FC2ブログ

吉水園と深入山の紅葉 ④

深入山②


山を登り始めてから30分。ようやく頂上が見えてきた。

登山道からの眺望space.jpg深入山頂上
左/登山道からの眺望  右/ようやく見えてきた深入山の頂上
深入山頂上は、右の写真の左側のふくらみのてっぺん付近。下から見て、頂上だと思っていたのは、右側のふくらみ。ここにきて、頂上が思っていた以上に遠かったのが分かり、疲労が倍増だ。

さらに歩き続けること10分。道端に立つ案内板を見ると、山頂まで300mと書いてあった。

まだ300mもあるのか・・・
深入山案内板
深入山案内板
山頂まで後300m、これまで歩いた距離は1100m。
もう着くだろうと思っていたら、これまで歩いてきた距離の4分の1以上をさらに歩かなければならない・・・
あまりのショックに心は折れそう。案内板の傍にあった岩に座り込み、10分以上ぼーっと下界を眺めていた。

ここで、案内板の傍にあった大きな岩に座り込んで一休み。

目の前には、赤や黄色に色づいた紅葉が広がり、疲れた心を癒してくれる。

あと少し頑張らねば・・・・

案内板傍の岩からの眺望
案内板傍の岩からの眺望
上から見ると、赤く色づいた木々がビロードの布のように見える。一本一本は巨大な木なのに、なんか不思議。

意を決して再び歩き始めて6分。ようやく頂上に到達。

しんどかった・・・・・

深入山頂上space.jpg深入山頂上 案内板
深入山頂上
大きな木が生えていない頂上は、360度のパノラマだ。頂上には、山の名前を記した案内板もあるが、そこら中全部山なので、どれがどの山なのかさっぱり分からない。

深入山③


あがった息を整えながら周囲を見渡すと、360度のパノラマが広がっていた。

紅葉した山なみはとても美しく、疲れを忘れるような気がした(まぁ、気のせいだけど・・・)。

頂上からの眺望(臥龍山、聖湖方面)
頂上からの眺望(臥龍山、聖湖方面)(北から北西方向)
中央少し左に見えるのが聖湖(ひじりこ)。樽床ダム建設で造られた人造湖だ。下流には全国的に有名な三段峡がある。右に見える高い山が臥龍山(がりゅうざん)。樹齢200年以上のブナの原生林が広がる、広島が誇る名峰の一つ。残念ながら、2009年の女子大生バラバラ遺体遺棄事件で有名になってしまったけど・・・


頂上からの眺望(臥龍山と、その東側方面)
頂上からの眺望(臥龍山と、その東側方面)
臥龍山の東側には、集落もあり、スキー場が点在している。他県の人は、広島県を雪とは無縁のように思っている人も多いようだが、県北部は豪雪地帯で、ウィンタースポーツも盛んだ。私は寒いのは苦手なので、やったことはないけどね。

頂上からの眺望を楽しんだ後、5分ほど休憩し、ゆっくり写真でも撮ろうかと立ち上がったのだが、突然腹部に違和感を覚えた。

なんか、出そう・・・・・・




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんどいわ太郎さん、おはようございます。

まあ、こんな景色の、
しかも下草も枯れてすごしやすい場所で
休憩もいいんじゃないですか、
..距離のギャップの気持ち、よ~くわかりますが。

しかし、山の数多いですね。
なんでみなさん、山同定できるのか不思議です。
私はスマホないですが、こういう時だけは
VRで景色に山の名前を表示してくれたら
憶えられるのに~と思います。

Re: No title

三島の苔丸さん、こんばんは。

景色はいいし、急ぐ旅でもないので、ゆっくりと休みながら行けばいいんでしょうけど・・

やっぱりしんどいです。


山は連なっていると、どれがどれだか分からないですよね。

スマホに、山の名前を表示してくれるアプリがあるというのは知りませんでした。

機会があったら試してみたいです。


プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ