池 解説の碑
ため池の堤防は度々決壊し、大きな被害を出したので21歳のお国と19歳のお兼という姉妹を人柱に埋めることにした。
2人は竹竿の先を地上に出し、地下で線香をたきたいという最後の願いをした。そして、線香の煙が途絶えたときは2人が亡くなったと思ってくださいと言い残し、地中へと消えていった。その後、線香の煙は7日間も絶えなかったという。
2人の死後、池には黒と赤の鯉が泳ぐようになり、村人は彼女たちの生まれ変わりとして大切にしたといわれている。

国兼池(くにかねいけ)の名前は人柱にされたという、この姉妹の名前から来ているそうだ。

そういう時代だったのかも知れないけど、この池を見るたびにやるせない気持ちになる。


花の広場


国兼池を眺めながら遊歩道を10分以上歩き、ようやく「花の広場」に到着。結構な距離である。

きれいな花が沢山咲いているのを楽しみに来たのだが、そこにはほとんど何も植わっていない、広大な空き地が広がっていた・・・

花の広場space.jpg花の広場 解説板
左/「はなの展望台」という展望台から見た花の広場 ほとんど何もない・・・  右/花の広場 解説版 ほとんど終了って・・・

どうやら、ちょうど花の植え替え期だったらしい。咲いていたのは、スイートピーとオルレア、季節外れ(?)のコスモスくらい・・・

鯉のオブジェも目玉がなくなり、ゾンビと化していた・・・・・・・・

スイートピーspace.jpg季節外れのコスモスとオルレアの花
左/スイートピー スイートピーで迷路が造られている。「赤いスイートピー」を心の中で歌いながらおっさん一人、迷路を楽しむ。うふふ・・・ 右/オルレアとコスモス


鯉のオブジェ
鯉のオブジェ
広島カープの本拠地広島らしい鯉のオブジェ。
この時点(6月)ですでに死にかけだったのね・・・・今年のカープを象徴しているようだ。

人が少なかったのは良かったけど、ちょっと残念・・・

スイートピーの迷路を楽しんだ後、ほとんど誰もいない広場を散策。噂に聞いていた「誓いの鐘」を発見。

誓いの鐘
誓いの鐘
二人で愛を誓い合い、一緒に鐘を鳴らすという、いちゃラブな鐘。一人でいっぱい鳴らしてやったぜ。

鐘の後ろには、庄原のマスコットキャラ「キョロやまくん」と、備北丘陵公園のマスコットキャラ「きゅうくん」がいた。

2人の愛の見届け人といったところだろうか・・・

キョロやまくん
キョロやまくん
本名:里山 博士(さとやま ひろし) お父さんは吾妻山、お母さんは比婆山というサラブレッド。
「キョロやまくん」って、ニックネームだったのね・・・

きゅうくん

きゅうくん
たぬきをモチーフにした公園のマスコットキャラクター。
両親と妹がいるらしい。
ヒバゴンかと思ったよ。

きれいな花を見られなかったのは残念だけど、いい運動にはなったからいいよね。

しっかり歩いてメタボ対策しなくちゃね。




★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年6月21日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★☆☆☆
3.目的地までの所要時間:2時間15分
4.走行距離:308Km +9430歩( 徒歩6.8Km)
5.消費エネルギー:ガソリン15.4ℓ+253.8Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.高速利用:行き:高屋IC~河内IC、世羅IC~庄原IC(世羅ICから三次東IC間は無料) 帰り:庄原IC~世羅IC
7.地図はこちら




国営備北丘陵公園 ④

アジサイ園


暑い中歩き回って下がりっぱなしだったテンションも、瀬尾公治さんのギャラリーのおかげで一気にあがり、元気にさとやま展示館を後にする。

展示館には2つの出入口があるのだが、入った時とは違う出入口から出てきょろきょろと辺りを見回してみると、出入口付近から展示館の造られた丘の斜面一帯にかけてアジサイが沢山植えられているのに気付いた。

なんか知らないけど、いきなりアジサイ園に着いてしまったようだ。
さとやま展示館近くのアジサイ
さとやま展示館近くのアジサイ
展示館の入り口から山の斜面に向かって沢山アジサイが植えられているのを発見。よく見ると、ずっと眺めていた水車小屋のすぐ近くの脇道を入ったところだった。水車小屋とため池に気を取られてまったく気が付かなかった・・・
灯台下暗しとはこのことだね。

まさか、さっきずっと眺めていた水車小屋のすぐ近くにあるとは・・・

アジサイ園のアジサイspace.jpgアジサイ園案内板
左/アジサイ園にある広場  右/広場にある案内板 100品種1万株のアジサイが植えられているようだ

少し意表を突かれたが、アジサイ園の探索を開始した。

案内板によると、アジサイ園には100品種1万本ものアジサイが植えられているそうだ。

丘の斜面一帯がたくさんのアジサイに埋め尽くされている様はなかなかの迫力。色も青やピンク、白、緑色のものもあって、色彩豊かである。

アジサイ園のアジサイspace.jpgアジサイ園のアジサイ
色とりどりのアジサイ 個人的には青い方がすっきりしてて好きかな?でも、どの花も小さな花がブーケみたいに密集していてとても可愛らしい。

アジサイ園のアジサイspace.jpgアジサイ園のアジサイ
色とりどりのアジサイ 白いアジサイは地味だけど、清楚な感じがいいよね。

また、普段見かけないような形をしたアジサイもあり、歩いて見ているだけでとても楽しい。

渥美絞りspace.jpg深山八重紫
左/花火のような感じの花だが、渥美絞りという名前らしい。 右/あんまりアジサイっぽくないのだが、深山八重紫という品種のようだ


意外と人も少なかったので、ベンチに座ったり、歩き回ったりで存分にアジサイの花を楽しむことができた。

備北丘陵公園は、入場料と駐車料金が結構高いのであんまり来る機会がなかったけど、たまには遊びに来るのもいいね。

年間パスポート買っちゃおうかな。






国営備北丘陵公園 ③

神楽殿・参集殿


道に迷ったときは慌ててはいけない。こういう時こそ一呼吸おき、落ち着いて行動すべきなのだ。

幸いすぐ近くに神楽殿と参集殿というのがあったので、神楽殿の階段に座って園内マップを眺めてみる。

しかし、入り口でもらった園内マップはアバウトすぎていまいちよく分からない。
神楽殿
神楽殿
 広島県北部の村々では石見地方(島根県)と同じく、神楽が盛んな地域だ。今でも収穫期になると神楽が奉納される村が多いそうだ。同じく県北の安芸高田市には、神楽門前湯治村という観光施設もある。

それでも、古代たたら工房の近くにあるのだろうと当たりをつけ、再び歩きはじめる。

神楽殿
神楽殿
龍が素敵。広島には神楽好きの人が多く、若い神楽団員には追っかけまでいるらしい。ひばの里の神楽殿でも実際に神楽が奉納されるイベントがあり、結構人気らしい。

道は山の中に続いていき、観光客もほとんどいなくなってしまったが、自分を信じてひたすら歩いていく。

古代たたら工房への道
古代たたら工房への道
ちょっとした森林浴気分だ。普通の遊園地と違って自然が豊かなのがこの公園の魅力だ。

4~500mは歩いたろうか、ようやく古代たたら工房に到着。

古代たたら工房
古代たたら工房
豊平の鉄のふるさと公園に行ったときに製鉄の遺跡を見たが、広島県県北部は砂鉄の産地で、たたら製鉄が盛んな地であった。この工房では、たたら製鉄の歴史がパネルで紹介されるとともに、実際に鉄づくり体験ができるようになっている。

公園の中に鉄づくり工房というのも変だと思う人もいるかもしれないが、中国山地は良質の砂鉄が採れ、鉄の一大産地であったことからこの施設が造られたのだろう。

ちなみに、工房の施設はこんな感じ。

古代たたら工房内部space.jpgたたら工房のふいご
左/たたら工房内部  右/ふいご 炉の温度を上げて砂鉄を溶かすためのふいご。

私の男の勘によると、工房のすぐ近くにあじさい園はあるはずだったのだが、辺りを見回しても炭焼き小屋と雑草が生えているくらいで、それらしいものはまったく見当たらない・・・

どうも、私の勘は間違っていたらしい。
たたら工房の傍の炭焼き小屋
工房の傍にあった炭焼き小屋
鉄づくりには大量の炭が必要だったので、製鉄場の傍には炭焼きの施設が造られている。

仕方がないので、もと来た道を引き返す。ちょっと虚しいけど、森林浴はできたし、古代たたら工房も見られたから大収穫だ・・・と思うことにした。

暑い中、かなり歩いてテンションはどんどん下がっていくけどね・・・・


さとやま展示館


再び集落に近づいたとき、こんもりとした山の中に石垣が組まれ、結構立派な入り口が付いているのを見つけた。

少し怪しげな感じなので近づいてみると、瀬尾公治ギャラリーというパネルが飾ってある。お金を取られるのではないかとちょっと不安だったのだが、あまりにも暑いので入ってみることにした。

さとやま展示館入り口
さとやま展示館入り口
山の中に入り口が・・・古墳みたいだ。

ここはさとやま展示館という施設で、庄原の風土を紹介する施設のようだが、郷土が誇る漫画家 瀬尾先生のギャラリー展が開催されていたようだ。

中には、瀬尾公治さんの美しいイラストのほか、瀬尾さんのキャラクターを使った庄原の観光地や名産を紹介するビデオも放映されており、漫画のファンでなくても楽しめるようになっていた。

瀬尾浩治ギャラリー
瀬尾公治ギャラリー
中には、庄原市の高野町出身の漫画家 瀬尾公治さんの美しいイラストが沢山展示されている。漫画というか、もはやアートです。アニメ、マンガのファンなら絶対来なくちゃ。

無料だし、中はひんやりと涼しいし、綺麗なイラスト、中には水着姿の巨大なイラストもあったりして、なんかいろいろ元気になっちゃったよ・・・

漫画、全巻揃えなくちゃね。




プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ