FC2ブログ

三原の海霧と尾道の町 ③

尾道の町② ~猫の町~


天寧寺を再び裏道(思索の道)から出て、坂道を登り始める。

細い坂道は、平地の少ない尾道を象徴するものだが、その路地裏のような風景と、坂の上から見える瀬戸内の海や船は、訪れた者に郷愁を覚えさせる。

尾道の坂道space.jpg尾道の坂道
尾道の坂道
ずっと細い坂道が続く。車は入れそうにない。冷蔵庫の配達とか引っ越しは大変そう。

尾道の坂道space.jpg坂道から見える海
左/尾道の坂道   右/坂道から見える海
昔から港町として栄えた町だけあって、坂道はきちんと石畳で覆われている。坂道から垣間見える海はとてもきれいだし、なにか懐かしい感じがする。

本当に住もうと思ったら大変そうだけどね・・・・

しかし、車の通れない細い坂道は猫にとっては天国となっているらしく、最近は尾道を「猫の町」として盛り上げようという人達がいるみたいだ。

天寧寺三重の塔に行くまでの間にも、「銀猫堂」さんや、猫の細道の看板が出ていたりするし、ウェブサイトにも、キャットストリートビューなるものが公開されていたりする。
銀猫堂space.jpg猫の細道から梟の館などを紹介する案内板
尾道の坂道には猫がいっぱいだ・・・
看板にも猫がいたりして・・・

私はどちらかというと、犬派なのだが、ちゃい日記(今は「猫のいる生活」)さんのブログとかTV番組を見て、猫が結構好きになってきていたので、ここまでくると猫派に染まってしまうしかないのニャ・・・


千光寺公園


猫の天国というわりに、まったく猫の姿を見ないので寂しい思いをしていたのだが、天寧寺三重の塔を過ぎて50mほど歩いたところにある海の見える小さな公園に猫が2匹ほどいた。

テレビ番組や他の人のブログに出てくるような可愛らしい写真を撮りたかったのだが、まったくこちらを気にする様子もなく、砂浴びをしたり、気ままに歩き回ったり・・・・

私が「にわか猫派」なのがばれているのか?

砂浴びをする猫space.jpg砂浴びをする猫
砂浴びをする猫
写真を撮ろうとして近づいたら、いきなり砂浴びを始めた。ノミをとっているのかな?頼むからこっちにノミを飛ばさないでね。

千光寺公園の猫space.jpg千光公園の猫
千光寺公園の猫
まったく相手にしてもらえない。私が「にわか猫派」なのがばれているのか?

千光寺公園の猫space.jpg千光寺公園の猫
千光寺公園の猫
TVに出てくる猫と違い、鋭い目つき。野良猫だからなのか、ガンを飛ばされているのか?

猫に相手にしてもらえなかったので、仕方なく公園の散策をはじめたところ、「共楽園」という石碑と、千光寺公園の案内の碑文を見つけた。

案内碑を見ると、ここが尾道の観光の中心である千光寺公園の発祥の地のようだ。

共楽園の石碑space.jpg千光寺公園案内板
共楽園の石碑
千光寺公園は、もともと共楽園という名称だったそうだ。

碑文によると、明治27年(1894年)に、尾道で商売を営んでいた三木半左衛門氏が「共楽園」として開発したのがもととなり、その後、千光寺から寄贈された広大な土地を尾道市が整備して、今の千光寺公園になったそうだ。

三木半左衛門氏は、観光客が景色を楽しみながらゆっくりと休めるような公園を造りたかったようだが、彼の意図どおり、日当たりがよくて海を見渡すことができる公園はとてもリラックスすることができた。

景色の良いこの公園は、有名画家の林 倭衛(はやし しずえ)の写生地にもなったらしい。

林 倭衛(はやし しずえ)写生地の碑space.jpg林 倭衛の写生地から見た尾道の町
林 倭衛の写生地
林 倭衛は、大正から昭和にかけて活躍した洋画家。今は電柱が邪魔になっているが、彼が写生をしたころはなかったんだろうし、尾道が一番賑わっていた頃だから、船も沢山往来していたんだろうね。

私は、景色よりも公園の隅にある夏ミカン(?)が実を沢山つけているのが気になったので、沢山写真を撮ってしまった。

本当は、写真を撮るより食べてみたかったんだけどね・・・・・・

夏ミカン(?)と尾道の町space.jpg夏ミカン(?)と尾道の町
夏ミカン(?)と尾道の写真
瀬戸内にはミカンやレモンなどのかんきつ類がよく似合う。・・・と思う。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんどいわ太郎さん、おはようございます。

そうそう、猫って相手してくれない子は
全然相手してくれないし、カメラ目線はくれないし
でも、犬の様に吠えられたりしないから、
まあいいかな~

しかし、細いだけでなく石畳ですか、
おっしゃる通り、風情はあるけど
リアルに考えると..私は雨の日滑りそう
ってのが真っ先に思い浮かびました。

Re: No title

三島の苔丸さん、こんばんは。

猫はじゃれてくる姿がかわいいし、一人気ままに小道を歩いている姿は絵になりますよね。
今回はそんな姿はまったく見られなかったですけど・・・

尾道の町は風情があるし、ぶらぶら散策するのは気持ちがいいですよ。
この時は、寝不足で歩く気力もあまりなかったですが、今度行くときはゆっくりいろいろな所を見て歩きたいです。










> しんどいわ太郎さん、おはようございます。
>
> そうそう、猫って相手してくれない子は
> 全然相手してくれないし、カメラ目線はくれないし
> でも、犬の様に吠えられたりしないから、
> まあいいかな~
>
> しかし、細いだけでなく石畳ですか、
> おっしゃる通り、風情はあるけど
> リアルに考えると..私は雨の日滑りそう
> ってのが真っ先に思い浮かびました。
プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ