FC2ブログ

三次の彼岸花と安芸郡山城 ②

安芸高田市歴史民俗博物館


ヒガンバナを見た後、吉田にある郡山城に行くことにした。

郡山城は、毛利輝元が広島城を完成させ、居城を移すまでの間、毛利の居城であった城である。

ライバル関係だった尼子の月山富田城に行った時から、いつかは行ってみようと思っていたのだ。

安芸高田市歴史民俗博物館
安芸高田市歴史民俗博物館
主に、毛利氏と郡山城に関する資料が展示してある。
展示資料はかなり参考になるものばかりで、お城に上る前に見ておけば理解が深まること間違いなし。
これで入館料300円は安い。おすすめの施設だ。

まずは、お城の近くにある安芸高田市歴史民俗博物館に入ってお城の下調べ。

メインの展示室が撮影禁止なのは少し残念だが、展示資料は豊富でとても参考になった。

博物館に展示してある年表
博物館に展示してある年表
郡山城がいつ築城されたのかははっきり分らないようだが、南北朝時代の1336年(建武3年)に毛利時親が吉田荘(よしだのしょう)の地頭として下向した時には、郡山城を居城としたようだ。毛利元就、隆元、輝元の3代に渡って城域は郡山全山に渡って拡張・整備されたが、1591年(天正19年)、輝元の時代に居城を広島城へと移し、郡山城は廃城となった。
その後、1615年(慶長20年)の一国一城令、1637年の島原の乱を契機に石垣などが完全に破却されている。


郡山城のジオラマ
博物館に展示してある郡山城のジオラマ
郡山城は、北上する可愛川(江の川)とそれに注ぐ多治比川の合流点の北側に位置する。標高390m(比高190m)の山頂付近にある本丸を中心として、放射状に伸びた尾根には270以上の郭、麓には内堀が巡らされ、城域は東西に約1.1km、南北に約0.9kmに及んだという。

個人的にとても気になった展示は、安芸高田市の広報に不定期に連載されている安芸高田市歴史紀行 シリーズ「お城拝見!」だ。

安芸高田市にたくさん残っている山城を詳しく解説してあるのでとても参考になる。


シリーズお城拝見!
シリーズお城拝見!の記事
安芸高田市のホームページから、「広報あきたかた」のバックナンバーがダウンロードできるので、可能な限りかき集めた。
これを参考にして山城めぐりをしなくちゃ。

「広報あきたかた」は安芸高田市のホームページから可能な限りダウンロードしたし、これからしっかり読み込んで山城めぐりでもしてみようかな。


伝御里屋敷跡


博物館に1時間ほどいたため、歴史博物館を出て、郡山城に向かう頃には13時を回ってしまった。

夕方までには車に戻りたいので、急いで出発だ。

郡山城跡の石碑space.jpg郡山城跡 入り口
郡山城入り口
城跡の入り口から、毛利元就の墓所あたりまでは人家が続く。この辺りを歩いているときは、まさかお城があんな深い山の中にあるとは思ってなかった・・・


出発してから、最初に見ることのできる史跡は毛利元就の居館があったという御里屋敷跡。

屋敷跡には、毛利元就公の銅像と、屋敷跡の碑が建てられている・・・のだが、ここでの発掘作業の結果、遺構や遺物と思われるものが出土せず、ここにあったかどうかは疑問視されているようだ。

御里屋敷跡の碑space.jpg毛利元就公銅像
左/御里屋敷跡の碑   右/御里屋敷跡に建てられた元就の銅像
現在、吉田少年自然の家が建っている場所が、元就の御里屋敷跡と伝えられており、ここには元就の銅像と、三矢の訓碑が建てられている。

御里屋敷跡 解説板
御里屋敷跡 解説板
平成3年・4年に試掘された調査では、ここから屋敷跡であることを裏付ける遺跡や遺物は見つからなかったそうだ。
本当はどこにあったんだろう?


まぁ、450年も前のことだし、分らなくもなるよね。


ルート


スポンサーサイト



プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ