FC2ブログ

湧永満之記念庭園と常清滝 ①

湧永満之(わくながまんじ)記念庭園 ①


朝早く起きて三次の雲海を見に行く予定だったのだが、朝3時に目覚めた時点であまりにもしんどかったので二度寝してしまった・・・

結局起きたのは朝8時。遅くなったので、良く知っている近場の場所ということで、湧永庭園に行くことにした。

湧永満之記念庭園入り口
湧永満之記念庭園入り口
 湧永庭園は広さ約4万5000坪。(東京ドーム3.2個分)の広さを誇る。湧永製薬の社長 湧永儀助氏が発案、設計し、社員が施工したという手作りの庭園だ。入場料は無料で、四季折々の花が楽しめるお得な庭園だ。


湧永庭園へは自宅から60km、車で1時間20分ほどで到着。しかも、駐車場から入り口までは200mほど。

入場料も無料だし、実にお気軽に来ることができるのだ。


入り口から受付へspace.jpg管理棟と受付のテント
左/入り口から管理棟へ続く道  右/庭園管理棟と受付のテント
入り口から庭園に続く小道は、芝生の植えられた丘に挟まれている。この立体感のある作りがとても心地よい。

入り口から続く丘の中の小道を進んで管理棟前のテントで受付を済ませ、庭園の中へ。ウィークデーのせいか、庭園の中は人がほとんどおらず、貸し切り状態でとても気分が良い。

管理棟近くに造られた花壇には色とりどりの花が植えられていて、秋も終わりに近づいているとは思えないほど華やかだ。

管理棟近くの花壇
庭園管理棟付近の花壇
花壇には、ゴシキトウガラシや、センニチコウ、ダリアなどが植えられている。庭園の木々も葉っぱを散らして少し寂しい感じになっているが、花壇の花はとてもきれい。

そこから庭園の奥の方に向かっていくと、芝生の並木道、その左側には第一庭園の入り口がある。

芝生の並木道
芝生の並木道
 散歩すると気持ちの良さそうな並木道。でも、立ち入り禁止なので散歩はできない。

第一庭園にメインで植えてあるバラはほとんど花が残っていなくて寂しい感じだが、遊歩道の脇には随所に花が植えられていて、気持ちよく散策できた。

第一庭園のバラspace.jpg第一庭園 遊歩道
左/第一庭園のバラ   右/第一庭園遊歩道
 春と秋のはじめには沢山のバラが咲き、いい香りの漂う第一庭園だが、秋も終わりになるとバラの花はほとんど散ってしまい、寂しい雰囲気だ。

第一庭園の奥に進むと、もみじが赤く色づき始めていた。いよいよ紅葉のシーズンの始まりだ。
色づき始めたもみじ
色づき始めたもみじ
この時期、広島市内はまだ紅葉は始まっていないのだが、県北部ではもう紅葉が始まっているのだ。

もみじの近くに噴水のある池があり、モネ邸から譲り受けた睡蓮が植えてあるのだが、この時期はさすがに葉っぱすらまともに残っていなくてかなり残念な姿になっていた。

3年ほど前に来た時は綺麗な花を咲かせていたんだけど、今回は見ることができなくて少し残念・・・

モネ邸の睡蓮 解説板
モネ邸の睡蓮 解説版
 クロード・モネは後半生をパリ郊外のセーヌ川東岸にある美しい村ジヴェルニーというところで過ごし、そこで代表作「睡蓮」を描いた。この池の睡蓮は、モネの「睡蓮」の絵を買い取った大原美術館(岡山県倉敷市)が70周年を迎えた際にジヴェルニーのモネ邸から贈られた睡蓮を、株分けして譲ってもらったものだそうだ。

まぁ、池の中に大好きな噴水があったから個人的には大満足なんだけどね。

モネ邸の睡蓮space.jpgモネ邸の睡蓮の池にある噴水
左/モネ邸の睡蓮  右/睡蓮の池にある噴水
睡蓮は葉っぱすらまともに残っていない。春になったら花を見に来ようかな。






スポンサーサイト



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2015年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ