FC2ブログ

柳井の街並み~金魚ちょうちんの町~③

しらかべ学遊館②


しらかべ学遊館は、間口が狭くて奥行きが広い、昔の商家らしい造りになっている。

メインの展示室から、中庭を横目に渡り廊下を奥に進んでいくと、柳井に住んでいたことのある国木田独歩や、昔の広告である「引き札」の展示と、柳井に関する書籍が置いてある図書室のような部屋があった。

しらかべ学遊館 中庭
しらかべ学遊館 中庭
狭い空間を巧みに利用して日本庭園風の中庭にしている。
うちの庭もこんな感じにしようかな。

郷土資料館としてだけではなく、子供たちの地域学習のための施設でもあるようだ。

引き札
引き札
引き札は、商人たちが盆と暮れにお得意様に配ったもので、広告のようなものらしい。
その中の1枚に大きな船と、荷物を積み込もうとしているたくさんの人たちが描かれていた。柳井がどれだけ賑わっていたかがよく分かる。

多くの文人が柳井の町を訪れ、たくさんの作品を残しているのだが、柳井で少年・青年期を過ごした国木田独歩は特別の扱いのようで、様々な資料が展示されていた。

柳井にゆかりのある作家たち
柳井にゆかりのある作家たち
街中にある郵便受けに貼ってあったポスター。柳井の町は、松本清張の「花実のない森」や、井伏鱒二の「柳井のお大師山」などの舞台になったそうだ。

ここまで展示されていると、独歩ゆかりの地に行きたくなってしまう・・・

今回の旅のテーマは「商人の街 柳井」と、「国木田独歩ゆかりの地」に決定だ。

国木田独歩 年表space.jpg国木田独歩 ゆかりの地
左/国木田独歩 年表   右/独歩ゆかりの地
柳井を「国許」と呼んでいた独歩にとって、柳井の町は特別なものだったのだろう。独歩ゆかりの地は柳井にたくさんあるようだ。私の足では、とても1日では周れそうにない・・・

しらかべ学遊館では、その他に、尊王攘夷派の僧侶 月性(げっしょう)や、柳井から巣立っていった維新の志士たちについても展示されていた。
将東遊題壁の後半の詩
将東遊題壁(将に東遊せんとして壁に題す)の後半の詩
月性が27歳の時、京阪遊学に出るにあたって読んだ詩で、志を立てた男の、覚悟のほどをうたっている。この詩は、勤王の志士たちに愛唱されたそうだ。
「男児立志出郷関 学若無成不復還 埋骨何時墳墓地 人間到処有青山」と書いてあるらしい。
書き下し文と意味はこんなところかな?
男児 志(こころざし)を立てて郷関(きょうかん=故郷)を出づ
学、もし成るなくんば、また還らず(学問が大成しなければ、帰らない)
骨を埋(うず)む 何ぞ期せん墳墓の地(故郷のお墓に埋めてもらおうとは思わない)
人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り(骨を埋める処はどこにでもあるのだから)
恥ずかしながら、月性もこの漢詩も聞いたことがなかったのだが、結構有名な漢詩らしい。 

NHLKの大河ドラマ「花燃ゆ」の影響もあるのだろうか、吉田松陰や久坂玄瑞とも親交があり、尊王攘夷派に多大な影響を与えた僧侶 月性については、資料の展示だけでなくオリジナルビデオの放映までされて、大々的にアピールされていた。

柳井から巣立った維新志士たち
柳井から巣立った維新志士たち
月性(げっしょう)の開いた私塾「清狂草堂」や、阿月(柳井の町から8kmほど南に行った地区)の郷学「克己堂」から、世良修蔵などの多くの維新志士が巣立った。
僧侶 月性は、「海防僧」と呼ばれ、海の守りの重要性を説いて回った尊王攘夷派の僧侶だったそうだ。吉田松陰や久坂玄瑞らとも親交があったらしく、久坂玄瑞に松下村塾を勧めたのも月性だっったという。

こんな片田舎(失礼!)から、明治維新の原動力となった人材が多数輩出されたというのは、驚きだ。

月性や、維新志士 ゆかりの地を周ってみるのも楽しいかもしれないね。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ