FC2ブログ

沖縄③ ~めんそーれ~

⑧海洋博公園(国営沖縄記念公園)

実は今帰仁城に行くのを一番楽しみにしていたのだが、朝から雨が降っていたので予定を変更して海洋博公園に行くことにした。水族館なら雨が降っていても関係ないからね・・

海洋博公園は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、その翌年に博覧会跡地に作られた公園。

ここには、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館の他、イルカショーの見られるオキちゃん劇場、熱帯ドリームセンター、おきなわ郷土村などがある。

いろんな施設があるが、初めはメイン(?)の美ら海(ちゅらうみ)水族館だ!

美ら海水族館space.jpg美ら海水族館(亀のオブジェ)
左/美ら海水族館入り口   右/美ら海水族館入り口の亀のオブジェ


水族館には様々な生き物たちがいるが、やはり一番人気は大水槽のジンベエザメだろう。

美ら海水族館(ジンベエザメ)space.jpg美ら海水族館(宝石サンゴ)space.jpg美ら海水族館(シオマネキ)
左/ジンベエザメ  中/宝石サンゴ  右/シオマネキ

巨大な水槽の中を、大きなジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ姿を見ていると本当に癒される。

美ら海水族館(ジンベエザメの水槽)space.jpg美ら海水族館(ジンベエザメ)
左/ジンベエザメのいる大水槽   右/ジンベエザメとマンタ

水族館を出るときれいな砂浜とマナティー館、ウミガメ館、しばらく歩くとイルカの見られるイルカラグーンとイルカショーの見られるオキちゃん劇場がある。

亀の浜space.jpgウミガメ
左/水族館前の砂浜   右/ウミガメ館のウミガメ

オキちゃんの水槽に近づくと、1頭のイルカ(これがオキちゃん?)が寄ってきてしばらくこっちを見ていたが、そのうちクークー鳴きながら立ち泳ぎをして芸(?)を見せてくれた。イルカは人懐っこくて可愛いねぇ。
実はイルカショーを見るのは初めてなので否が応でも期待が高まる。

こちらを見つめるイルカspace.jpg立ち泳ぎをするイルカ
左/こちらを見つめるイルカ   右/立ち泳ぎをするイルカ

イルカショーは、大小4頭のイルカが仰向けになったり、ボールを運んだり、豪快なジャンプを見せてくれたりと本当に見ごたえがあった。これを見るためだけにここに来てもきっと後悔しないと思う。

オキちゃん劇場(仰向けの芸)space.jpgボールを運ぶイルカ
左/仰向けになって手(?)をバタバタするイルカ  右/ボールを運ぶイルカ

イルカのジャンプspace.jpgイルカのジャンプ2space.jpg4頭揃ってのジャンプ
イルカショーの華、大ジャンプ。すごいジャンプ力!

イルカショーを見た後、おきなわ郷土村に寄ってみた。

おきなわ郷土村は、17世紀~19世紀の沖縄の村落を再現したもの。

家の間取りや、家の造りを見ていると今まで見てきた首里城や座喜味城のまわりにどんな町並みが広がっていたのか、人々がどんな生活をしていたのかを想像できて非常に興味深い。

王国時代の家space.jpg近年の家
左/王国時代の家 庶民の家は掘立て柱の茅葺き住宅だったようだ。
右/近年の家 手前の石垣はヒンブン石垣という目隠しの石垣。庶民に瓦葺きの家が許されたのは近年になってかららしい。



⑨今帰仁城跡

雨も上がったので、海洋博公園を出て今帰仁城に向かう。

今帰仁城は琉球に統一王国ができる前の三山時代(北山、中山、南山)に北山王の居城として築かれた城。
1416年に北山最後の王 攀安知(はんあんち)が尚巴志の率いる連合軍に敗れてからは首里王府から派遣された監守によって統治された。

入り口から入ると2m程度の背の低い石垣に囲まれた外郭がある。ここは家臣団が住んでいたらしい。

今帰仁城外郭space.jpg古宇利殿内
左/今帰仁城外郭  右/今帰仁城外郭にある古宇利殿内(フイどぅんち) 古宇利島の方を向いた火の神の祠

しばらく行くと高い城壁があり、平郎門(へいろうもん)という門から城内に入ることができる。

今帰仁城城壁space.jpg平郎門
左/今帰仁城城壁  右/平郎門

平郎門を入ると大隅(ウーシミ)という広場がある。ここは馬を養い、兵馬を訓練したところらしいのだが、大きな岩が沢山あって訓練される兵士は大変そうだ。私のようなやる気のない人間は訓練中に死んでしまったに違いない・・

大隅space.jpg大隅1
左/御内原から見た大隅  御内原の女官たちも兵士の訓練を眺めていたのだろうか?  右/大隅 岩が沢山あって、とても歩きにくい


平郎門の前には広い道が作られているが、城が機能していた頃に使われていたという旧道を歩いてみた。

平郎門内側space.jpg旧道1
左/平郎門内側 ここに門番が立って狭間から監視をしていたのだろう 右/旧道 敵に備えてわざと上りにくく作られている。住んでいた人は大変そうだ。 


旧道を登りきったあたりから下を見るとカーザフが見える。カーザフとは「水のある谷」を意味する自然の谷。ちなみにカーザフの反対側は志慶真川(しげまがわ)の断崖絶壁となっており、攻め落とすのは難しそうだ。

カーザフspace.jpg志慶真川
左/カーザフ カーは川や湧泉、ザフは谷間を意味するらしい 右/志慶真川  谷が深くて川は見えない

1416年、尚巴志の中山軍と攀安知(はんあんち)の北山軍は実際にここで戦っているが、城を攻めあぐねた中山軍は攀安知の部下の本部平原(もとぶていはら)を懐柔し、裏切らせて城を攻め落としたそうだ。

本部平原に騙された攀安知が城の外に討って出た際、本部平原が城を占拠。怒った攀安知は本部平原を宝刀「千代金丸」で討ち取り、城を守りきれなかった城の守護石であるカナヒヤブの霊石に切りつけ、自刃して果てたという。

そんな話を思い起こしながら旧道を登り、大庭(ウーミャー)という広場に到着。大庭は北殿と南殿という建物が建っていたといわれる場所でソイツギ(城内下之御嶽)という祭祀場がある。ここではいろいろな行事が行われていたようだ。

大庭space.jpg城之下御嶽
左/大庭   右/ソイツギ(城之下御嶽)

大庭からすこし登ったところが御内原(ウーチバル)。もともとは女官部屋があったところであり、この城で最も神聖な場所である。ここにはテンチジアマチジ(城内上の御嶽)という御嶽があるが、先ほどの攀安知が斬りつけたカナヒヤブの霊石とはここの霊石である。

志慶真川space.jpgテンチジアマチジ(城内上の御嶽)
左/御内原(ウーチバル)からの眺望。晴れている日は与論島まで見えるらしい・・ 右/テンチジアマチジ(城内上の御嶽)この城最大の聖地。

御内原(ウーチバル)を抜けると城主の住居のあった主郭とその下には側近の住んでいたといわれる志慶真門郭(しじまじょうかく)がある。

今帰仁城主郭space.jpg今帰仁城 志慶真門郭
左/今帰仁城主郭  右/志慶真門郭(しじまじょうかく)

一番楽しみにしていた今帰仁城だが、天気が悪くて眺めが悪く、しかも城に入ってすぐにデジカメのバッテリーがなくなって予備のコンパクトカメラで撮影せざるを得なくなってしまった。とても残念・・・

晴れているときにまた来たい。


⑩嵐山展望台

今帰仁城を出て、沖縄の瀬戸内海といわれる羽地内海へ。瀬戸内に住む者として、一度見てみたかったのだ。

本当は古宇利島にも行きたかったのだが、時間がないし天気も悪いのであきらめ、隠れた名所(?)嵐山展望台に行ってみた。

嵐山展望台space.jpg羽地内海
左/嵐山展望台  右/羽地内海

嵐山展望台は観光客がまったくおらず、さびれ具合がたまらない。周辺もパイナップル畑が広がり、収穫期なら南国気分が満喫できそうだ。

お目当ての羽地内海だが、波がほとんど見られず海の水もものすごくきれいなので瀬戸内海とくらべるのが気の毒なほどきれいだった。

ここも、天気のいいときにまた来たいものである。



★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2013年12月31日(火)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.走行距離:126.3Km + 徒歩15444歩(11.2km)
(夕方からよるにかけて沖縄市まで移動) 
4.消費エネルギー:ガソリン 6.315ℓ + 391.8Kcal (ガソリンはリッター20Kmで計算)
5.地図はこちら
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ