FC2ブログ

コンクリート船と八重桜①

コンクリート船 武智丸


世間では、「艦隊これくしょん」というゲームが流行っているようだ。アニメ化もされ、昔の船の人気も高まっているようである。

そこで、呉市安浦町にあるコンクリート船 武智丸を見に行くことにした。大人気になって、みんなが殺到する前に見ておきたかったのだ。

武智丸解説板
武智丸解説板 詳しくはやすうら夢工房さんのホームページを見てね。

コンクリート船とは、文字通りコンクリートで作られた船である。第二次世界大戦の折、鉄をはじめとする金属の入手が難しくなったので、窮余の策として作られたらしい。

最初に造られたのは、全長51m 幅8.5m 深さ6.5mのエンジンを持たない油槽船(オイルタンカー)で、5隻ほど造られた。

そして、戦況が悪化した昭和19年、エンジンを搭載した貨物船を建造する必要性が高まって造られたのがコンクリート船 武智丸である。同型艦3隻が建造され、4隻目は建造途中に終戦を迎えたそうだ。

武智丸
武智丸 2隻並んで設置されている。

水漏れや強度の点で不安視されていたようだが、意外と頑丈で、瀬戸内海をはじめとして南方へも一部航海し、石炭などの軍事物資を運ぶのに活躍したそうだ。

戦後、第一武智丸はエンジン故障のために警固屋付近に放置され、第二武智丸は大阪で廃船になっていたそうだが、1945年の枕崎台風をはじめ、台風のたびに被害を受ける安浦漁港の防波堤として再利用されることになった。

現在は安浦漁港を守る水の守り神として活躍をしている。

水の守り神 武智丸
水の守り神 武智丸と書いてある。グーグルマップの航空写真で見ると船だとはっきりわかる。

漁港に着いて防波堤を見ると、すぐに船だと分かった。船体の曲線部分が普通の防波堤と違っているからだ。

ただ、あまりに港の風景に溶け込んでいるので、なにも考えずにぱっと見ただけでは見逃してしまいそうな感じではある。

武智丸
通路が設けられた武智丸

船には通路が設けられており、中を見ることもできるようなのだが、入り口には立ち入り禁止と書かれていたので断念・・・

入り口にカギはかけられていないし、自己責任で入っていいという話も聞いたので、今度呉市役所に確認して入らせてもらおうかな。

武智丸 船倉space.jpg艦橋跡かな?
左/船倉 ここに軍事物資を載せていたようだ。  右/船倉の中央部。クレーンか何かが設置されていたのかな?

ところで、「アニメ艦隊これくしょん」に武智丸は出てこなかったようである。続編が作られているようだから、続編での登場を期待して待っています。

Google mapより







スポンサーサイト



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ