FC2ブログ

宮島 ④ ~神の島~

もみじ歩道へ

多宝塔から5分ほど歩くと赤い橋と大きなお寺が見えてくる。このお寺は大聖院(だいしょういん)といい、真言宗御室派の大本山で、代々の座主は厳島神社の祭事を掌る別当職も務めたという。

大聖院space.jpg大聖院 解説
大聖院 真言宗の名刹。また秋にでもゆっくり見学しようかな。

その前には町が広がっており、大聖院のすぐ近くに古くから厳島神社の神職を務めたという林家の住宅 上卿屋敷(しょうけいやしき)がある。

上卿屋敷(しょうけいやしき)space.jpg上卿屋敷 解説
上卿屋敷(しょうけいやしき) 入り口は普通だが奥行がものすごく広い。中は見られないけどかなり立派な邸宅のようだ。

少し分かりにくいが、上卿屋敷と大聖院の間にもみじ歩道の入り口があり、厳島の戦いの案内板が立っている。

そこには、塔の岡に本陣を移した陶晴賢が、毛利軍の奇襲を受けて総崩れとなり、大内家の名将 弘中 隆包(たかかね)・隆助親子が、この場所で毛利軍の猛攻を防ぎ、陶晴賢を大元浦へと逃がしたことが書いてあった。

弘中 隆包の手勢は、その後、駒ケ林の山中に逃げ込んで3日間奮戦したものの、全滅したといわれている。

もみじ歩道入り口付近space.jpg瀧小路の戦いの解説板
もみじ歩道入り口 瀧小路の戦いの古戦場だ。

静かな自然歩道を歩いていると、かつてここで激しい戦闘が行われたことなんて信じられないけど、神の島と言われたここ宮島でさえ、戦国時代には戦争と無縁ではいられなかったんだね。

もみじ歩道から見た厳島神社space.jpgもみじ歩道から見た五重塔と豊国神社
左/もみじ歩道から見た厳島神社 厳島神社の戦いの時は逃げまどう兵士たちでひどい有様だったんだろう。 右/もみじ歩道から見た五重の塔と豊国神社(千畳閣) 五重の塔の辺りが、陶晴賢が本陣を置いたところ。当時は豊国神社はなかったが、五重の塔はあったはずだ。

光明院前

もみじ歩道からいったん厳島神社の裏に出て、宮島グランドホテル前の階段を上がると光明院へと出られる。

反橋と五重の塔space.jpg民家と桜
左/厳島神社 反橋と五重の塔 庶民が通れない反橋。別に渡ってみたいわけじゃないんだからね。右/民家と桜 庶民には民家脇の桜の方がいいよね。

光明院は室町時代に創建された浄土宗の古刹で、宮島の恩人として知られる誓真(せいしん)和尚が修行をした寺として有名である。

お寺の前には誓真和尚の徳を偲んだ記念碑が建てられ、周りには沢山の桜の木が植えられている。

誓真和尚大徳碑space.jpg誓真和尚大徳碑前の桜
左/誓真和尚大徳碑  右/誓真和尚大徳碑前の桜   まぁ、どこの桜も見分けはつかないけどね・・・

誓真和尚は、宮島の人のために井戸を掘ったり、石畳を作ったり、宮島の人に仕事を与えるために木のしゃもじを考案した人らしいけど、和尚の遺徳のおかげで桜を見てゆっくり休めたので本当に感謝。

光明院前から見た五重塔と豊国神社
光明院前から見た五重塔と豊国神社 光明院前からは五重塔がよく見える。もうちょっと天気が良かったら最高だったんだけどなぁ・・・



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ