FC2ブログ

備中松山城と高梁市④

備中松山城 その4

城内には、他のお城でよく見られる刀剣類の展示はなく、城の歴史や説明をしたパネルが展示してあった。
二の丸にあった案内板と合わせて読むと備中松山城の歴史がよく分かった。

二の丸の案内板space.jpg天守閣にあった城の歴史のパネル
左/二の丸にあった案内板。  右/天守閣のパネル いくつもあるパネルを読んでいくと城の歴史がよく分かる。

それによると、松山城の歴史は鎌倉時代の延応2年(1240年)に有漢の郷(現在の高梁市有漢町)の地頭となった秋庭重信が大松山に砦を築いたのが始めだそうだ。

高梁は山陰と山陽、東西の主要街道の交差する交通の要衝であったために争奪戦が繰り広げられ、上野氏、庄氏、三村氏と城主が代わったが、三村氏の頃には、大松山から小松山にかけて砦が築かれ、一大要塞となっていたという。

城見橋公園の案内板
鞴峠にあった案内板 大松山は今のお城のある小松山よりまだ高い所にある。

その三村氏も毛利に滅ぼされて松山城は落城し、御根小屋も焼失したらしいのだが、その時の戦い「備中兵乱(びっちゅうひょうらん)」の解説ビデオがお城の1階の装束の間で上映されていた。

備中松山城 装束の間space.jpg装束の間 外から見た写真
左/装束の間のテレビはビデオ観賞用  右/装束の間を外から見た写真 装束の間は城主一家の居室であり、いよいよとなると城主一家が最期を迎える場所でもあるという。

備中兵乱は、毛利氏と同盟関係にあった三村氏が、宿敵であった備前の宇喜多直家と同盟を結んだ毛利氏に反発して織田信長と同盟を結び、毛利氏に滅ぼされた戦いである。

備中兵乱解説のパネル
備中兵乱解説のパネル 宇喜多直家に父親を暗殺された三村元親は、弔い合戦として2万の軍勢で攻めた明善寺合戦で5千の宇喜多軍に大敗している。父の敵でもある宿敵の宇喜多と同じ毛利軍で戦うことはできなかったのだ。

三村一族もよく戦ったが、衆寡敵せず毛利の大軍8万の前に難攻不落の松山城も天正3年(1575年)5月に落城。三村元親は松連寺で自刃し、聡明だった元親の息子の勝法師丸は、将来を恐れた小早川隆景の命で殺害された。

備中松山城天守閣
備中松山城天守台 ここには秋になると秋冥菊が咲き乱れるという。しかも赤い色だけ・・・

備中松山城天守台周辺には、秋になると赤い秋冥菊が咲き乱れるという。赤い色のものしか咲かないことから、三村一族をはじめとする戦で散った人達の怨念ではないかともいわれているそうだ。

江戸時代になっても不幸は続く・・・

城主は毛利氏から奉行の小堀氏、池田氏と引き継がれたが、池田氏は継嗣がないためわずか2代で断絶。

その後に入った水谷(みずのや)氏は玉島新田の開発、高梁川の高瀬舟の整備などを行うとともに、城を大改修し、今の天守閣、二重櫓などを築いて藩の基礎を固めたが、これも継嗣がないためわずか3代で断絶。

二重櫓
二重櫓 お城の天守閣とつながって天守閣の北側を守っている。今の天守閣や二重櫓など、お城の大半は水谷氏が築いたものだ。

水谷氏から城を接収し、1年間城代を務めた播州赤穂藩の大石内蔵助は、吉良邸討ち入り事件で切腹している。

朝霧に包まれる姿が美しいと評判の城だが、意外にも人の悲しい歴史を見続けてきた城なのだということをお城に上がって初めて知ることができた。

私の中では、備中松山城に対する見方が少し変わったかも知れない・・・・

霧に包まれた備中松山城
そういわれてみると、霧に包まれる城は少し不気味だったような気が・・・妖気に包まれてるわけじゃ・・・ないよね・・・・





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんどいわ太郎さん、おはようございます。

なるほど、松山城は、戦国ゲームでは扱いづらい
三村氏のお城でしたか。
いや中国地方は、入り乱れて難しいです。

しかし、忠臣蔵まで続くもろもろ
今は秋冥菊(どんな花か知りませんが)
ぐらいで、済んでるんですよね?

Re: No title

おはようございます。

幕末には、城主の板垣氏が老中という幕府の要職にあったために朝敵とされ、戊辰戦争のときは高梁の町が戦火に巻き込まれそうになったり、いろいろあったようです。

でも、お城自体は「高い山の上にあるので取り壊すのが面倒くさい」という理由で明治の廃城令もなんとか乗り越えたそうです。

これからは、戦争の道具ではなく、文化財、観光資源として活躍してほしいですね。



> しんどいわ太郎さん、おはようございます。
>
> なるほど、松山城は、戦国ゲームでは扱いづらい
> 三村氏のお城でしたか。
> いや中国地方は、入り乱れて難しいです。
>
> しかし、忠臣蔵まで続くもろもろ
> 今は秋冥菊(どんな花か知りませんが)
> ぐらいで、済んでるんですよね?
プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ