FC2ブログ

奥出雲おろちループと月山富田城・出雲大社 ②

ループ展望台


道の駅「奥出雲おろちループ」を出発して500mほど行った所にループ展望台というのがあったので、寄ってみることにした。

今度こそおろちループを見渡せるかなと少し期待していたのだが、大きすぎるおろちループは、一部分しか見ることができなかった。

奥出雲おろちループ
奥出雲おろちループ
右側上方に少し写っている橋は「新平家橋」(橋長188m)。
ここから、「新三国橋」(橋長144m)、「雲上橋」(橋長57m)、「雲龍橋」(橋長359m)・・・というようにループ状に架けられた橋を通って下へ降りていくことになる。
写真左側に少し写っているループ状の橋が雲龍橋だ。

名前の割に少し残念な感じのする「ループ展望台」だが、ここにも「おろち」をモチーフにしたオブジェを発見。

奥出雲は、高天原を追放されたスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したとされている場所であり、「おろち」を前面に押し出して町のアピールをしているようだ。

おろちのオブジェ
おろちのオブジェ
変な形のパノラマ写真になってしまった・・・
おろちは、花壇のところから長い尻尾を出しており、展望台から出ている部分は少ないながらも巨大な体を連想させる。
写真右側に立っている柱は、おろちの頭かと思ったが、案内板によると出雲神話の神々を表現した物らしい。
出雲神話では、高天原を追放されて奥出雲の地に降り立ったスサノオノミコトは、ヤマタノオロチに酒を飲ませてヤマタノオロチを退治し、命を救ったイナタヒメ(クシナダヒメ)と結ばれたとされている。

また、おろちのしっぽや落下防止柵には、そろばんのオブジェもさりげなく設置されており、奥出雲名産の雲州そろばんを何気にアピールしている。

ただ、案内板の一つもないので、雲州そろばんの宣伝になっているかどうかは微妙だけどね・・・

ループ展望台の落下防止柵
ループ展望台の落下防止柵
落下防止用の柵のつなぎ目部分にそろばんのオブジェ(?)が設置されている。
日本のそろばんの二大産地は兵庫県(播州そろばん)と島根県(雲州そろばん)だが、ここ奥出雲町が雲州そろばん発祥の地である。
雲州そろばん協業組合のホームページによると、1832(天保3年)に村上吉五郎という宮大工がそろばんを作り始めたのが雲州そろばんの始まりで、その後(1876年)、独学でそろばんの製法を確立した村上朝吉が手回しロクロを発明するなど、そろばんの製法を確立し、広めたことで、奥出雲が日本を代表するそろばんの産地となったそうだ。

小雨のぱらつく生憎の天気だったのですぐに展望台を離れたのだが、展望台から300mほど走ったところにループ橋の写真を撮るのにいい場所を発見。

今度は、天気のいい日を選んでパノラマ写真でも撮りに行こうかな。

出雲坂根駅 ①


奥出雲おろちループを降りたところに、出雲坂根駅という木次線(きすきせん)の駅がある。

ここは、全国でも珍しい三段式スイッチバックの駅として有名なところだ。

出雲坂根駅
出雲坂根駅
木次線(きすきせん)は、島根県松江市の宍道駅と広島県庄原市の備後落合駅を結ぶ鉄道路線。
出雲坂根駅は、島根県と広島県の県境に近い奥出雲町の駅であり、標高564mに位置する。隣の三井野原駅はJR西日本で一番高い所にある駅で、その標高は726m。
その高低差は162mにも及んでおり、木次線最大の難所である。

スイッチバックとは、急勾配を登るために、勾配をジグザグに登って高度を稼ぐ方法であり、隣の三井野原駅との高低差が162mもある出雲坂根駅にスイッチバックの施設が設けられている。

出雲坂野駅にあるジオラマ模型
出雲坂根駅にあるジオラマ模型
写真に写っている白っぽいのが出雲坂根駅に停車する列車の模型。
その左上にある赤い屋根の建物がスノーシェルター。
列車は、出雲坂根駅からいったんスノーシェルターの方へと登り、そこからさらに勢いをつけて標高726mの三井野原駅へと向かっていく。

スイッチバックは是非一度見てみたいと思っていたのだが、雨の降る中、2時間以上も待つのもなんか、しんどい・・・

出雲坂根駅の線路
出雲坂根駅前に伸びる線路
単線とは思えないほど、複雑に線路が交差する。
この線路をどうやって切り返して登っていくのか非常に興味があるし、一度電車に乗ってみたい。
ただ、雨降りは苦手だし、前の晩からほとんど何も食べていなかったので、電車が来る8時30分まで待つのはとても辛かったのだ・・・

・・・というわけで、今回は電車を見ることもあきらめた木次線だが、いつか、ここを走る大人気のトロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗って、スイッチバックを体験してみたい・・・

奥出雲おろち号のポスター
奥出雲おろち号のポスター
人気が高くてなかなかチケットがとれない「奥出雲おろち号」
途中の亀嵩(かめだけ)駅や八川(やかわ)駅では、名物の出雲そばを食べることもできる。奥出雲はそばが名物なのだ。
昔、たたら製鉄で栄えた奥出雲は、砂鉄を採取するために山を切り崩し、製鉄をする際の燃料となる木を伐採した。その跡に畑や田んぼをつくったのだが、そこで多く植えられたのが、やせた土地でも実を結ぶ蕎麦だったという。

奥出雲名物の出雲そばも食べてみたいしね。




スポンサーサイト



奥出雲おろちループと月山富田城・出雲大社 ①

奥出雲おろちループ


自家用車で安芸高田市の吉田に仕事で行ったのだが、そのまま家に帰るのももったいないので、一泊して島根方面へ行ってみることにした。

実は、家を出た時からその予定で、着替えや寝袋を持って来ていたのだ。
中国地方地図
中国地方の地図
広島に土地勘のない人には分かりにくいので、位置関係を地図に記入してみました。
とってもアバウトだけど、だいたいの位置関係は分かってもらえるかな?

最初は三次にある道の駅 布野で一泊するつもりだったのだが、道の駅 布野で地図を見ているうちに気が変わった。

「そうだ、奥出雲おろちループに行ってみよう!」と。

今思うと、どうかしてたね・・・・・

庄原の道
庄原の道
都会の道と違って、人家も街灯もないので、ほぼ真っ暗。ハイビームにしていても周囲の状況までは確認できないし、どこを走っているのかもよく分からなくなってくる。
知らない道を夜中に走るのはやめておこうと思っていたのに、どうかしてたね。エヘヘ・・・

真っ暗な田舎道、土地勘もまったくないので迷いそうになりながらも、なんとか20時に道の駅 奥出雲おろちループに到着。

着いてみたものの、店は開いていないので食事もとれないし、見えるかなと期待していた星空も曇っていて全く見えない・・・


道の駅 奥出雲おろちループspace.jpg奥出雲おろちループの夜空
左/道の駅 奥出雲おろちループ  右/道の駅 奥出雲おろちループから見た夜空
標高693mに位置する道の駅 奥出雲おろちループ。台風16号の去った後なので、台風一過、満点の星空と天の川が見えることを期待していたのだが、雲っていて月さえ見えない。天気予報って、当たるのね・・・
夜中の1時30分にトイレに行ったが、その時は雨もパラついていた。


翌朝、5時ごろ、カラスの鳴き声で起床。

可愛らしい小鳥たちの鳴き声で目覚める予定だったのに、とても残念だ・・・

道の駅 奥出雲おろちループ
早朝の奥出雲おろちループ
雨は上がっていたが、曇っていて空は見えない。
山の中なので、小鳥たちの鳴き声でさわやかに目覚めるはずだったのに、無数のカラスが飛び回ってうるさくて仕方がない。
しかも、夜は結局ご飯を食べ損ねてお腹ぺこぺこ。最悪な朝である・・・

お腹は減ったが、おろちループがどんなものか全く知らないので、周囲を探索することにした。

まず、道の駅の傍にある三井野大橋。案内板によると、橋長303m(アーチ支間195m)の上路式トラスドアーチ橋だそうだ。

三井野大橋space.jpg三井野大橋案内板
左/三井野大橋  右/三井野大橋案内板
夜通った時は、こんな大きな橋の上を通っているとは思わなかった。
橋には歩道もあり、歩いて渡ることもできる。八つののぞき穴もあるらしいので、おろちループを上から楽しめるはずだ。高所恐怖症の私には無理だけど・・・・

道の駅の前や、道の駅の前にある平家平(へいけだいら)展望台には、おろちのオブジェもあり、ヤマタノオロチにちなんで名づけられたおろちループをアピールしている。

おろちのオブジェspace.jpgおろちのオブジェ
左/平家平展望台のおろちのオブジェ  右/道の駅の前に造られたヤマタノオロチの像
左のオブジェは、「激しい上昇(予感)と静かな下降(余韻)、そしてエネルギー自体を造形することによって、時を巻き込んで舞い上がりそして舞い降りるオロチ(ループ)のイメージ体を表現」しているらしい。


道の駅から、小さな橋を渡ったところにある鉄の彫刻美術館の傍に展望台があったので、登ってみた。おろちループを見渡せるかなと思ったのだ。

鉄の彫刻美術館space.jpg鉄の彫刻美術館の傍にある展望台
左/鉄の彫刻美術館  右/鉄の彫刻美術館傍の展望台
奥出雲はたたら製鉄の盛んなところであり、現在も「日刀保たたら」という日本唯一のたたら製鉄所がある所だ。
鉄の彫刻美術館は、それにちなんで、ニューヨークを中心に活躍した下田 治氏の作品を展示しているそうだ。

展望台に続く坂道を登っていると、徐々におろちループの曲線を描いた道路が見えてくる。

おろちループ
展望台に登る途中の坂から見たおろちループ
三井野原と坂根間は、高低差が170mもあって、交通の難所となっていた。奥出雲おろちループは、それを解消するために10年もの歳月をかけて造られた、区間長2360mにも及ぶ日本一雄大な二重ループだ。

展望台に登ると、もっとはっきりとループした道路が見えるかと思っていたのだが・・・・

展望台からの眺望
展望台からの眺望
展望台からは道の駅、その向こうの山には木次線の鉄橋が見える。写真の左側にループした道路が通っているのだが、植生が強くて全く見ることができない・・・

日本一雄大というおろちループは、雄大過ぎてまったく見えず、しかも、大きなスズメバチ2匹に追っかけられて展望台を降りる始末。

今思えば、この日一日の運命を、暗示するような朝だった・・・・・

奥出雲おろちループの航空写真space.jpg奥出雲おろちループ解説板
展望台に掲示してあった航空写真と解説板
さすがに、航空写真のように綺麗に見えると思ってはいなかったけど、全く見えないとも思ってなかった。google mapで調べたら、三井野大橋から見ると、ループした道路が一部分見えるんじゃないかと思われる。三井野大橋は木次線の撮影スポットになってるみたいだし、今度勇気を出して渡ってみようかな。
でも、怖いなぁ・・・


広島市植物公園 ③

日本庭園


サボテン温室から、まだ花の咲いていないバラ園とロックガーデンを通り過ぎて日本庭園へ。

咲き始めのヒガンバナを眺めつつ、鬱蒼とした林の中を庭園の奥へと進む。姪っ子に鹿威しを見せてやりたかったのだ。

日本庭園の入り口に咲くヒガンバナspace.jpg日本庭園の奥へ続く道
左/ヒガンバナ  右/日本庭園の奥に続く道
彼岸花はまだこの時は咲き始めでつぼみが多かった。 日本庭園の入り口には茶室やハナショウブ園などがあるのだが、その奥に続く道を200mほど歩いたところに鹿威しがある。

二人でずっと鹿威しを眺めていたのだが、やっぱり鹿威しはいいなぁ。

静かに水を貯め、おもむろに動き出して水を吐き出す動作。そして、あのカポーンという心地よい音がなんともたまらない。

水を貯える鹿威しspace.jpg水を吐き出す鹿威し
左/水を貯め込む鹿威し  右/水を吐き出す鹿威し
なんでもない風を装いながら水を貯め込み、突然動き出してゲボーと水を吐き出し、さらに何事もなかったかのように水を貯め込み始める。そのギャップがたまらない。

家にも1台欲しいなぁ。

展望台


日本庭園を出て、山の中の道を500mほど歩くと展望台に出られる。

少し距離はあるが、広くて歩きやすい道だし、小さな滝や小川、ところどころに植えられた植物などを見ながら散策できるので、まったく苦にはならないのだ。

日本庭園内の小さな滝space.jpg日本庭園の中を流れる小川
左/日本庭園内の小さな滝  右/日本庭園を流れる小川
人工の小川や滝だけど、水の流れは見ていて気持ちいいよね。ちなみに、右の写真の手前の花は、秋の七草である萩の花。

キキョウspace.jpgオミナエシ
左/キキョウ(桔梗)  右/オミナエシ(女郎花)
2つとも秋の七草だ。
どうでもいいけど、秋の七草ってどうしても覚えられない・・・「ハスキーなおふくろ」という語呂あわせで覚えておくといいらしい。(はぎ、すすき、ききょう、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、くず)

秋の七草 説明板space.jpg木々の間から見えてくる展望台
左/秋の七草説明板  右/木々の間から見えてくる展望台
秋の七草ってあんまり見たことないのが多い。
葛の花とかフジバカマも一度見てみたいなぁ。

やっと着いた展望台。天気は悪かったけど、瀬戸内の島々を眺めることができるので、なかなか気分はいいのだ。

展望台からの眺望
展望台からの眺望
右に見える大きな島が宮島。左が能美島だ。よく見ると、厳島神社の鳥居も見える。分かるかなぁ。分かんねぇだろうなぁ。


しばらく宮島を見ていた姪っ子だが、宮島の建物が建っている辺りが気になるらしく、展望台に設置してある双眼鏡(100円也)で見たいと言い出した。

貧乏なおじさんにたかるなよ・・・・

展望台から見える厳島神社の大鳥居
展望台からの見える厳島神社の大鳥居
300mmの望遠レンズで見た画像をトリミングしたもの。この日は1日60mmマクロ一本で過ごそうと決めていたのに、愛する姪っ子のために300mmの望遠レンズに変えて見せてやった。
にもかかわらず、双眼鏡にお金を入れさせられるはめになるとは・・・・

300mmレンズに変えて撮影したのが上の写真で、鳥居やフェリーが写っているんだけど、分かるかなぁ?

お土産


植物園といえば、売店でお土産を買うのが楽しみなのだ。来るたびに、ハイビスカスやハエトリグサなどを買ったものだ。

今回は、「ウサギの耳」という多肉植物を姪っ子とお揃いで買ってみた。

ウサギの耳
ウサギの耳
多肉植物が好きな姪っ子のチョイス。細かい毛が生えてぷっくりとした姿が可愛いそうだ。
調べてみると、月兎耳(つきとじ)というのが正式名称らしい。


大事にしてくれるといいな。


★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2016年9月17日(土)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★☆☆☆☆
3.目的地までの所要時間:50分(24km)
4.走行距離:48Km(自家用車) +5,125歩( 徒歩3.7Km)
5.消費エネルギー:ガソリン2.4ℓ(ガソリンはリッター20Kmで計算)+96.9Kcal(脂肪燃焼量13.8g)
6.地図はこちら



広島市植物公園 ②

フクシア温室


熱帯スイレン温室の北側にあるフクシア温室も、温室といいながら涼しくて快適。

館内の説明文によると、フクシアの原産地は亜熱帯性気候の地域ではあるが、高地に自生する植物なので、涼しくて湿り気のある環境を好むらしい。

フクシア
フクシア
ひんやり涼しい館内は、夏の暑い時には休憩に最適。花は少し変わった形をしているが、「淑女の耳飾り」という別名を持つとおり、イヤリングのように垂れ下がっていて可愛らしい。

夏や初秋の暑い時期だと、温室の並ぶ植物園には行きたくないという人が多いんだけど、本当は結構快適で、ゆっくり過ごすには最適なんだよね。

個人的には、おすすめの穴場スポットかな。

薬用植物展とサボテン温室


フクシア温室とサボテン温室の間にはイベントコーナーがあるのだが、今回は薬用植物展をやっていた。

アロエとか甘草とか、誰でも知っているような薬用植物も多かったのだが、中には薬用植物だと知らなかったものも多数あった。

結構勉強になるなぁ・・・

キキョウspace.jpgカワラナデシコ(ヤマトナデシコ)
左/キキョウ  右/カワラナデシコ(ヤマトナデシコ)
キキョウ、ナデシコとも秋の七草。しかし、薬用植物だとは知らなかった・・・
キキョウの根はサポニンを多く含み、鎮咳・鎮静・解熱などの効用があり、多くの漢方薬の材料として使われているらしい。ナデシコは、瞿麦(くばく)といい、利尿作用があるそうだ。

フクシア温室と廊下を挟んで棟続きのサボテン温室だが、ここはさすがに暑い・・・・

だけど、サボテンの他に多肉植物の展示もあり、多肉植物が好きという姪っ子はとても喜んでいた。

名前や形が変わったものが多いし、ぷくっと膨らんだ葉っぱが可愛いといえば可愛いけど、そんなにいいかなぁ?

ガステリアspace.jpgハオルチア
左/ガステリア  右/ハオルチア
どちらもユリ科に分類できる多肉植物。どう見てもユリっぽくないんだけどね。
しかし、みんな名前が変わってる。毛蟹って、なんか生臭そうで嫌だなぁ・・・


中には、太閤秀吉の兜に似ていることから名づけられたという多肉植物や、30~40年に1回しか咲かないというリュウゼツランの花もあったりしたけど(枯れてるけどね・・・)、個人的に一番好きなのは金鯱(キンシャチ)というサボテンかな。

なんか、おいしそうなんだよね。

ブーファン・ディスティカ(太閤秀吉)space.jpg太閤秀吉の説明文
ブーファン・ディスティカ(太閤秀吉)
太閤秀吉とも呼ばれる多肉植物。植物園の案内板には、秀吉の「一の谷馬蘭後立付兜」から名前が来ていると書いてあるが、肝心の名前が書いてない・・・
家に帰って調べたら「太閤秀吉」という名前だった。名前を書き忘れないでね。


リュウゼツランの花space.jpgキンシャチ(金鯱)
左/リュウゼツランの花    右/金鯱(キンシャチ)
リュウゼツランは100年に1度開花すると言われ、センチュリープラントの名前を持つらしい。
キンシャチは、まんまるで可愛らしいし、なんかおいしそうだから好きだ。宮崎県のサボテンハーブ園でサボテンステーキを出していたけど、こいつをステーキにするとおいしいんじゃないかな。



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ