FC2ブログ

柳井の街並み~金魚ちょうちんの町~⑤

商家博物館 むろやの園 ①


柳井の商家を見たかったので、お昼ごはんを済ませた後、「むろやの園」という民族博物館へ行くことにした。

むろやの園
むろやの園 案内板
豪商 小田家の屋敷を、民俗学者 宮本常一氏の指導のもと、そのまま博物館としたもの。名前は、小田家の屋号「室屋」からきている。屋敷は「鰻の寝床」と呼ばれる、縦長の敷地割りとなっており、間口は東西に20m、南北に約119mあり、屋敷面積は約2,400㎡、建物面積は約1,500㎡で、その規模は日本の町家では屈指の大きさである。

「むろやの園」は、豪商 小田家の屋敷を博物館にしたもので、その名前は小田家の屋号「室屋」からつけられたものらしい。

南北に119mもの長さのある巨大な敷地にある建物と家財道具は、そのまま資料館の展示物とされていて、柳井の商家の暮らしぶりをうかがい知ることができる。

むろやの園 模型space.jpgむろやの園 側面
左/むろやの園模型  右/むろやの園側面
屋敷が大きすぎて、カメラに収まりきらない。室屋(小田家)の繁栄のほどをうかがい知ることができる。

屋内には、「室屋」の由来も展示してあったが、それによると、もともとは菅笠や反物を扱う商売をしていたものが、後に油業を営むようになり、中国地方でも有数の油商となったものらしい。

むろやの由来
むろやの由来
小田家の先祖は、織田信長の家老であった織田大炊頭清範。元禄元年(1688年)、小田善四朗が柳井津で商売を始めたのがむろやの始まりで、菅笠や反物などを扱っていた。その後、油業を営むようになり、中国地方で有数の油商となった。最盛期には、20石から125石船を50隻も従え、西は九州五島列島から、東は大阪まで、手広く商売を行っていたそうだ。また、岩国吉川公のもと、3代目善四郎のときに帯刀を許され、4代目で士分となり、6代目のときには大蔵にまで昇進している。天保10年(1839年)に油業を廃業して大地主となり、多い時には、田畑を60町歩(180,000坪)も所有していたそうだ。

岩国藩の藩主吉川家から、士分にまで取りたてられたという豪商の屋敷はとても広くて、歩いているうちに、どの部屋がどことつながっているのか分からなくなってしまうくらいだった。

室屋 屋敷図
むろやの園 屋敷図
この屋敷は、享保17年(1732年)頃建てられたものらしい。
実際に歩いてみると、広すぎてどことどこがどうつながっているのか、分からなくなってくる。この図を写真で撮って、時々眺めながら歩いていた。こんなに広いのは、吹屋の旧片山家住宅以来だ。

これだけ広いと建物を維持するだけで大変だと思うけど、昔の人の暮らしぶりを伝える文化遺産として、いつまでも残してもらいたいなぁ

商家博物館 むろやの園 ②(主屋)


広すぎる住宅に少し戸惑いながらも、早速通り沿いにある主屋の部分から、見学開始。写真も自由に撮れるのが嬉しい。

まずは、見世の部分。思ったよりも簡素なのは、室屋が営んでいたのが油業で、商品を展示する必要がなかったからだそうだ。

室屋 見世の部分
むろやの園 見世部分
写真右側が通り。通り沿いには窓、見世には帳場がある。油業を営む室屋では、商品を陳列する必要がなく、商品は奥に保管して、見世ではお茶をすすめて商談をしていたそうだ。

見世のすぐ裏にある居間は、大事な商談や上客などを招いて商談をすすめるための部屋だったそうだ。

その隣の部屋が納戸で、主人夫婦の寝室として使われていたらしい。こんな通りの近くで、主人が寝起きしていたというのは少し驚きだが、治安がよほど良かったのだろうか。

居間と納戸
見世のすぐ裏にある居間と納戸
写真手前の部屋が居間で、大事な商談をするときに使われていたそうだ。その一つ奥の屏風の建てられた部屋が納戸。納戸というのは、今は物置の意味だが、昔は寝室を指しており、ここは主人夫婦の寝室だったそうだ。
吹屋の旧片山家住宅では、主人の寝室は一番奥にあったが、室屋では通りの一番近くの部屋だ。よほど治安が良かったのか、商売に命を懸けていたのか・・・

その隣は中の間。食事をする部屋だったらしい。この部屋には隠し階段があり、2階へとつながっている。

中の間space.jpg隠し階段
左/中の間 右/隠し階段
書のある襖が、隠し階段の入口。階段の上部には隠し戸棚もある。

ちなみに、2階はこんな感じ。

2階space.jpg2階
左/2階 右/2階にある部屋(お稽古に使われてたのかな?)
2階には、下男部屋、女中部屋、家族の部屋(?)と、広いスペースがあり、照明器具や暖房器具の展示がされていた。このスペースは何に使われていたのだろう?

下男部屋space.jpg女中部屋
左/下男部屋 右/女中部屋
女中部屋は吹き抜けになっていて、冬場は寒そうだ。それより、女中部屋と下男部屋が隣りあっていて大丈夫なのか、少し心配。

奥の部屋には、床の間と立派な絵の描かれた天袋が見られる。この部屋からは離れに通路が伸びており、離れには上客用の風呂場が造られていた。

この部屋は客間として使われていたのかな?

床の間のある部屋space.jpg天袋
左/床の間のある部屋 右/天袋
床の間のある部屋と、その隣の広い和室には、炉畳が見える。茶室兼用なのか?天袋の戸絵は、客や季節によって塗り替えていたらしい。なんか、もったいないなぁ。

主屋から離れへの通路space.jpg上客用の風呂場
左/離れに続く廊下 右/上客用の風呂場
左/細い通路の両脇中庭になっていて、庭の景色を楽しみながら歩くことができる。 右/上客用の風呂場は脱衣場が畳敷きになっている。

いろいろな展示物があって、とても興味をそそられたのだが、一番気になったのは七代目の時に長女と三女の初節句に贈られたという雛人形の大きさの差。

七代目の時に購入されたひな人形
七代目の時に、長女と三女の初節句に贈られたというひな人形
左が長女の初節句に贈られたひな人形で、右の小さいのが三女の初節句に贈られたひな人形。
小さいのも造りはしっかりしていて、よく出来ているんだけど、大きさの違いは歴然。
「明治時代の家族制度の特徴が見られます」とか、書いてあるけど、子供相手にこれはないわ・・・

ちょっと、ひどくない・・・


今回のルート


スポンサーサイト



柳井の街並み~金魚ちょうちんの町~⑥

湘江庵と柳の木


光台寺のある丘を降り、柳井の地名のもととなったという湘江庵に入ってみた。

湘江庵山門space.jpg湘江庵 御堂
左/湘江庵山門 右/湘江庵 御堂
ここ湘江庵は、江戸時代から町人が集まって、句会やお茶をする公民館のような役割を果たしたそうだ。御堂には、日本三大虚空蔵菩薩のうちの一つである十一面観音像が祀られている。

境内には、豊後の国から都の用明天皇のもとへ行く途中、嵐のために流れ着いた般若姫が水を飲んだという井戸と、水のお礼にと刺した柳の楊枝から育ったという柳(現在5代目)が生えている。

この柳の楊枝と井戸で、この地が「楊井」と呼ばれるようになり、そこから「柳井」に変わったそうだ。

湘江庵境内の井戸space.jpg湘江庵境内の柳(5代目)
左/湘江庵境内の井戸 右/湘江庵 境内の柳の木
柳の楊枝と井戸で「楊井」、そこから「柳井」に変わったそうだ。ちなみに、独歩の旧家に行く途中にあった姫田川は、般若姫が手を洗ったことから、「姫手川」と名付けられ、それが「姫田川」に変化したものらしい。

湘江庵の井戸の水(?)
湘江庵の井戸の水(?)
般若姫の伝説は、まとめるとこんな感じかな?
豊後の国(大分県)の満野長者の娘 般若姫が、用明天皇のもとにいくために、船で都にのぼろうとしたところ、途中で嵐に会い、柳井に流れ着いた。喉の渇きを訴えた姫に、井戸の水を差しあげたところ、「おいしい」とたいそう喜び、お礼にと井戸のそばに、中国の明帝大王(みんていだいおう)から送られた不老長寿の柳の楊枝を挿したところ、楊枝は一夜にして芽を吹き、柳の大木となったと伝えられている。
般若姫の伝説は、平生町観光協会ホームページの般若姫伝説に書かれているので、読んでみてください。
ところで、井戸の水を飲むと姫のように美しくなれるということで、井戸の側にある龍の口から出ている水を飲んでみたのだが、全然美しくなった気がしない。
救いようのない顔なのか?


柳井の隣の平生(ひらお)町には、用明天皇が般若姫の菩提を弔うために建てたといわれる般若寺があり、般若姫のお墓もあるらしい。

ものすごい山の中にあるから、登るのが大変そうだけど、一度行ってみたいなぁ。


麗都路通り(レトロどおり)


光台寺付近を散策しているうちにお昼になったので、昼食を食べるために柳井駅前のメイン通りに出てみた。

柳井駅前の通りは、レンガが敷き詰められ、麗都路通りと名付けられている。明治、大正期をコンセプトにデザインされたものらしい。

麗都路通りspace.jpg麗都路通りの郵便ポスト
左/麗都路通り 右/麗都路通りの郵便ポスト
麗都路通りというネーミングセンスがレトロな気がしなくもない(1970年代の「夜露死苦」的な感じ?)のだが、レンガ色で統一されているので、結構きれい。郵便ポストも、町並み資料館(旧周防銀行)の形をしていてお洒落。


麗都路通りには、金魚ちょうちんのモニュメントが置かれた公園があり、金魚ちょうちんにかける町の意気込みが感じられる。

金魚ちょうちんのモニュメントspace.jpg小さな公園の四阿
左/金魚ちょうちんのモニュメント 右/公園の四阿
柳井川の橋の側にある小さな公園には、金魚ちょうちんのモニュメントと、金魚ちょうちんのタイル絵の飾られた四阿がある。柳井といえば、やっぱり金魚ちょうちんだよね。

また、オルゴールの館グリムという、麗都路通りのシンボル的な建物もあって、町の雰囲気づくりに一役買っている。

思ってたより少し(かなり?)小っちゃかったけど・・・・

オルゴールの館グリムspace.jpgオルゴールの館グリムのオルゴール
左/オルゴールの館グリム 右/オルゴールの館グリムのオルゴール
日本唯一のオルゴール作曲家橋本勇夫さんの曲を奏でるオルゴール。しかし、この建物、写真で見るとよく分からないけど、とても小さい。観光案内のパンフレットを見て、オルゴール博物館だと思っていたのに・・・

結局、レトロ通りでは食事のできる店を見つけることができず、町を彷徨っているうちに喫茶店「れーがん」というお店にたどり着いた。

お昼を食べるために、2時間も町を彷徨って疲れちゃったけど、喫茶店「れーがん」さんでは、新柳井名物の「甘露醤油ラーメン」が食べられたから、よしとしましょう。


今回のルート




プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ