FC2ブログ

錦帯橋・岩国城①

錦帯橋

久しぶりに滝を見に行きたかったのだが、姪っ子が一緒に行くと言い出したので、車で簡単に行ける岩国の錦帯橋に行くことにした。子供を長い時間歩かせるのは可愛そうだからね・・・

岩国は関が原の合戦後、出雲富田(12万石)から岩国(3万石)の領主となった吉川広家(きっかわ ひろいえ)の治めた城下町である。吉川広家は、毛利元就の次男の吉川元春(三矢の訓で有名)の三男で、毛利家の家臣という立場であった。

岩国城から見た岩国の町
岩国城から見た岩国の町 今は海側が岩国の中心地となっているが、当時は錦帯橋周辺が岩国の中心だったという。

広家は、山の山頂に城を築き、その麓に自分の居館(御土居)と上級武士の屋敷、役所などを設け、対岸に町民や中下級武士の居住区を作ったため、川を渡るための橋が不可欠となった。

そこで、三代目岩国領主 吉川広嘉(きっかわ ひろよし)によって作られたのが錦帯橋である。

錦帯橋
錦帯橋 日本三名橋や、日本三大奇橋に数えられる。山の上に小さく見えるのが岩国城

吉川広嘉は、それまで川が増水するたびに流されていた橋の設計を根本から見直すため、他所の橋の研究をしていたが、錦川の川幅が広かったためになかなかうまくいかなかった。

そんな折、明の帰化僧である独立(どくりゅう)から、杭州の西湖に島づたいに架けられた6連のアーチ橋があることを知り、錦川に小島を作ってアーチ型の橋を作ることを思いついたという。

このようにして1673年に完成した橋だが、翌年の洪水で流されたため、橋脚を固めていた敷石を強化するなどの改良を加えられ、再建された。

錦帯橋の下の敷石部分
錦帯橋の下の敷石部分 橋脚の石垣は水の抵抗が少なくなるよう紡錘形となっており、船の舳のように尖っている。

そうして改良された橋は1950年のキジナ台風により流失するまで276年間、一度も流されることがなかったという。

1953年に再建された橋は、その後定期的に架け替えが行われ、技術の継承が行われている。

錦帯橋のアーチ部分を下から見たところspace.jpg橋の上はこんな感じ。
左/アーチ部分を下から見た写真。木の組み方がすごい。マツ、ヒノキ、ケヤキ、ヒバ、クリ、カシの6種類の国産材が使われているそうだ。右/橋の上 少し歩きにくい。

橋も美しいが、周囲の景観もなかなかのものだ。非常に暑かったので、澄んだ川の方から吹いてくる風がとても心地よかった。

錦帯橋から見た錦川(下流方向)space.jpg錦帯橋から見た錦川(上流方向)
左/橋の上から見た錦川 敷石が見えるでしょうか? 右/橋の上から見た錦川(上流方向)夏には鵜飼が行われるので、鵜飼の船が浮いている。

錦川の流れと錦帯橋
錦川の流れと錦帯橋。水がとてもきれいだ。

橋の上から錦川の美しい流れを見ていると、錦川清流線という鉄道が走っているのを思い出した。

もう何年も電車に乗ったことがないし、一度乗りに行ってみようかな。




スポンサーサイト



安佐動物公園③

チーター

西園を出た後、平成25年3月に新しくできたチーター舎に行くことにした。

チーター舎space.jpgチーター舎
左/チーター舎入り口 カープ坊やの幟が立っていると思ったらチーターが赤ヘルをかぶっていた・・・コラボかな? 右/チーター舎 横から見たところ 緑は多い

運動場は高低差も作ってあるし、結構広め。ここなら走り回れそうな気はするのだが、やっぱり寝ていた。

チーター
寝ているチーター。最高時速は100キロを超えるらしいが・・・

まぁ、暑いし仕方ないよね・・・・

ヒガシクロサイ

クロサイの飼育場には、逃亡防止のために空堀が掘ってあるのだが、そこにはライノテラスというテラスが設けられており、クロサイをより近くで見られるようになっている。

ライノテラスspace.jpgクロサイ
左/ライノテラス クロサイを身近で見られる 右/昼寝するクロサイたち。やっぱり寝てる・・・

クロサイ
ヒガシクロサイ 

クロサイはそんなに大きくはないが、硬い鎧のような皮膚と大きな2本の角はいかにも強そうだ。

サイの角は見た目は骨のような感じだが、実は骨ではなくたんぱく質でできており、人間の爪や髪の毛に近いものらしい。

角は漢方薬の材料になるため、密猟されて数が激減しているらしい・・・たんぱく質の塊を取ってなにか意味があるのだろうか・・・・

人間のつまらない欲望のために多くの動物が犠牲になるのは残念で仕方がない。


アフリカゾウ

現在、安佐動物公園には3頭の象がいる。

アフリカゾウ
一番右がマルミミゾウのメイちゃん、その隣がサバンナゾウのアイちゃん、左の岩の間に頭だけ写っているのがサバンナゾウのタカくん。

もともとはオスのタカ君とメスのメイちゃんで繁殖を目指していたようなのだが、メイちゃんがマルミミゾウ、タカ君がサバンナゾウという違う種類だということが分かって、2頭での繁殖を断念。

新しくサバンナゾウのアイちゃんを入れて繁殖を目指すことになったようだ。

メイちゃん
マルミミゾウのメイちゃん。マルミミゾウはサバンナゾウより小型で、森林で暮らすらしい。同じアフリカゾウでもいろいろいるんだね・・・

メイちゃんの立場がなくなって少しかわいそうな気がするのだが、今は一日警察署長やパフォーマンスをやったりとイベントで大活躍しているようだ。

アフリカゾウ
サバンナゾウのメスのアイちゃん。赤ちゃんの誕生が待ち望まれる。・・・が、人前で乳首をいじるのはやめてね。


アミメキリン

最後に大好きなキリンを見に行った。ここのキリンは見ていると寄って来るのでかわいくてたまらない。

キリンspace.jpgアミメキリン
木が大好きなアミメキリン 足が長くてうらやましい。

2011年に新しく作られたキリンテラスでじっと見ていると、1頭のキリンが小走りで寄ってきた。

キリンテラスspace.jpg駆け寄ってくるキリン
左/キリンテラス キリンが近くで見られるように作られた。 右/キリンテラスの方に駆け寄ってくるキリン 多分、オスのキリン。餌がもらえると思うのか、単に人懐っこいのか?

以前、しょっちゅう来ていた私のことを覚えているなんてことはないのだろうが、友達のいない私には親しく接してくれるこいつがとてもかわいいのだ。

アミメキリンspace.jpgアミメキリンspace.jpgspace.jpgアミメキリン
手を伸ばすと向こうも首を突き出してくる。なでてやりたいのだが、私の短い手足では届きそうにない。でも鼻息がすごいのはよく分かった・・・

時間がなかったのであまり長い時間はいられなかったが、キリンも寄ってきてくれたし、非常に楽しい一日だった。

安佐動物公園では8月16日から9月17日まで夏恒例のナイトサファリをやるようだ。

休みは少ないし、朝早い仕事なので今まで見たことがなかったのだが、今年はがんばって行ってみようかな。



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年6月30日(月)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★☆☆☆
3.目的地までの所要時間:70分
4.走行距離:52Km +5064歩( 徒歩3.6Km)
5.消費エネルギー:ガソリン2.6ℓ+ 156.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら





プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ