FC2ブログ

大久野島 ② ~地図から消された島~

大久野島に残る戦争の遺跡 ①

休暇村で早めのお昼を済ませ、自転車を借りて姪っ子と一緒に島の探索へ。

きれいな海を眺めながら海岸線を走っていると、テニスコートのそばに毒ガス貯蔵庫が・・・
平和な日常風景の中に戦争の遺跡が出てくるのも少し不思議な気分・・・・

毒ガス貯蔵庫跡space.jpg貯蔵庫説明
左/テニスコート脇の毒ガス貯蔵庫 ここに80トンもの毒液が貯蔵されていたそうだ。柵があってこれ以上は近づけないので、中は見えない。  右/貯蔵庫の説明。

日本庭園跡
日本庭園跡 毒ガス貯蔵庫のすぐ隣に日本庭園跡があった。砲台が整備された頃のものなのか、それ以後のものなのかよく分からない・・・

テニスコート脇の毒ガス貯蔵庫は半分土砂で埋められていたが、そこから少し進んだところにある貯蔵庫は道路上からはっきりとその形を見ることができた。

長浦毒ガス貯蔵庫跡space.jpg長浦毒ガス貯蔵庫跡説明
左/長浦毒ガス貯蔵庫跡 黒く焦げた跡は、終戦後、毒ガスを火炎放射器で処理した時にできたものらしい。 右/説明板

説明文によると、大久野島で生産された毒ガスの総量は6616トン、生産された毒ガスは、イペリットガス、ルイサイトガス等で、年間生産量は多い年で1500トンにも及んだそうだ。毒ガス処理のために火炎放射器で焼かれた黒い焦げ跡が生々しい・・・

そこからさらに少し進むと道路から少し入ったところに北部砲台跡の案内版が立っていた。

北部砲台案内板
北部砲台案内板  砲台は日露戦争前に作られたもので、毒ガス工場が作られる少し前のものだ。

北部砲台は山の真ん中にトンネルを掘って通路とし、その両脇に2か所ずつ、計4か所の砲台が作られていたようだ。

砲台跡space.jpg北部砲台説明板
左/北部砲台跡 ここには24cm加農砲(カノン砲)が4門設置されていたそうだ。 右/説明板

砲台の下には砲側庫と兵舎が作られている。

北部砲台 砲側庫space.jpg北部砲台 兵舎
左/砲側庫 弾薬等を保管しているところ。半分、地下に隠して作ってある。 右/兵舎 丈夫そうだが、砲台の下で生活したくないなぁ・・・

砲台は日露戦争前くらいに作られたもので、第二次世界大戦前の毒ガス製造期には砲台としての役割は終えていたらしく、砲台前の広場に作られていた発電施設を撤去し、砲台にも台座を置いて毒ガスタンクを設置していたそうだ。

砲台跡に設置された毒ガスタンク用の台座
北部砲台 砲台跡に設置された毒ガスタンク用の台座 島の至るところに毒ガスタンクが置かれていたようだ。

24cm加農砲(カノン砲)の設置されていたメインの砲台から少し離れたところには12cm速射加農砲が設置されていたという砲台跡が残る。

北部砲台跡space.jpg北部砲台 説明板
左/12cm速射加農砲 砲台跡 右/砲台の説明板 頑丈に造られている。少々の砲撃なら耐えられそうだ。

北部砲台跡から山道を登り、中部砲台跡と展望台に上がってみようと思ったのだが、山道が結構きついうえに、天候が急速に悪化してきたため、中部砲台跡をちらっと見ただけで引き返すことにした。

展望台も見たかったのに、少し残念・・・・・・

中部砲台跡への山道space.jpg山道から見た海
左/中部砲台への山道 姪っ子が「しんどい、しんどい」と言うので引き返すことに。おじさんより体力がないのもどうかと思うのだが・・・  右/山道から見た海 朝は晴れていたのに、午後になって雲が広がってきた。しかも、雪がちらつき、とても寒い。

中部砲台跡
中部砲台跡 上からちらっと見ただけでよく見ることはできなかった。

山の上のウサギたちspace.jpg山の上にいたウサギ
山の上にいたウサギたち こんな山の上にもウサギがたくさんいることに驚かされる。

もう少し暖かくなったら、一人でゆっくり回ってみようかな。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ