FC2ブログ

高梁市⑧ ~城下町とベンガラの町~

ベンガラ館


吹屋ふるさと村を出て、1.2キロ程離れたベンガラ館へと向かう。ベンガラ館は、明治時代の弁柄工場を復元した施設である。

正直言うとベンガラは赤い塗料だということしか知らなかったので、是非寄ってみたかったのだ。

ベンガラ館入り口
ベンガラ館入り口
料金は大人200円。入り口では、人の良さそうなおばあちゃんがすらすらと解説してくれる。安い!

入り口近くにあった解説板によると、ベンガラというのは、インドから産出される黄土から命名されたそうだ。

ベンガラ解説板
ベンガラ館入り口の解説板
ベンガラはインドのベンガル地方産の物を輸入したことから名づけられたみたいだ。酸化鉄なので、要するに鉄錆。
旧片山家では、選別・出荷作業が行われていたが、そこに運び込まれていた板流しのベンガラは、こういった工場で造られたものである。ちなみに、この谷には4つの弁柄工場があったそうだ。

施設は製造工程順に周れるようになっているので、製造工程順にまとめてみます。

①釜場室

釜場室space.jpg釜場室の説明板
釜場室 原料のローハを焼くところ。

まず、釜場室で原料となるローハ(緑礬)を1~2日焼いて、「焼き」という赤褐色の粉を作る。

ローハ
原料となるローハ(緑礬)ローハは、銅山の捨石である硫化鉄鋼を焼いて、硫黄分を除いたものだそうだ。もともとゴミだったものが大きな富をもたらしたというのもすごいね。

ローハ(緑礬)は、小さな土器皿(ホーロク)にのせ、皿を200枚前後積み重ねて焼いたそうだ。

釜場室の釜場
釜場室の釜
天井は煙を出せるように造られている。

②水洗碾臼室(すいせんひきうすしつ)

水洗碾臼室space.jpg水洗碾臼室解説板
水洗碾臼室 水洗いして不純物を取り除き、碾臼(ひきうす)でより小さな粉にするところ

次に、①で造られた「焼き」を水洗いして階段状の水槽に流し込んで不純物を取り除く。
階段状の水槽
階段状の水槽 階段状の水槽で不純物が取り除けるということは、不純物は水より軽くて、焼きは水より重いということかな?

そして、水洗いした物を碾臼(ひきうす)でひいて、より小さな粉にする。

碾臼室の水車space.jpg碾臼
水洗碾臼室の水車と碾臼(ひきうす) 明治時代は碾臼は水車を動力としていたそうだ。その前は人力で、近年は電気を動力としたものを使っていたらしい。

③脱酸水槽室

脱酸水槽室space.jpg脱酸水槽室解説板
脱酸水槽室 碾臼で引いたものから酸を抜くために水に浸けるところ

最後に、②でできたものから酸を抜くために、水に浸ける作業をする。
脱酸水槽室の水槽
脱酸水槽室の水槽
水に浸けるとベンガラは水に沈むのでうわ水を捨てて、また水を入れてという作業を繰り返していく。数10回から100回位繰り返さなければいけなかったそうだ。

ベンガラを水に浸けて、うわ水を捨て、また清水を入れてという作業を数十回から百回ほど繰り返して酸を抜いたそうだ。

そして、酸の抜けたものを干板に載せ、干し棚の上で天日乾燥したものが製品のベンガラ(板流しのベンガラ)になるらしい。

施設の中の資料室には、ベンガラの工程を絵に描いたものや、ベンガラの使用用途などが展示されていた。

ベンガラの使用用途
ベンガラの使用用途

ベンガラなんて変な名前だし、こんなに身近なところに使われているなんて知らなかった。
今は化学合成されているものが使われているらしいけど・・・

ともあれ、銅山の捨石からこんな一大産業をつくりあげた吹屋の人達の知恵や技術には感服するばかりだ。

ベンガラ館は少し地味な施設だけど、ベンガラのことを知るには本当にいい施設だ。
興味のある人にはお勧めかな。









スポンサーサイト



高梁市⑦ ~城下町とベンガラの町~

旧片山家(胡屋)住宅


折角なので、旧片山家(胡屋)住宅の中に入ってみる。

旧片山家住宅space.jpg片山家住宅解説文
旧片山家(胡屋)住宅 片山家は、1751年に本格的に開業し、昭和46年(1971年)まで10代200年以上にもわたってベンガラの窯元を営んでいた名家。幕末には苗字帯刀も許されたという。

外から見ると大きな商家にしか見えないのだが、中に入ると作業場まであり、店舗・工場兼住宅であったことが分かる。

仕事場space.jpg旧片山家 仕事場
旧片山家 仕事場 大きな屋敷は町工場としての機能も持っていたようだ。

もっとも、町工場といっても、ここでベンガラを作っていたわけではなく、計量や選別を行って、保管・出荷作業が行われていたようだ。

旧片山家 仕事場解説
写真注釈:仕事場解説文
ベンガラの製造過程から説明してある。ベンガラは①硫酸化鉄鉱石を焼いてベンガラの原料となるローハを作る工程②ローハを焼いてベンガラを作る工程③②で作ったベンガラ(板流しと呼ばれる)を保管・選別し、等級に分けて出荷作業を行う工程の3つに分けられるのだが、この町工場では③の保管・選別、出荷作業が行われていたそうだ。


作業場には、人形が置かれて作業風景を再現し、パネルでも説明がしてあったので、非常に分かりやすかった。

ちょっと暗くて、まともに写真が撮れなかったけど・・・


町工場解説文
町工場解説文
ベンガラ工場から運ばれたベンガラ(板流しと呼ばれる)をふるいにかけて選別し、袋詰めして出荷作業をおこなっていたようだ。
赤い塗料であるベンガラを終日扱う仕事で、ベンガラが染みつくので、赤着と呼ばれる作業着を着て作業をし、風呂に入って帰宅しなければならなかったという。体にも悪そうだし、大変な仕事だったのではないかと思う。


広い敷地の中には、作業場の他に主家、蔵などの多数の建物と、それをつなぐ細い通路があり、まるで迷路のようだ。

建ち並んだ蔵space.jpg邸宅の中の通路
多数の蔵がある。通路は迷路のようだ。表の街道から見ても立派な邸宅だが、外から想像するよりも中はずっと広い。

主屋の部分だが、さすがに10代も続く豪商の家だけあって、住居部分も非常に広い。銘木がふんだんに使われているという座敷には、見事な彫刻の施された欄間もあり、非常に贅沢な造りになっている。

旧片山家 奥座敷space.jpg
旧片山家 奥座敷 銘木が使われているそうだ。欄間の意匠もなかなか見事。

ちょっと意外だったのは、主人の寝室だ。なぜか、天井裏のような所に造られ、天井も非常に低くなっている。広さはそこそこあるが、天井が低いので圧迫感があるし、頭を傾けていないと頭をぶつけそう・・・

旧片山家 主人の寝室space.jpg旧片山家 主人の寝室
旧片山家 主人の寝室 窓はあるけど、天井は低いし、すごい圧迫感。押し込み強盗を恐れてこんなところを寝室にしたのかな?普通の人にはちょっと辛そう。ひきこもるには快適そうなので、個人的にはとても羨ましいけどね。

広い家なんだから、もうちょっといい部屋にすればいいのにね。

郷土館


郷土館は、旧片山家住宅の斜向かいにある。この家はベンガラの窯元である片山浅次郎家の総支配人だった片山嘉吉氏が、分家されて建てたものだそうだ。

郷土館内部
郷土館内部
これだけの収納があれば、家の中が片付きそうだ。ただ、階段箪笥のおかげで、階段が急なのはどうかなー。


旧片山家住宅ほど広い家ではないのだが、機能的な収納棚が作られ、とても住みやすそうだ。

家の奥には米倉や道具蔵もあり、私の家のような狭小住宅とは一線を画している。

郷土館 米倉
郷土館 米蔵と道具蔵
旧片山家住宅よりコンパクトなので少し親近感を覚えたが、よく考えると我が家はこの米倉くらいの大きさかな?

石州の宮大工 島田綱吉によって建てられたという家は、ケヤキやサクラなどの最上級の用材が使われているそうだ。

家の中には、からくり戸や隠し戸棚も随所に設けられ、作り手のこだわりと熱意を感じることができる。

1階の座敷とからくり戸space.jpg1階の座敷と隠し戸棚
郷土館1階 暗くて分かり辛いが、中庭にはからくり戸、右の写真には隠し戸棚が写っている。

2階の窓にはベンガラ格子が嵌められ、町屋の風情を感じることができる。

郷土館2階space.jpg郷土館2階
郷土館2階 ベンガラ格子越しに見える町の景色はなんかいい感じ。もう少し天井が高ければ快適な部屋になりそうだ。


立派な邸宅の建ち並ぶ吹屋の町並のはずれには、吹屋の町並の由来が書かれた解説板があった。

吹屋の町並の由来
吹屋の町並の由来

解説板には、銅山とベンガラの生産で栄え、「掘れば掘るほど金が出る」と俗謡に謡われた吹屋の町の歴史が書かれている。

これだけの町並みが残っていないと、昔こんな所に豊かな町があったなんてとてもじゃないけど信じられないけど・・・

世の中の移ろいなんて誰にも分からないものだね。





高梁市⑥ ~城下町とベンガラの町~

吹屋小学校


町の中心部から300mほど緩やかな坂を登ったところに吹屋小学校跡がある。

吹屋小学校跡
写真注釈:吹屋小学校跡
校庭もプールも結構狭い。まぁ児童数は少なかったんだろうけど。
最近放映されたアニメ「愛・天地無用」では、旧校舎としてこの建物が出ていた。アニメファンなら来なくちゃね。

解説版によると、東西校舎は明治33年(1900年)、中央本館は明治42年(1909年)に完成したそうだが、平成24年(2012年)に廃校となったそうだ。

吹屋小学校 解説板
写真注釈:吹屋小学校 解説板
東西の校舎が先に造られて、中央部は10年近く後に造られたそうだ。

残念ながら、中を見ることはできなかったのだが、土壁に下見板張り、各所に嵌め殺しの明かり取りの窓が作られた和洋折衷のモダンな建物は、当時の吹屋の町がいかに豊かだったか窺い知ることができる。

吹屋小学校中央本館
写真注釈:吹屋小学校中央本館
上の方は下見板張り(横方向に板を張った造り)なのに、下側は竪板張りになっている。結構凝った造りだ。中には大きな吹き抜けの階段もあるらしい。年に数回公開されるらしいので、狙って行ってみるのもいいかも。

東西校舎も、老朽化がすすんではいるが、木造の堂々とした建物だ。100年以上もの間、子供を育んできた校舎には威厳すら感じることができる。

吹屋小学校 西校舎space.jpg吹屋小学校 東校舎
左/西校舎 体育館だったようだ。   右/東校舎  5・6年生の教室があったようだ。

廃校になったおかげで見学することができるのだが、学校から子供の姿が消えてしまったというのは少し寂しい・・・

吹屋小学校space.jpg考える少年
左/吹屋小学校 シンメトリーで優美な建物   右/考える少年の像 階段の傍にあった。思慮深い人になって欲しいということかな?

これからは文化財として永久保存されるそうだけど、いつまでもその優美な姿を残してもらいたいものだ。

吹屋の町並み その2


小学校から坂を下り、再び町の中心部にある郵便局前へと戻る。
吹屋の町並み
写真注釈:吹屋小学校から町へ降りる道
山の緑に赤い屋根瓦が映えて美しい。

郵便局から西側はひときわ大きな屋敷が並んでいた。

吹屋西側の町並み
吹屋西側の町並み
町の西側には長尾家、片山家などの大きな邸宅が並んでいる。長尾家や片山家は弁柄(ベンガラ)製造で栄え、苗字帯刀も許された家だそうだ。

家に取り付けられた解説版を見ると、ベンガラの製造や販売を手掛けた家である長尾家や片山家の邸宅だったようだ。

東長尾家住宅space.jpg東長尾家住宅解説板
東長尾家 5軒あるベンガラ屋の1軒だったらしい。

東長尾家 框部分
東長尾家框部分
框部分には、飾り金具が取り付けられたお洒落な造り。土台には牛馬をつなぐ丸い金具が取り付けられている。ベンガラは荷馬に乗せられて成羽に運ばれ、そこから成羽川、高梁川を高瀬舟で運ばれていったそうだ。

その中でも特に大きな屋敷 旧片山家住宅が資料館として公開されている。

旧片山家住宅space.jpg旧片山家住宅 解説板
旧片山家住宅 ベンガラの製造・販売で栄えた家

中には、いろいろな資料が展示されていたのだが、その中に当時の旧片山家の描かれたポスターもあった。そこには多くの人や馬が行きかい、栄えていた頃の吹屋の町の様子が描かれていた。
片山家のポスター
旧片山家ポスター(明治時代初期のものらしい)
片山家は、宝永4年(1707年)に始まったとされる吹屋の弁柄製造の老舗だったそうだ。昭和46年(1971年)に廃業したそうだが、大きな屋敷は江戸時代後期から明治時代の屋敷構えをよく残しており、国の重要文化財に指定されている。

今は静かな町だけど、江戸時代後期、明治時代はベンガラだけでなく、吹屋街道の拠点として、銅や砂鉄、薪炭、雑穀を扱う問屋や旅籠などでかなり賑わっていたらしい。

どんな様子だったのか一度見てみたかったな。




プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ