FC2ブログ

セツブンソウ・ユキワリイチゲ ① ~スプリング・エフェメラル~

セツブンソウ(節分草)

2月21日頃から庄原のセツブンソウが咲き始めたという噂を聞いていたのだが、2週連続で日曜日は雨。

3月8日になってようやく雨が上がったので、少し遅いかなと思いながらも見に行くことにした。

セツブンソウ
セツブンソウ(節分草) はキンポウゲ科セツブンソウ属の多年草で節分の頃に花を咲かせることからこの名前がついた。環境省レッドリストの準絶滅危惧種で庄原市の天然記念物。草丈は5cmくらいで花は2cmくらい。

セツブンソウを知らない人も多いと思うのだが、早春に花をつける植物(スプリング・エフェメラル)の一つで、花や写真が趣味の人にはわりと有名だ。

節分のころに花をつけることから「節分草」の名がついたらしく、直径2cmくらいの白く可愛らしい花をつける。

白い花びらのように見えるのは萼(がく)で、紫色の雄しべの後ろの方にある黄色いのが花びらだそうだ。

セツブンソウ自生地
道の駅 総領リストアステーションの傍にあるセツブンソウ自生地。幟は立っていたが、人影がなかったので見られるかどうか不安だった・・・

来たのが時期的に遅かったので、見られるかどうか不安だったのだが、自生地に小さな花が沢山咲いているのを見てひと安心。無駄足にならなかった・・

花は大分傷んではいたけどね・・・・・

自生地に咲いたセツブンソウspace.jpg自生地に咲くセツブンソウ
花が咲いていたので一安心。連日の雨で花びらのようなの(本当は花弁ではなく、萼片)が傷んではいたが・・・

しかし、葉っぱの先に残る雨の露が玉になって光っているのはなかなか綺麗。

雨の露のついたセツブンソウ
雨の露のついたセツブンソウ。

恨めしい雨だけど、たまにはこういうのもいいかもね。

道の駅で聞いてみると、神社の自生地に咲く花はもう終わっているということなので、田総の里スポーツ公園にある自生地へと向かう。

田総の里スポーツ公園
田総の里スポーツ公園 立派な公園だ。

こちらの自生地は完全に山の影になっており、落ち葉や栗がたくさん落ちていて少し暗い感じ。

節分草の森の看板
節分草の森の看板 栗が大量に落ちていた。秋になったらまた来ようかな。

でも、その分見ごろが遅いのか、まだ綺麗な花が多かった。

栗とセツブンソウspace.jpg落ち葉の中に咲くセツブンソウ
左/栗とセツブンソウ 栗がおいしそうなのがとても気になる。 右/落ち葉の中に咲くセツブンソウ 雪の中に咲いていたりすると絵になるんだけどなぁ・・・

落ち葉の中に咲くセツブンソウ
落ち葉の中に咲くセツブンソウ 背景は茶色だけど花は可愛らしい。

しばらくセツブンソウを見ていたら、ミツバチが飛んできた。

ミツバチとセツブンソウspace.jpgミツバチとセツブンソウ
ミツバチと節分草。 黄色い花びらの退化した部分が蜜腺になっているそうだ。右の写真では、ミツバチが蜜を舐めているようだ。

まだまだ寒いけど、やっと春が来たんだねぇ。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ