FC2ブログ

備中松山城と備中国分寺 ⑤

道の駅 かよう


山道から車に戻ったのは11時。シャツを仕替え、もう一度展望台に登って町と城を眺めた後、「道の駅 かよう」に向かうことにした。

ほとんど睡眠も取らずに歩き続け、朝ごはんも食べていなかったので休息を取りたかったのだ。

備中松山城展望台から見た高梁の町
松山城展望台から見た高梁の町
雲海の下はこんなだったのね・・・一面の雲海の下に町が広がっていたなんてなんか不思議な気分。

展望台から道の駅 かようへは10キロ、15分ほど。お昼ご飯を食べて2時間ほど仮眠をとり、ゆっくりさせてもらった。

道の駅 かよう
道の駅 かよう
岡山道の賀陽IC近くにある道の駅。野菜と果物が安い。食堂のご飯もとてもおいしかった。

さすがに疲れたよ・・・


備中国分寺①


道の駅を出発したのは13時30分。少し遅くなったので、鬼ノ城に行くのはあきらめ、備中国分寺へと向かうことにした。

岡山自動車道を総社ICで降り、車で走ること10分。きれいに咲いたコスモスと収穫期を迎えた田んぼ、五重の塔が見えてきた。
収穫期を迎えた田んぼと国分寺五重の塔
収穫期を迎えた田んぼと五重の塔
国分寺向かい側には、県営の無料駐車場がある。私のような貧乏人には非常にありがたい。

備中国分寺は、天平13年(741年)、聖武天皇の「国分寺建立の詔」によって建てられた国分寺の一つである。仏教の力で戦や災いから国を守ろうとしたのだそうだ。

まっすぐ国分寺に行くのもつまらないので、道路わきの畑に植えられたコスモスの花をゆっくりと見て回ることにした。

国分寺の近くに植えられたコスモスの花
国分寺の近くに植えられたコスモスの花
 夏の花ヒマワリと秋の花コスモスが一緒に咲いているのがいい。この花は近所の農家の人が観光客のために植えてくれているものらしい。


田園風景と五重の塔の組み合わせもいいけど、かわいらしいコスモスの花から見える五重の塔も華やかでいいね。

コスモスの花と国分寺五重の塔
国分寺五重の塔とコスモスの花
  静かに佇む五重の塔と華やかに咲いたコスモスの花。異質な組み合わせにも思えるが、見事にお互いを引き立てあっている。

やっぱり暗い山の中を歩くより、開放感あふれる平地を歩く方が気持ちがいいなぁ。

こうもり塚古墳


刈り取った後の稲わらが干してある田んぼを眺めながら歩いていると、こうもり塚古墳という案内板を見つけた。
稲わらの干してある田んぼ
稲わらの干してある田んぼ
 自分の家の近くでは木の棒につるすんだけど、地方によって干し方が違うのかな?この年になるまで意識したこともなかったよ。

こうもり塚古墳なんて、あんまり可愛らしい名前でもないのでスルーしようかとも思ったのだが、たまには古墳を見るのもいいかなと思い直し、行ってみることにした。

こうもり塚古墳の看板
こうもり塚古墳の看板
 後ろの方に見えるこんもりと木の茂った丘がこうもり塚古墳。

古墳近くに建てられた解説板によると、こうもり塚古墳は古墳時代の終わりごろ、6世紀後半に造られたそうだ。しかも、6世紀に造られた中では吉備地域最大の前方後円墳で、岡山県内最大の横穴式石室まであるらしい。

ネーミングはいまいちだが、かなり立派な古墳のようだ。

こうもり塚古墳 解説板
こうもり塚古墳 解説板
 解説板によると、こうもり塚古墳は全長約100m、後円部径55~60m、同高8m、前方部の長さ約60mの前方後円墳だそうだ。横穴式石室の玄室(げんしつ)部分は長さ7.7m、幅3.6m、高さ3.6m、通路にあたる羨道(せんどう)は長さ11.7m。石室内からは金銅装単鳳環頭太刀(こんどうそうたんほうかんとうたち)の柄頭や、鉄鏃(てつぞく)、馬具、耳環(じかん)、玉類など、多様な副葬品が見つかっており、被葬者は吉備地域でも最も有力な豪族だったと推測されるそうだ。

石室がどこにあるか分かるかなと心配しながら古墳に近づいたのだが、いきなり石室への通路が伸びていた。

分かりやすいけど、探す楽しみはないらしい・・・

石室へ伸びる通路
石室への通路
 石室の入り口はとても分かりやすい。こんなんでよく盗掘されなかったものだ。

岡山県最大の横穴式石室ということだが、中に入ってみるとやっぱり狭い。

まぁ、お墓なんだからしかたないけどね。

こうもり塚古墳 石室内
こうもり塚古墳 石室内
 中には、家型の石棺が安置されていた。石室には陶棺や、木棺も納められていたらしく、ここには複数の埋葬があったらしい。この地域の有力者の一族の墓だったようだ。

石室を出て、古墳を歩いてみたのだが、普通の丘にしか見えなかった。1500年も前に建てられたんだから仕方ないかもしれないが、造られた当時どんな姿だったのか見てみたかったな。

せめて、予想復元図とかあるといいんだけどね。

こうもり塚古墳 外観
こうもり塚古墳 外観
外から見ると普通の丘にしか見えない。よく古墳に家や畑が作られていて、罰当たりな事をするなぁなんて思っていたけど、墓だと分からないんじゃどうしようもないよね。

こうもり塚古墳の周辺には他にも造山古墳を始めとして、多数の古墳があるようだ。古墳時代の頃から有力な豪族がこのあたりを支配していたのかな。

国分寺や鬼ノ城がこの辺りにあるのも偶然じゃないのかもしれない。いろいろ調べてみると面白いかもね。




スポンサーサイト



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2015年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ