FC2ブログ

備中松山城と高梁市⑦

高梁市の町並み その2

石火矢町ふるさと村から北側に歩くと小高下谷川(ここうげたにがわ)という小さな川に行き当たる。

この川はかつて備中松山城の内堀としての役割を果たしていた川だそうだが、川沿いの道を200mほど西側に歩くと本町という立派な商家の建ち並ぶ通りがあった。

高梁 本町の町並みspace.jpg本町 説明
左/本町の町並み  右/本町の説明

町中に建てられた案内板によると、本町は代官として赴任した小堀氏が城下町を整備した際に商家の町として整備され、松山藩主 水谷(みずのや)氏が高梁川の高瀬舟の航路と発着場を整備したことにより発展したものだということだ。

本町の町並みspace.jpg本町の町並み
本町の町並み 江戸時代からの風情を残した町並みは「備中の小京都」と呼ばれている。


高梁市商家資料館

そんな風情のある町並みの中に一際立派な商家が建っており、無料休憩所の看板が立っていた。

高梁市商家資料館
高梁市商家資料館 池上邸

この商家は、享保年間に小間物屋を始め、その後、両替商、高瀬舟の船主等を営み、明治28年に醤油の製造販売を始めて財を成した豪商 池上氏の屋敷だそうだ。

高梁市商家資料館 帳場と醤油樽space.jpg高梁市商家資料館 醸造場
左/帳場と醤油樽 昔はお客さんが容器を持ってきて量り売りをしていたそうだ。 右/醸造場 昭和37年まで営業していたらしい。

広い屋敷の中には立派な庭園もあり、往時の繁栄ぶりがうかがえる。

高梁市商家資料館 庭園
高梁市商家資料館 庭園 

屋敷内には何故か雛人形の展示もあった。3月になるとひな人形を町に飾るお祭りが開かれるらしい。

桜の咲くころにまた来なくちゃね。

商家資料館のひな人形space.jpg商家資料館のひな人形
商家資料館のひな人形


山中鹿介の墓

福山の鞆の浦に行った時から一度訪れてみたいと思っていたのが、山中鹿介(やまなかしかのすけ)の墓だ。

鞆の浦には切り取られた首だけが送られたために首塚しかなかったので、胴体の葬られた墓にお参りしたかったのだ。

山中鹿介の墓space.jpg山中鹿介幸盛公400回忌記念句碑
左/山中鹿介の墓 備中松山藩主・石川総慶の家臣・前田時棟が、正徳3年(1713年)に建てたものらしい。立派なものだが、鹿介の遺体を葬った場所ではない。  右/山中鹿介幸盛公400回忌記念句碑 「四百年 瀬音の哭くや 鹿公忌」と書いてあるらしい。

毛利に滅ぼされた尼子家を再興するため、幾度となく毛利氏に挑み続けた鹿介は、忠義の士として人気の武将。

しかし、何事にも終わりというものはあるものだ。

織田信長の中国攻めに加わって播磨の国 上月城(こうづきじょう)を一度は占領した鹿介だったが、天正6年(1578年)、毛利氏の反撃にあって上月城は落城し、尼子勝久は切腹、鹿介は捕えられてしまう。

鞆の浦の毛利本陣に護送されるはずだった鹿介だが、鹿介の武勇を恐れた毛利氏により、途中の阿井の渡しで暗殺された。

阿井の渡し
阿井の渡し?(推定)場所は落合橋西詰めのローソンの隣。

その阿井の渡しが高梁市内にあり、鹿介の墓があるのは知っていたのだが、観光案内所でもらった地図はアバウトすぎて場所がさっぱり分からない。車であたりを20分ぐらいグルグルと探し回るはめになってしまった・・・

しかも、ここは鹿介の亡くなった阿井の渡しに建てられた記念碑のようなもので、本当にお参りしたかった胴塚は近くの観泉寺にあるという。

思い付きでなく、ちゃんと下調べしてから来ないと駄目だね・・・



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2014年11月23日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
(次の日も早朝から仕事なので帰りも高速使用。楽ちんだが、ますます貧乏に・・・)
3.目的地までの所要時間:150分
4.走行距離:381Km +7934歩( 徒歩5.7Km)
5.消費エネルギー:ガソリン19.05ℓ+171.2Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんどいわ太郎さん、おはようございます。

そうなんですか、首塚と胴塚が別々
なんですね。歴史的にはしょうがないけど
一緒にしてあげたい気もしますね。

訪問させもらってる、こちらのサイトが
丁度今、鹿介の連載されています。
http://piglet01.blog109.fc2.com/

そうですね、私もざっくり調べただけで行って
見つかんなかった時とか
下調べチャントしてればと思ってたんですが
精神衛生上よろしくないので、
最近は、次回訪問理由ができたぐらいに思うように
してます。

Re: No title

三島の苔丸さん、ありがとうございます。

山中鹿介は好きな武将なのでしっかり読ませていただいて、次に行くときの参考にさせていただきます。

山田方谷や、高瀬舟も気になるので高梁へはまた行く予定です。

前回は時間がなかったですが、次はゆっくり墓参りして来ます。


> しんどいわ太郎さん、おはようございます。
>
> そうなんですか、首塚と胴塚が別々
> なんですね。歴史的にはしょうがないけど
> 一緒にしてあげたい気もしますね。
>
> 訪問させもらってる、こちらのサイトが
> 丁度今、鹿介の連載されています。
> http://piglet01.blog109.fc2.com/
>
> そうですね、私もざっくり調べただけで行って
> 見つかんなかった時とか
> 下調べチャントしてればと思ってたんですが
> 精神衛生上よろしくないので、
> 最近は、次回訪問理由ができたぐらいに思うように
> してます。
プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ