FC2ブログ

寺町 ~寺の街~

横川駅からまっすぐ南に進むと横川橋という橋があるが、そこを渡ると寺町という町に出る。

ここは文字通り、寺のたくさんある町だ。

横川橋space.jpg寺町通り
左/横川橋 大田川にかかる橋。対岸は横川本通り商店街 右/寺町の町並み 沢山のお寺が建ち並ぶ

城下町では、寺院を町の外側に集めて防衛拠点とするところが多かったのだが、広島では、西からの脅威に備えるためにここ寺町に多くの寺院が集められている。

今の広島城は内堀部分しか残っていないが、もともとは広大な敷地を有し、大田川を天然の外堀として利用していたのでその外側を守る防衛拠点として整備されたのである。

本願寺別院space.jpg墓石屋さんのショーウィンドウ
左/本願寺別院 右/墓石屋さんのショーウィンドウ なぜにあんぱんまん?

今でも多くの寺院の他、仏壇屋さん、墓石屋さんなどが並んでいるが、普段は訪れる人は多くはなく、繁華街が近い割りに静かな町となっている。

寺の街の看板space.jpgシルバーゾーンの看板
普段はお年寄りが多い。寺の街の看板にもお年寄りが描かれている・・・

広島市民でもなかなか訪れることのないこの街にやって来たのは、亡くなった祖父母の法事のためだ。

週1回の休みの日曜日が毎週雨に祟られ、やっと晴れたと思ったら法事とは・・・

なんか疲れちゃったよ・・・・・



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年4月27日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:35分
4.走行距離:29Km + 2263歩( 徒歩1.6Km)
5.消費エネルギー:ガソリン1.45ℓ + 50.4Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら




スポンサーサイト



山口市・秋吉台④

大正洞


何十年ぶりかにサファリランドに行きたくなったので、カルストロードを走って北へ向かう。カルストロードからはカルスト台地がよく見え、高い木もなくて視界が開けているので走っていて気分がいい。

途中に大正洞桜祭りの幟が出ていたので寄ってみることにした。

大正洞のさくらspace.jpg大正洞のさくら
大正洞のさくら 満開!桜祭りは終わっていたけど・・・

大正洞は、有名な秋芳洞と同じく秋吉台にある鍾乳洞の一つで、戦争のときなどは村人が牛を奪われるのを恐れて隠したことから「牛隠しの洞」と呼ばれたそうだ。

案内所で料金を払うとマグシーバーというイヤホンの付いたラジオのようなのを貸してくれる。洞窟を進んでいくと自動的に放送が切り替わるのだ。

洞窟の前も自然がいっぱいで森林浴もできそう。犬ヶ森ポノールというのもあった。地下に水を吸い込む井戸のような竪穴で地下40mくらいあるらしい。

犬ヶ森ポノール看板space.jpg犬ヶ森ポノール
犬ヶ森ポノール 写真では分かりにくいが、写真右上の方から水が吸い込まれている。

大正洞入り口付近の木space.jpg犬藪社
右は犬藪社。昔、旅人を襲う猪(山賊?)を退治した犬を祀ったものだそうだ

洞窟入り口付近に牛をかくしたというところがあった。もっと奥のほうに隠せばいいのに・・・

大正洞入り口space.jpg牛かくし
左/入り口  右/牛かくし ここに牛を隠したらしい

仁王門とよろめき通路という狭い通路を通って中に入っていくと、沢山の鍾乳石や石筍をみることができる。

仁王門space.jpgよろめき通路space.jpg子育て観音
左/仁王門  真ん中/ よろめき通路 右/子育て観音

くらげ岩space.jpg蓮池
左/くらげ岩  右/蓮池 上から沢山の水が滴り落ちていた

雪中の松space.jpgロマンスくぐりspace.jpg華厳の滝
左/雪中の松   中/ロマンスくぐり 中を通ることができる  右/華厳の滝

秋芳洞と比べて洞窟は小さく、すぐに出口に着いてしまうが、観光客は少ないし周りの自然も豊かなので夏に涼みに来るのにはいいかもしれない。

秋吉台動物自然公園 サファリランド

大正洞を出てようやくサファリランドへ。実は私は動物園が大好きなのでひそかに楽しみにしていたのだ。

料金ゲートで音声ガイドを借りて自家用車で園内へ。サファリランドはまだ小さい頃に行ったきりなので、どんな動物が見られるかわくわくする。

最初はエレファントサンクチュアリ(象の保護区)だ。ここにはアフリカゾウやシロサイ、グラントシマウマ、ダチョウ、フタコブラクダ、ブラックバックなどの草食動物がいる。

ミナミシロサイspace.jpgアフリカゾウ
左/ミナミシロサイ 右/アフリカゾウ シロサイは運転席のすぐそばにいたが、主役(?)のゾウは助手席側。しかもこちらを見ようともしない。でも踏まれると怖いので近寄れず・・・

フタコブラクダspace.jpgブラックバック
左/フタコブラクダ のん気そうなのがいい。右/ブラックバック なんか可愛い

次のゾーンはマライカ・サバンナ(天使の草原:アフリカ)だ。道路わきにチーターが寝そべっているが、走ったりはしてくれない。まぁ、しんどいから無闇に走らないよね・・・

チーター
チーター 休憩していても顔をあげているのはライオンなどに襲われないように警戒しているらしい。

次がロッキー・ウェットランド(ロッキー湿原:カナダ)だ。アメリカクロクマが遠くに寝そべっていた。近くに来られても怖いので、そっと通る。

アメリカクロクマspace.jpgトビ?
左/アメリカクロクマ 右/北米のタカかと思ったらどうもトビみたい。

ロッキー・ウェットランドを過ぎて次のゲートが近づくと、音声案内から緊張感のある音楽が流れる。次の地区はハタリ・バレー(危険の谷)、ライオンがいるようだ。

ライオンspace.jpgライオン
左/雄ライオン ギャングのボスみたいな顔をしている・・ 右/草を食べるメスライオン おいしいのか?

ライオンはプライドという群れをつくって生活するらしいが、ここのライオンもみんなでまとまって寝転がっていた。
走れとまでは言わないが、せめて歩いてくれればいいのにね・・・


次のゾーンはドルガー・レイク(神の沼)だ。ここはトラの生活するゾーンだ。

トラspace.jpgトラ
トラ ライオンより強そう。でも、頭でかいね・・

ドルガー・レイクには池がある。今回は肌寒かったから無理だったが、トラは水が好きなので暑い時は水に入る姿が見られるかも・・

ドルガーレイクでサファリゾーンは終わりで、動物ふれあい広場へと出る。

思っていたより動物の種類は多くはなく、肉食獣はみんな寝転がっていたのでいまいち迫力はなかったが、動物園と違ってガラス1枚隔てたところに動物がいるという緊張感がたまらない。音声ガイドのジェシーさんもよかった。

同じ日なら再入場もできるらしいのだが、家族に反対されてしまった。とても残念・・・

動物ふれあい広場にはホワイトタイガー、ホワイトライオン、キリン、レッサーパンダ、マルミミゾウ、ナマケモノなどがいて、カンガルーやヤギなどに餌をやることもできる。

カンガルーの親子space.jpgレッサーパンダ
左/カンガルー  右/レッサーパンダ

キリンspace.jpgホワイトライオン
左/キリン 右/ホワイトライオン

我々が着いたとき、ちょうどホワイトタイガーの餌やり体験をやっていた。1回500円で肉1皿を高枝バサミで檻の中のホワイトタイガーに与えることができる。

餌を食べるホワイトタイガーspace.jpgホワイトタイガー(ゆきちゃん)
左/餌にかぶりつくオスのトラ 右/おとなしく見ているメスのトラ

同じ檻の中にオスのロンドとメスのゆきがいたのだが、2本足で立ち上がって餌にむしゃぶりつくロンドの影で、メスのゆきはおとなしく見ていた。餌をとろうとするとロンドに怒られるからだそうだが、おしとやかな感じでとてもかわいい。

どうやら人間とはオスとメスの力関係が逆のようだ・・・

動物ふれあい広場では、一緒に行った姪っ子がカンガルーとヤギの餌やりにはまってしまい、他の動物をほとんど見ることができなかった。

レッサーパンダすらほとんどスルーだもんなぁ・・・

今度は一人で来て、いろんな動物をゆっくり見たいなぁ。




★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年4月7日(月)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.走行距離:217Km + 7667歩( 徒歩5.5Km)
4.消費エネルギー:ガソリン10.85ℓ + 195.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
5.地図はこちら


山口市・秋吉台③

道の駅みとう

宿をとった湯田温泉から秋吉台へ向かったのだが、途中で道の駅みとうでひとやすみ。

奈良の大仏建立の際、美東町の長登銅山から銅を運んだということで、「奈良の大仏さまのふるさと」と紹介されていた。

大仏さまの像
ちょっとユーモラスな大仏さまの像もある。

そばを流れる大田川はとてもきれい。満開の桜のそばにかけられた鯉のぼりも季節感はちょっとアンマッチだが、逆に新鮮でいい感じ。

道の駅みとうのそばの川space.jpg道の駅みとうの鯉のぼり
左/大田川  右/満開の桜と鯉のぼり

一緒に来た母親は野菜が安いので大喜び、姪っ子は川にいる鴨の後を追っかけて大喜び・・・
人によって楽しみ方はいろいろだね・・・


秋吉台展望台


道の駅みとうで長い休憩を取った後、秋吉台展望台へ。秋吉台といえば秋芳洞なのだが、昨年の夏に行ったので今回はパスした。

秋吉台space.jpg秋吉台(夏)
左/展望台から見た秋吉台  右/去年夏に見た秋吉台

秋吉台は日本最大のカルスト台地で、広い草原の中に無数の白い石灰岩が飛び出し、独特の美しい景観をもつ・・・のだが、まだ春になったばかりで草もほとんど生えてなく、まるではげ山のようだった。

地表の石灰岩ははっきり見えるし、満開の桜もきれいだったが、美しい草原を見たいという人は1~2ヶ月後に来たほうがよさそうだ。

満開の桜と秋吉台space.jpg秋吉台の石灰岩
左/満開の桜と秋吉台  右/秋吉台の石灰岩 山焼きで焼けた草の後に緑の新芽が出ていた

展望台には100円で見られる双眼鏡が置いてある。最近あまり見かけないので懐かしくてつい覗いてしまった。
こういうのはいくつになっても楽しいもんだ。



山口市・秋吉台②

瑠璃光寺

SLやまぐち号を見た後、まだ行ったことのない瑠璃光寺に行くことにした。

瑠璃光寺は山口市香山町にある曹洞宗のお寺。ここには、国宝の五重の塔があり、寺を中心とした一帯が香山公園(こうざんこうえん)という公園になっている。

瑠璃光寺五重の塔space.jpg瑠璃光寺五重の塔
国宝の瑠璃光寺五重塔

瑠璃光寺五重の塔は周防(山口地方)を中心に勢力を伸ばした守護大名大内義弘の弟 大内盛見が、室町幕府の将軍 足利義満に反乱を起こして(応永の乱)亡くなった兄 大内義弘の菩提を弔うために造営を開始したもので国宝に指定されている。

現存する五重塔のなかでは10番目に古く、奈良県の法隆寺と京都府の醍醐寺の五重の塔とならんで日本三名塔のひとつに数えられている。

写真で見る限り、大きな庭園の奥まったところに建っているイメージがあったのだが、寺に入ってすぐのところに五重の塔は建っていた。池も思ったほど大きくなく、ちょっと意外・・・


お寺の中に入ると、本堂に向かう階段のそばに後生車というのがあった。

後生車space.jpg瑠璃光寺本堂space.jpg瑠璃光寺 大念珠
左/後生車  中/瑠璃光寺本堂  右/大念珠

犯した罪を懺悔し、善行を約束して後生車を回すと、一回廻すごとに罪過が浄化されるという。善行は約束できないが、とりあえずたくさん廻しておいた。きっと極楽に行けるに違いない・・・

本堂の横のほうには大念珠という大きな数珠がぶら下がっていた。心静かに念じながら8個の数珠珠を落とすと煩悩が取り除かれるという。

数珠の落ちる音が楽しくて沢山落としていたら姪っ子に注意された。たくさん落とすのは良くないらしい。

でも、自分には沢山煩悩があったからちょうど良かった・・よね?


山口サビエル記念聖堂

瑠璃光寺を出たものの、宿のチェックインの時間まで間があったので、途中の山口サビエル記念聖堂に寄ることにした。

サビエル記念聖堂は、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの来日400年を記念して1952年(昭和27年に建てられた。ちなみに、山口ではザビエルではなく、サビエルと濁らないのが正式である。

山口サビエル記念聖堂
山口サビエル記念聖堂(シンボルの塔が色の塗りなおしで残念な姿だった・・・)

最初に立てられた聖堂は1991年(平成3年)9月5日に焼失し、1998年4月29日に今の聖堂が再建された。

三角形の聖堂は、聖書に記された「神の幕屋(テント)」をイメージし、向かって左側の時計塔のオブジェは「世界に平和をもたらすキリスト」、右側の鐘の塔は天からのメッセージを表しているそうだ。

雨も上がったし、時間もあるので聖堂の方へ歩いてみた。

サビエル記念聖堂花壇space.jpgサビエル像(ルッジェリ神父作)space.jpgサビエル記念聖堂花壇
花壇の花はとてもきれいだった。真ん中はサビエル像。ザビエルといえば、かっぱのような頭のイメージがあるのだが、本当はどうだったのかな?


最初は中に入るつもりはなかったのだが、なんとなく入ってみた。2階は聖堂だが、中のデザインも斬新で他の教会とはかなり違う。

普通の教会は木で作られた十字架やキリスト像がおいてあるのだが、ここの祭壇には銀ピカの十字架が天井からぶら下げてあり、ステンドグラスも現代アートな感じ。

多少違和感があるが、若い人の結婚式にはいいかもしれない。

1階のクリスチャン記念館には、ザビエルの足跡や日本のキリスト教のあゆみが紹介されている。
あまり興味がないのでよく見なかったけど・・・

でも、たまには洋風の建物や彫刻を見るのも気分転換になっていいね。

マリア像
聖堂の外にあるマリア像。





★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年4月6日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:3時間
4.走行距離:195.3Km + 4750歩( 徒歩3.4Km)
5.消費エネルギー:ガソリン9.765ℓ + 88.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら


山口市・秋吉台①

SLやまぐち号


姪の中学入学記念と花見を兼ねてまだ桜の咲いている岡山県北部に行く予定だったのだが、土曜日から天気は大荒れ・・・

県北部は雪が降っているらしく、中国道も冬用タイヤ規制がかかってしまった。仕方がないので、出発日当日に急遽行き先を山口に替えて出発した。

8時半に出発し、山口市に着いたのは11時。着いてみたものの、大雨が降ったり止んだりの生憎の天気。しかも、山口に来ることはまったく予定していなかったので、どこに行ったらいいのかもよく分からない・・・

家族の意見を聞いてもまとまらないので、とりあえず私の趣味でSLやまぐち号を見に行くことにした。

SLやまぐち号(C57)
1年半前に見たやまぐち号。

一人だと何キロも歩いて見に行くのだが、家族連れだとそういうわけにもいかないので、やまぐち号を簡単に見ることのできる、道の駅長門峡(ちょうもんきょう)に向かう。

道の駅長門峡から道路を挟んで200mほど歩いたところにある踏み切りは、やまぐち号を簡単に見ることができるポイントだ。

SLやまぐち号
今回見たやまぐち号。

踏み切りで待つこと5分。やまぐち号がやって来た。しかし、なんかちっちゃい。しかも、機関車の後ろにディーゼル機関車がくっついている・・・

よく見るといつものやまぐち号C57(愛称:貴婦人)ではなく、C56(愛称:ポニー)だったようだ。

少し残念だったが、姪っ子は喜んでくれたし、道の駅周辺の桜は満開でお花見もできたのでまぁ良かった・・・

道の駅長門峡のそばの桜並木
道の駅長門峡(ちょうもんきょう)前の川と桜並木



瀬野川~春が来た~

天気がよければ、向原のカタクリの花を見に行き、満開になった桜を見に行こうと思っていたのだが、朝6時に目を覚ましたときは大雨が降っていたので、朝ごはんを食べ、テレビを見た後気持ちよく二度寝していた。

向原のカタクリ
4月2日に撮影したカタクリの花 向原では、毎年4月始めごろカタクリ祭りを行っている

ところが、10時頃姉から電話がかかり、たたき起こされてしまった。姪っ子が中学に入学するので満開の桜を背景にして写真を撮ってほしいと・・・

私の撮った下手な写真を記念にするのもどうかと思ったのだが、お花見がてら近所の桜まで行ってみることにした。

途中、スズランスイセンや桃の花、ムスカリなどが咲いていて、やっと春が来たんだなと実感させられる。

スズランスイセン
瀬野川の河原に咲いていたスズランスイセン

瀬野川に植えてある桜の所にいってみると今がほぼ満開状態。3日前はまだ5分咲きくらいだったのに、このところの暖かさで一気に開花したらしい。

近所の桜space.jpg近所の桜とスズメ
3月28日に撮影した桜。

ただし、満開といっても大雨が上がったばかりで空は曇って真っ白、瀬野川は濁流で茶色になっている。私の腕でまともな写真を撮るのは難しかった・・・

近所の桜space.jpg近所の桜とスズメ
3月30日撮影の桜。近所の桜にはスズメとカラスしかいない。メジロとかウグイスがいるといいのに・・・

でも、二人でお菓子を食べたり、のんびりできたのでまぁいいよね・・・






★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年3月30日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★☆☆☆☆
3.目的地までの所要時間:10分
4.走行距離:3707歩( 徒歩2.6Km)
5.消費エネルギー:89.4Kcal
6.地図はこちら


プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ