FC2ブログ

高梁市⑨ ~城下町とベンガラの町~

旧広兼邸


ベンガラ館からすぐの所に、銅山の坑道を復元したという笹畝坑道というのがあるのだが、時間がないのでとりあえずスルー。一度行ってみたいと思っていた旧・広兼邸へと向かう。

細い山道を走ること2キロほど。山の斜面にお城のような屋敷が見えてくる。
旧広兼邸
旧広兼邸
巨大な石垣がお城のようにそびえている。個人宅とは思えないほど。

広兼家はもともとこの辺りの庄屋だったそうだが、江戸時代後期、銅山経営とベンガラの原料となるローハの製造で富を築いたらしい。この立派な邸宅は、映画「八墓村」のロケ地にもなっている。

旧広兼邸 案内板
旧広兼邸 案内板
広兼邸は、江戸時代後期、二代目の元治氏が小泉銅山とローハ(ベンガラの原料)の製造で巨大な富を築いて造ったものだという。母屋や石垣等は文化7年(1810年)に建てられたものだそうだ。邸宅の向かいには個人の神社が建てられ、衆楽園という庭園になっているそうだ。今回は時間がなくて行けなかったけど・・・

駐車場から坂道を300mほど登るとようやく入り口にたどり着く。

旧広兼邸 入り口
旧広兼邸 入り口部分
右端の方に見えるのが楼門で入り口。 途中に扉のようなのがあるが、入り口ではなく、上にある厩や、厠から落ちてくる肥えを取り出すところ。

入り口には、楼門が造られ、楼門には不審番の部屋と門番の部屋が置かれており、防犯に気を使っていたことが分かる。
お金持ちも大変だね・・・

広兼邸 楼門space.jpg楼門の不寝番部屋
左/楼門を屋敷側から見た写真 左側の階段を上がったところが不寝番の部屋  右/不寝番部屋入り口 なんか居心地良さそう。自分ならすぐに寝ちゃうな。

もらったパンフレットによると、敷地面積2581平方メートル(約780坪)あるらしいのだが、本宅と離れの間にある庭の部分は意外と広くはなく、敷地もそこまで広いようには感じられない。土地の奥行が狭くて細長いせいかもしれない。
旧広兼家 庭
旧広兼邸 庭
大きな屋敷の割には広くない。まぁ、庭があんまり広くても手入れが大変だし、何の役にも立たないからね。

しかし、家が高台にあるせいで、庭からの眺めは最高だ。

庭からの景色
庭からの眺め。駐車場になっているところも以前は田んぼだったんだろうし、昔はもっと眺めがよかっただろうと思う。

庭は綺麗に手入れされていて、庭に面した本宅、離れはとても居心地がよさそう。

旧広兼邸 本宅space.jpg広兼邸 離れ
左/旧広兼邸 本宅  右/旧広兼邸 離れ 離れは大正時代に建てられたものらしい。

そして、なによりも庭に造られた水琴窟(すいきんくつ)がうらやましかった・・・・・
広兼邸 水琴窟
旧広兼邸 水琴窟
テレビで見たことはあるが、実際に見たのは初めて。心地いい音がするので、なんども水を落として遊んでみた。一日中やっていたい・・・

残念ながら、本宅、離れとも家の中に入ることはできないのだが、家の中にあったものを展示した土蔵や、台所部分から見ることのできる家の中、家の裏にある水汲み場などから、当時の暮らしをうかがい知ることができた。

広兼邸 土蔵space.jpg広兼邸 土蔵の展示物
左/広兼邸 土蔵  右/土蔵には、生活用品、結婚式に使われた衣装などが展示されていた。

広兼邸 家の中space.jpg広兼邸 水汲み場
左/広兼邸 屋敷の中 さすがに広い。  右/広兼邸 水汲み場 井戸はなかったのかな?お風呂とか大変そう。

門を入って左側、本宅と反対側は、長屋と広場になっている。長屋には番頭小屋や下男部屋、下女部屋の他に厩(うまや)や牛小屋、農作業場などがあったので、広場部分は農作業などをするスペースだったのだろう。
広兼邸 長屋
旧広兼邸 長屋部分
入り口を入るときに石垣の上にそびえていた建物が、この長屋部分。外から見ると立派なので、主屋のように見えるが、本宅ではなく下男・下女の部屋、厩、牛小屋、厠などが一体となった長屋である。表側は白い漆喰で化粧されているが、本宅側は漆喰が施されていない。金持ちなのに・・・

長屋に造られた番頭部屋は結構広くて窓からの眺めも良く、なかなか居心地がよさそうだ。肥溜めの真上にあるので少し臭いがきつそうだけど・・・

番頭部屋
長屋にある番頭部屋
結構広い。窓からの眺めもいい。でも、床下に肥溜めがあるから少し臭かったかも・・・下男部屋と下女部屋の間に造られているので、彼らの監督も任されていたのだろう。

最後に外からもう一度石垣を眺めてみたが、やっぱりすごいね。こんな家を建てられたら幸せだろうなぁ・・・

旧広兼邸 石垣
広兼邸 石垣
これを登って泥棒できる人間も少ないだろう。

本当は、笹畝坑道(吉岡銅山)や、西江邸にも行きたかったのだが、時間が遅くなってしまったので断念・・・・
やっぱり日帰りで岡山の県北部まで回るのは少し無理があるかも。

今度は一泊してゆっくり見て回りたいな。


★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年5月26日(火)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:高梁市まで3時間、高梁から吹屋までが1時間
4.走行距離:374Km +11551歩( 徒歩8.4Km)
5.消費エネルギー:ガソリン18.7ℓ+339.8Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.高速利用:行き:高屋IC~賀陽IC、帰り:新見IC~三次IC
7.地図はこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんどいわ太郎さん、おはようございます。


八つ墓村の、あの屋敷って本当にあったんですね。
ちゃんと岡山県。
しかし、これだけの人をやとっていくって、経費というか
維持費大変だろうな~

この眺め、ここらはみんなおらのものって感じかな。
しかも水琴窟まで、個人所有、すご~

Re: No title

三島の苔丸さん、おはようございます。お返事遅れて申し訳ありません。

大きな家はうらやましいけど、掃除とか大変そうですよね。

私のような貧乏人は狭い家で十分かもしれません。

でも、水琴窟はうらやましいですね。自分の家にあったら一日中遊んでいたいです。




> しんどいわ太郎さん、おはようございます。
>
>
> 八つ墓村の、あの屋敷って本当にあったんですね。
> ちゃんと岡山県。
> しかし、これだけの人をやとっていくって、経費というか
> 維持費大変だろうな~
>
> この眺め、ここらはみんなおらのものって感じかな。
> しかも水琴窟まで、個人所有、すご~
プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ