FC2ブログ

三次の彼岸花と吉田郡山城 ①

辻のヒガンバナ群生地


植物園や月山富田城、出雲大社などでヒガンバナを見かけているうちに、群生地のヒガンバナを見たくなった。

行き先は三次市吉舎町辻の群生地。2014年9月に行って以来だから、2年ぶり2回目の訪問である。

月山富田城のヒガンバナ
月山富田城のヒガンバナ
月山富田城のヒガンバナ。雨が降る中、傘を片手にしんどい思いをして撮っったんだけど。
どこで撮ったものか分る人なんていないよね・・・


前回訪れたのは、9月21日。前に行ったときは少し時期が早すぎてつぼみばかりだったので、今回は少し遅めの25日を選んだのだが・・・

少し遅すぎたようだ・・・・・

馬洗川に咲くヒガンバナ
馬洗川に咲くヒガンバナ
馬洗川沿いに咲くヒガンバナ。右上に写っている橋が群生地への入り口。
川沿いのヒガンバナは馬洗川の水面に映えて美しい。ゆっくりとお茶でも飲みながら見ていたくなるような風景だ。

群生地の入り口にある川沿いの花はまだきれいなものも多かったが、肝心の群生地に咲く花はほとんどが枯れ落ちているか、白く変色している。

天気も悪いし、少し残念。

群生地に咲くヒガンバナ
群生地に咲くヒガンバナ
群生地に咲くヒガンバナ。
ほとんどが白く変色しているか、枯れ落ちているかだ。週1度の休みでは、見ごろに訪れるのは難しい。
「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」という林芙美子の短詩を思い出す・・・
なんて、カッコつけてる場合じゃないよね。休み増やせ!週休2日にしろ!

それでも、なんとかきれいな花を探して写真に撮ってみた。

人生前向きに生きなきゃね。

群生地に咲くヒガンバナspace.jpg小屋の前のヒガンバナ
左/群生地に咲くヒガンバナ    右/小屋の前に咲くヒガンバナ
田んぼのあぜ道や小屋の前にたくさん咲いているヒガンバナ。救荒植物として、日本人とともに生きてきたというのが実感できる。
大切にしなきゃね。

群生地のヒガンバナspace.jpg群生地のヒガンバナ
ヒガンバナのアップ
よく見ると、変わった形をしている。どうしてこんな形になったんだろう?

群生地のヒガンバナspace.jpg群生地のヒガンバナ
密集して咲くヒガンバナ
こんなに密集して咲かなくていいようなもんだけど。

馬洗川とヒガンバナspace.jpg馬洗川とヒガンバナ

馬洗川とヒガンバナ
川の傍に咲いている花はすっきり爽やかな感じがする。
気のせいかな?


ところで、2年前に来た時には、ここでお米を売っていたのだが、今年は売ってなかった。来たのが遅すぎて売り切れちゃったのかな?

次こそは見頃に来て、きれいな花と取れたてのお米を堪能しなくちゃね。


ルート


スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

奥出雲おろちループと月山富田城・出雲大社 ⑧

出雲大社へ


月山富田城の城下町、広瀬の町には、尼子氏ゆかりの史跡が沢山ある。

行ってみたいところは沢山あったのだが、降り続く雨と山中御殿までしか登れなかったショックで心が折れてしまった・・・

とはいえ、まだ帰るには時間も早いので、出雲大社(いずもおおやしろ)に行くことにした。

少しはいいことがあるように神様にお願いしなくちゃね。

出雲大社鳥居
勢溜り(せいだまり)の大鳥居
この勢溜りの鳥居が出雲大社の正門である。神社の西側にある駐車場からは少し歩くようになるが、やっぱりここから入らなきゃ。
月山富田城から出雲大社へは68km。意外と遠くて着くまでに疲れちゃった。

月山富田城のある安来からは思った以上に遠く、着いたのは15時。雨は上がったが、参拝客の多さに辟易。
着いた途端帰りたくなったけど、とりあえずお詣りだけはしなくちゃね。


出雲大社境内の兎像
出雲大社のウサギ像
因幡の白兎の伝説にちなんで、境内のあちらこちらに兎の像が設置してある。
ところで、因幡の白兎に出てくる和邇(ワニ)だが、山陰や広島県北部では鮫のことをワニと呼ぶので、昔からサメの事だと思っていたのだが、普通のワニとする説などいろんな説があるらしい。

境内には、祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)と、大国主大神が助けたという因幡の白兎の伝説にちなんで、ウサギの像が多数設置してある。

縁結びの碑(いしぶみ)
縁結びの碑(いしぶみ)
日本書紀では、大国主大神は、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトの息子ということになっているらしいのだが、古事記では、スサノオノミコトの娘である須勢理毘売命(スセリビメ)と結婚したことになっているそうだ。
この石碑は、様々な試練を克服した末、むすばれた二人が誓いの盃を交わす様子を描いたものだそうだ。
個人的には、お酒を酌みかわすウサギの像の方がかわいくていいけど。今度来た時は、境内にいるウサギ全員の写真でも撮ってみるかな。

兎の像は、境内のあちらこちらに設置してあり、酒を飲んでいるのや、まわしを締めたのまでいるらしいから、全部探してみるのも楽しいかもしれない。

御慈愛の御神像
御慈愛の御神像
ワニに皮を剥かれたうえ、大国主の兄弟である八十神(やそがみ)に騙されて海水を浴び、痛みに苦しむことになったウサギと、それを助けた大国主大神の像である。
その優しさのお陰なのか、因幡の八上比売(やかみひめ)に選ばれ、結婚することになったという。
その後、八上比売は大国主との間に子供(木俣神)をもうけたが、正妻である須勢理毘売命を恐れて実家に帰っちゃったらしいけどね・・・

拝殿と本殿でお詣りをした後、本殿の周りをぐるっと一周してみたが、さすがに大きい。

出雲大社 拝殿space.jpg出雲大社本殿
左/拝殿  右/本殿
出雲大社では、「2礼2拍手1礼」ではなく、「2礼4拍手1礼」が正式な参拝方法になっているので、注意が必要だ。
ご縁を結ぶ神様ということで、仕事の御縁をお祈りしてきた。いい仕事、紹介してください。

今の本殿は延享元年(1744年)に造営されたもので、高さ8丈(24m)だが、神社の案内板によると、古代の本殿は高さが16丈(48m)もあり、東大寺大仏殿(高さ15丈)よりも大きな建物だったという。

出雲大社の案内板
出雲大社案内板
出雲大社は、国津神(くにつかみ)であり、葦原中国(あしはらのなかつくに)を作った大国主大神が、天津神(あまつかみ)に国譲りをした際、その功績を称えて創建されたといわれている。
いつ創建されたものかはよく分からないが、斉明天皇5年(659年)に、厳神之宮(いつかしのかみのみや)として、神殿を修復した記録が残っているそうだ。

本殿の裏にもウサギの像が何体も立っていて、大国主大神のことを今でも見守っているようだ。


北側から見た本殿space.jpg本殿を見守るウサギたち
左/本殿  右/本殿を見守るウサギたち
本殿裏には、ウサギたちの像がいくつも並んでいた。

本殿裏のうさぎたちspace.jpg本殿裏のうさぎたち
本殿裏のうさぎたち
読書したり、ラブを注入したり、いろんな奴がいる。なんか楽しそう・・


境内に咲いたヒガンバナも綺麗だったし、たまには出雲大社まで足を延ばすのもいいかも。

ただ、次に来るときは、早朝の静かな時間に来たいな。

出雲大社のヒガンバナと蝶space.jpg出雲大社のヒガンバナと蜂
出雲大社の境内に咲いたヒガンバナ
左側にはクロアゲハ、右側にはミツバチが写っているのが分かるかな。それだけだけどね・・・





★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2016年9月22日(木)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間(広島市内~おろちループまで):4時間30分(150km)
4.走行距離:449Km(自家用車) +13,404歩( 徒歩9.7Km)(走行距離は吉田からではなく、広島市内からカウント)
5.消費エネルギー:ガソリン22.45ℓ(ガソリンはリッター20Kmで計算)+363.8Kcal(脂肪燃焼量51.9g)
6.地図はこちら


プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ