FC2ブログ

三原の海霧と尾道の町 ⑤

千光寺 ③


本堂から「玉の岩」のそばを通って大師堂の前に出ると、そこには除夜の鐘で有名な鐘楼「驚音楼」が建っている。

この驚音楼の鐘は、環境庁の選定した「日本の音風景百選」にも選ばれた鐘で、俚謡にも「音に名高い千光寺の鐘は 一里聞こえて二里響く」と歌われているそうだ。

千光寺 鐘楼
驚音楼の鐘
明治23年(1890年)に再建された鐘楼。鐘の上部に百八個のイボ(乳)がなく、梵字百字の真言と五智如来の種子が刻まれている。
午後六時になると刻を告げる鐘がつかれ、尾道の町に響き渡る。その懐かしい響きは日本の音風景百選にも選ばれたそうだ。

大師堂の前にも展望スペースがあるのだが、大師堂前からは尾道三山と呼ばれる浄土寺山と西国寺山、そのふもとに点在するお寺や神社を見ることができる。

大師堂からの眺望
大師堂からの眺望
右上の橋のすぐ傍にある大きな山が浄土寺山。山頂付近に展望台があり、夕日や夜景を見るのに良いらしい。
左側の木が少し紅葉した山の部分が西国寺山。

ごちゃごちゃした町並みは、歩くといろいろな発見ができそうだ。映画やアニメの舞台になったところも多いみたいだし、今度来るときは町歩きをテーマにしてみようかな。


文学のこみち


千光寺を出て、千光寺山の頂上にある展望台を目指す。

展望台に続く道の道沿いに転がる岩には、尾道にゆかりのある文学作品の一節が刻まれていて、「文学のこみち」と名付けられている。
文学のこみち
文学のこみち
瀬戸内の山には花崗岩がたくさん転がっているところが多く、尾道も良質の花崗岩の産地だった。それを切り出したり、加工したりする石工の町として知られた尾道の町には、石を加工した石灯籠や狛犬など多くのものが残されている。
「文学のこみち」にも石工の町としての技術と伝統がいかされているのだ。

港町として繁栄した尾道の町には多くの文人が訪れているのだが、彼らの作品を紹介するために尾道青年会議所が整備したものだそうだ。

ただの石碑と思う人もいるかもしれないが、山道で足を止めて文学作品をゆっくりと眺めるのは、家で読むのと違って、作者の思いや作品に描かれた情景が、より心に響いてくる感じがする。

金田一京助作品space.jpg金田一京助 作品解説板
金田一京助 作品

緒方洪庵 作品space.jpg緒方洪庵 作品 解説板
緒方洪庵 作品
 さっきまで千光寺から眺めていた尾道の景色が目に浮かんできて、緒方洪庵がどんな服を着て、どんな思いで歌を詠んだのか、いろいろ想像してしまう。

特に、林芙美子の「放浪記」の一節、「海が見えた。海が見える。」という一節は、作者の思いがダイレクトに伝わってくる感じがして、読んでいるこっちまで涙があふれそうになってしまう・・・・

林芙美子 放浪記の石碑space.jpg林芙美子作品 解説板
林芙美子 作品
「放浪記」のなかで、「私は宿命的に放浪者である。」と書いているように、彼女は幼いころから各地を転々としている。貧しいながらも、尾道には少しの間落ち着き、小学校、高等女学校に進学し、作家としての基礎を築いた。尾道の町には特別な感情があったのだろう。

志賀直哉の作品を刻んだ巨石のトンネル(?)をくぐったりしながら、さらに歩くこと100mほどでロープウェイ乗り場と展望台に到着。

志賀直哉 作品space.jpg志賀直哉作品 解説板
志賀直哉 作品
志賀直哉 暗夜行路の一節 千光寺の鐘のなる情景が描かれている。写真左下の隙間をくぐって通るようになっている。崩れないかと思うとちょっと怖い・・・


展望台前の広場は「出会いの広場」と名付けられ、恋人の聖地にも選ばれているようだ。

出会いの広場の看板space.jpg恋人の聖地の像
出会いの広場という看板
恋人はおろか、友達すらいない私には関係ないけどね・・・・


ちょっとレトロな感じの展望台に登ってみると、尾道の町、対岸の向島(むかいしま)、瀬戸の島々を眺めることができ、ひとりでぼーっと海を眺めていた。

千光寺公園展望台
千光寺公園展望台
子供の頃、旅行に行って登った展望台はだいたいこんな感じだった。すごく懐かしい感じがする。
この展望台は築後60年経っているらしく、建て替えが決定したようだ。いつから工事が始まるのか知らないけど、雄姿が見られるうちにもう一度行ってみなくちゃ。

何十年かぶりにみる尾道の海はなつかしい・・・なんてね。

展望台からの眺望
展望台からの眺望
展望台からは尾道の海が見える。ここに来たのは何十年ぶりか。車だとすぐの距離なのに、なかなか来る機会がなかった。



スポンサーサイト



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ