FC2ブログ

上下町 ① ~銀山街道 宿場町~

上下町 ひな祭り

姪っ子が春休みになったので、上下町(じょうげちょう)で毎年行われている「上下町ひなまつり」に連れて行くことにした。

一応、女の子だしね・・・

上下町ひな祭り
上下町ひな祭り 今年で10回目になるらしい。

上下町は広島県の中央部よりやや東、現在は府中市に属する町だ。

町には日本海につながる上下川(江の川水系)と瀬戸内海につながる矢多田川(芦田川水系)が流れ、分水嶺になっていることからこの名前がついたといわれている。

上下川
町を流れる上下川。上下川は日本海につながる。北(上)に流れる上下川と南(下)に流れる矢多田川に分かれるので上下町。

現在は人口6000人ほどの過疎化の進む町だが、かつては山陰と山陽を結ぶ街道の宿場町、物資の集積地として栄えた。

また、江戸時代に福山藩 水野家が無嗣改易となった後は天領(幕府の直轄地)となり、石見銀山(島根県大田市)から瀬戸内(尾道、福山)に銀を運ぶ石州街道の宿場町・銀の中継集積地として発展したという。

代官所跡space.jpg代官所跡
代官所跡。天領だったので、代官所が置かれた。明治時代以降、小学校や町役場が建てられたが現在は更地になっており、石碑と石垣が残っているだけである。

江戸時代から明治時代にかけて、掛屋と呼ばれる金融業者や酒・醤油の醸造業などでおおいに栄え、富を成した商人たちが白壁の立派な邸宅を残している。

上下町の町並み
上下町の町並み 白壁の昔ながらの家が建ち並ぶ。

まず、JR上下駅にある無料駐車場に車を停めて上下の町へ。

上下駅space.jpg上下駅ダイヤ表
左/JR上下駅 駅の中に食堂兼売店がある。  右/電車は一日6本。乗り過ごすと痛そう・・・

駅から歩いて100mほどの所に宿場町のメイン通りがあるのだが、通り全体がひな祭りイベント会場になっており、お店や個人宅に沢山のおひな様が飾ってあって、とても華やか。

上下町のおひな様space.jpg上下町のおひな様
左/立派な建物つきのおひな様   右/しもぶくれの顔がかわいい

上下町のおひな様space.jpg上下町のおひな様
左/三人官女のまんなかの人が持ってるものが違う気が・・・ 右/晴れの日限定?の三人官女

上下町のおひな様space.jpg上下町のおひな様
左/壁掛け型?   右/ポスターを背景にした五人囃子

中には壁掛けやぬいぐるみなどの少し変わったものもあり、バリエーションがあって見ていて楽しい。レゴブロックのおひな様にはちょっと驚いたけど・・・・

上下町のおひな様space.jpg上下町のおひな様
左/ぬいぐるみのおひな様  右/レゴブロックのおひな様 昔のファミコンのゲームキャラを思い出す。

中学生や高校生の作品も飾ってあったが、なかなかの出来栄えで祭りを盛り上げてくれている。高級感漂うおひな様もいいけど、こういう手作りの作品もいいね。

上下中学の中学生の作品space.jpg上下高校美術部の作品
左/上下中学校文化部の作品  右/上下高校美術部の作品

あやめちゃんspace.jpgあやめちゃん
上下高校のキャラクター「あやめちゃん」と妹の「ハナショウブちゃん」。もはやプロレベル。キャラクターグッズが出たら買っちゃいそう・・・

ひな祭りなんて子供のお祭りのような気がしていたが、こうして華やかなおひな様を眺めるのは幾つになっても楽しいもんだね。




スポンサーサイト



セツブンソウ・ユキワリイチゲ ② ~スプリング・エフェメラル~

ユキワリイチゲ(雪割一華)

田総の里スポーツ公園でセツブンソウを見た後、同じく見頃になったという三次市吉舎町(きさちょう)のユキワリイチゲを見に行くことにした。

ユキワリイチゲ自生地
吉舎町安田の自生地 きさ安田パークゴルフ場の近く、上下川の川沿いにある。

ユキワリイチゲもセツブンソウと同じく、早春に花をつける植物(スプリング・エフェメラル)の一つ。雪を割って一輪の花(一華)をのぞかせることから、雪割一華(ユキワリイチゲ)と名付けられたそうだ。

ユキワリイチゲ解説板
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、本州西部から九州に分布する。秋に葉を出して早春に花を咲かせ、初夏には地上部が枯れるそうだ。

県道脇にある駐車場に車を停め、300mほど歩いて自生地へ。自生地には直径3~4cmくらいの白い小さな花が沢山咲いていた。

ユキワリイチゲの群生
自生地に咲くユキワリイチゲ 花の大きさは3~4cmくらいで草丈は10cm~15cmくらいだろうか、セツブンソウよりはずいぶんと大きい感じだ。

本来、ユキワリイチゲは薄紫色をしているそうなのだが、ここのユキワリイチゲは白色の珍しい品種らしい。

ユキワリイチゲは基本的に種子ではなく地下茎で増える植物なので、たまたま白い花を咲かせる個体が根付き、ここで子孫を増やしたのだろう。

ちなみに、セツブンソウと同じく、白い花びらのように見えるのは萼片(がくへん)であって、花びらではない。どう見ても花びらにしか見えないけどね・・・

ユキワリイチゲspace.jpgユキワリイチゲ
安田の自生地に咲くユキワリイチゲ 白い花だけど、若干紫がかっているような気もしなくもない。

ユキワリイチゲは太陽が大好きな花なので、曇りや雨では開花しないそうだ。ちょうど晴れて良かったよ・・・

ここにもミツバチが飛んで来ていた。

ミツバチとユキワリイチゲ
ミツバチとユキワリイチゲ 餌の少ない時期の貴重な食料源なのだろう。

よく見ると、ユキワリイチゲの小さな花にコガネムシやテントウムシもくっついている。

これから色々な花が咲き、虫や動物の活動も活発になってくると思うと少し楽しみ。

ミツバチとユキワリイチゲspace.jpgコガネムシとユキワリイチゲ
左/ミツバチとユキワリイチゲ 右/コガネムシ(?)とユキワリイチゲ 真ん中の花に虫がくっついているのが見えるかな?

寒いのが苦手で家に閉じこもっていた私も、ようやく外出できるようになりそうだ。

でも、その前に家と車の掃除をしなきゃね・・・





★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年3月8日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★☆☆☆
3.目的地までの所要時間:120分
4.走行距離:258Km +14104歩( 徒歩10.2Km)(帰りに呉の実家に寄った)
5.消費エネルギー:ガソリン12.9ℓ+423.1Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら



セツブンソウ・ユキワリイチゲ ① ~スプリング・エフェメラル~

セツブンソウ(節分草)

2月21日頃から庄原のセツブンソウが咲き始めたという噂を聞いていたのだが、2週連続で日曜日は雨。

3月8日になってようやく雨が上がったので、少し遅いかなと思いながらも見に行くことにした。

セツブンソウ
セツブンソウ(節分草) はキンポウゲ科セツブンソウ属の多年草で節分の頃に花を咲かせることからこの名前がついた。環境省レッドリストの準絶滅危惧種で庄原市の天然記念物。草丈は5cmくらいで花は2cmくらい。

セツブンソウを知らない人も多いと思うのだが、早春に花をつける植物(スプリング・エフェメラル)の一つで、花や写真が趣味の人にはわりと有名だ。

節分のころに花をつけることから「節分草」の名がついたらしく、直径2cmくらいの白く可愛らしい花をつける。

白い花びらのように見えるのは萼(がく)で、紫色の雄しべの後ろの方にある黄色いのが花びらだそうだ。

セツブンソウ自生地
道の駅 総領リストアステーションの傍にあるセツブンソウ自生地。幟は立っていたが、人影がなかったので見られるかどうか不安だった・・・

来たのが時期的に遅かったので、見られるかどうか不安だったのだが、自生地に小さな花が沢山咲いているのを見てひと安心。無駄足にならなかった・・

花は大分傷んではいたけどね・・・・・

自生地に咲いたセツブンソウspace.jpg自生地に咲くセツブンソウ
花が咲いていたので一安心。連日の雨で花びらのようなの(本当は花弁ではなく、萼片)が傷んではいたが・・・

しかし、葉っぱの先に残る雨の露が玉になって光っているのはなかなか綺麗。

雨の露のついたセツブンソウ
雨の露のついたセツブンソウ。

恨めしい雨だけど、たまにはこういうのもいいかもね。

道の駅で聞いてみると、神社の自生地に咲く花はもう終わっているということなので、田総の里スポーツ公園にある自生地へと向かう。

田総の里スポーツ公園
田総の里スポーツ公園 立派な公園だ。

こちらの自生地は完全に山の影になっており、落ち葉や栗がたくさん落ちていて少し暗い感じ。

節分草の森の看板
節分草の森の看板 栗が大量に落ちていた。秋になったらまた来ようかな。

でも、その分見ごろが遅いのか、まだ綺麗な花が多かった。

栗とセツブンソウspace.jpg落ち葉の中に咲くセツブンソウ
左/栗とセツブンソウ 栗がおいしそうなのがとても気になる。 右/落ち葉の中に咲くセツブンソウ 雪の中に咲いていたりすると絵になるんだけどなぁ・・・

落ち葉の中に咲くセツブンソウ
落ち葉の中に咲くセツブンソウ 背景は茶色だけど花は可愛らしい。

しばらくセツブンソウを見ていたら、ミツバチが飛んできた。

ミツバチとセツブンソウspace.jpgミツバチとセツブンソウ
ミツバチと節分草。 黄色い花びらの退化した部分が蜜腺になっているそうだ。右の写真では、ミツバチが蜜を舐めているようだ。

まだまだ寒いけど、やっと春が来たんだねぇ。





海田市駅の緋寒桜~春が来た~

少しずつ暖かくなってきて、春に咲く花が咲き始めた。

庄原のセツブンソウも咲き始めたというニュースを聞き、是非行ってみたかったのだが、日曜日は2週連続の雨・・・

仕方がないので家にいたのだが、お昼過ぎから雨が上がったので海田市駅の緋寒桜を見に行くことにした。

海田市駅の緋寒桜
海田市駅の緋寒桜 家の近所なのに、実は見るのは初めてだったりして・・・

海田市駅は広島駅から東側に6.4kmほど行った所にあるJR西日本の駅で、呉線と山陽本線が乗り入れている。

この駅の1番ホームには緋寒桜(ヒカンザクラ)が植えられており、3月初めに咲く春を告げる花として広島県では有名だ。

JR西日本 海田市駅
JR西日本 海田市駅 雨はほぼ止んだが、曇り空。あんまり出かける気分でもなかったのだが・・・

ちなみに、緋寒桜(ヒカンザクラ)はカンヒザクラ(寒緋桜)ともいい、桜の原種の一つ。沖縄では桜といえば、この緋寒桜のことで、だいたい1月下旬から2月上旬に咲くことで知られている。

駅に咲く桜ということで電車と一緒に撮りたかったのだが、桜は背が高く、枝が沢山張っており、周りに電柱もあるのでなかなかうまい具合に撮れない・・・・

電車と桜space.jpg電車と桜
電車と桜 鉄道ファンではないので、何系とかよく分からない。勉強した方がいいのかな?

電車と桜space.jpg電車と桜
電車と桜 桜を撮るのは難しいよね・・・・

電車とのツーショットはあきらめ、花に近づいてみる。
派手さはあまりないが、小さなピンクの花が花束のように密集している様はとても可愛らしい。

海田市駅の緋寒桜space.jpg海田市駅の緋寒桜
海田市駅の緋寒桜 ソメイヨシノよりも若干赤味が強く、雄しべが長いのかな?小さい花が密集している様はとても可愛らしい。

しばらく桜の花を見ていたら、どこからともなくメジロの群れが飛んできた。元気に枝から枝へと飛び移っていくメジロは、春の訪れを喜んでいるかのようだ。

緋寒桜とメジロspace.jpg緋寒桜とメジロ
緋寒桜とメジロ 桜の蜜を吸うらしい。前から思うのだが、おいしいのかな?

緋寒桜とメジロspace.jpg緋寒桜とメジロ
緋寒桜とメジロ ヒヨドリもいたけど、やっぱりメジロの方が可愛いなぁ。

雨が降って鬱陶しい天気だったけど、たまには近所を歩くのもいいかな。




★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年3月1日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★☆☆☆☆
3.目的地までの所要時間:25分
4.走行距離:10Km +4872歩( 徒歩3.5Km)
5.消費エネルギー:ガソリン0.5ℓ+143.8Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら



大久野島 ④ ~地図から消された島~

休暇村で一泊した翌朝はなかなかいい天気に恵まれた。

桟橋まで行くバスを待つためロビーに残った家族と分かれ、一人桟橋に向かって歩いて行くことにした。

大久野島の海
途中の海。きらきら光ってまぶしいくらい。温泉でお尻もゆっくり温めたし、なかなかいい気分。みんなの宿代で懐は寒くなったけどね・・・

毒ガス資料館前の海にはウサギの耳の形をした集音器(?)が設置してあった。ウサギの聞いてる音を体験できるらしい。耳に当てるとかなりうるさかった・・・

うさぎの耳の形の集音器
うさぎの耳の形をした集音器 (?) 雑音がひどく聞こえる。うさぎはこんな音を聞いているのか?

ウサギの写真が撮りたくてみんなと別行動を取ったのだが、ちょこちょこと動き回るウサギを撮るのは結構難しい・・・

大久野島のうさぎspace.jpg大久野島のうさぎ
大久野島のうさぎ。気ままに動き回る。ピントが合わないじゃないか・・・・

そのうちバスが到着し、皆で船に乗って島を離れる。

毒ガス資料館はお正月休みだったし、天気が悪くて戦争遺跡も全部は見られなかったけど、次に来る時の楽しみにとっておくのもいいかな。

フェリーから見た大久野島
帰りのフェリーから見た大久野島 さようなら、大久野島。またすぐに来ると思うけどね・・・・


途中、家族が初詣に行きたいというので、御手洗の天満宮に行くことにした。少し遠いけど、御手洗はお気に入りの場所なのだ。

御手洗の案内板
御手洗の案内板。ここは結構お気に入りの場所。

天満宮 管公の井戸
天満宮 菅公の井戸 この水で書初めをするといいらしいんだけどね。

天満宮で初詣を済ませた後は、御手洗の町へ。

残念ながらお正月休みで若胡子屋跡、乙女座跡などは中を見ることはできなかったけど・・・

住吉神社
住吉神社にもお詣り。今年はいい年になるかな?

大好きな御手洗の町の説明をしようと家族に一生懸命話しかけたのだが、誰も聞いてくれなかった・・・・

若胡子屋跡
若胡子屋跡 みんなどんどん歩いていく。頼むからおじさんの話を聞いてください。

今年も寂しい年になりそうだ・・・・・

天気は良かったんだけどね・・・・・・・

であいの館前の海
蒲刈 であいの館前の海。なかなかいい天気。1月3日、4日で来るべきだった・・・



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年1月2日(金)、3日(土)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★☆☆☆
3.目的地までの所要時間:120分
4.走行距離:84Km +7819歩( 徒歩5.7Km)(1日目)、112Km +5651歩( 徒歩4.1Km)(2日目)
5.消費エネルギー:ガソリン4.2ℓ+201.1Kcal (1日目)、5.6ℓ+78.1Kcal(2日目)(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら




プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ