FC2ブログ

国営備北丘陵公園 ②

比婆さとやま屋敷


滝を降りて、園の奥へと続いている小径を歩く。

右手に田んぼ、左手にはハナショウブの咲いた用水路を眺めながら気持ちのいい散歩だ。

人が結構いるのと、暑いのがなんだけどね・・・

ひばの里 田んぼとハナショウブspace.jpg用水路とハナショウブ
左/田んぼとハナショウブ   右/用水路とハナショウブ


しばらく歩くと、大きな門構えの屋敷が見えてくる。ここは「比婆さとやま屋敷」という名前のお屋敷らしい。

比婆さとやま屋敷 門
比婆さとやま屋敷 門
 これだけで十分立派な屋敷・・っていうか自分の家の倍くらいあるんですが・・・

中に入ってみると、母屋の他に牛小屋や納屋、蔵などが並んでおり、母屋ではラムネや茶菓子なども売られているようだ。

比婆さとやま屋敷 母屋
比婆さとやま屋敷 母屋
中ではラムネや茶菓子を売っており、休めるようになっている。

折角なのでラムネを頂いて家の中に入り、少し休憩。まだ300mくらいしか歩いていないような気もするのだが、気にしてはいけないのだ。

家の中はとても広く、風通しがいいのでとても快適。

比婆さとやま屋敷 家の中
比婆さとやま屋敷 家の中
 こんな部屋で昼寝できたら気持ちいいだろうなぁ。
懐かしいふるさとの再現というコンセプトみたいだが、残念ながら私にはこんな立派なふるさとはない。でもなんとなく懐かしい気分になれるのは気のせいなのか。


庭には池もあり、鯉がたくさん泳いでいた。元気に跳ねる鯉を眺めながら縁側で読書をするのも気持ちよさそうだ。

比婆さとやま屋敷 池space.jpg比婆さとやま屋敷 2階
左/比婆さとやま屋敷 庭にある池  右/比婆さとやま屋敷2階 折り紙展が開かれていた

家の中を少し歩き回り、2階の折り紙展を見てから出発。

母屋の傍にある牛小屋をのぞいてみたが、自分の家より大きいような気がする。

ちょっと切なくなっちゃったよ・・・

比婆さとやま屋敷 牛小屋と納屋space.jpg牛小屋の中のツバメ
左/母屋脇の牛小屋と納屋 なんか我が家より立派な気がする・・・  右/牛小屋で子育て中のツバメ 快適そうでうらやましい


水車とため池


アジサイ園に向かうはずだったのだが、比婆さとやま屋敷を出てすぐの所に水車小屋があるのを見つけ、しばし水車の鑑賞。

水車っていいよね・・・・
ひばの里の水車
ひばの里の水車
しばらくぼけーっと見ていた。傍から見ると変なおっさんにしか見えないかもしれないが、私は滝とか水車とか鹿威しとか、水が流れるものが大好きなので仕方がないのだ。

ずっと見ていたかったのだが、まだアジサイ園を見ていないことに気づいて再び出発。

100mも歩かないうちにため池とそのほとりに咲くアジサイを発見した。

ひばの里のため池space.jpgため池に咲くスイレン
左/ひばの里のため池  右/スイレンの花のアップ  昔はこんなため池がたくさんあったのにね。さすがにスイレンまでは植えられてなかったけど。

でも、よく見るとアジサイの本数はそんなに多くはない。どうもアジサイ園ではなかったようだ。
ため池のほとりに咲くアジサイ
ため池のほとりに咲くアジサイ
写真に写っているのと反対側にも沢山のアジサイが植えられており、結構な本数はあるが、1万本も咲いているようには見えない。どうも目的のアジサイ園ではなかったようだ。

昔から方向音痴なのを自覚してはいたのだが・・・

ちょっと、迷っちゃったみたい・・・・・・




国営備北丘陵公園 ①

朝目覚めると、晴れていたので久しぶりに出かけることにした。

行き先は庄原にある国営備北丘陵公園。満開になったというアジサイを見るためである。

朝9時に家を出発し、庄原に着いたのは11時。昔は庄原まで4時間くらいはかかっていたのだが、無料のやまなみ街道ができたおかげで、随分と楽に行けるようになった。
道の駅 世羅
途中に立ち寄った道の駅 世羅
やまなみ街道はサービスエリアが造られておらず、代わりにインターチェンジの近くに道の駅が造られている。他の道の駅よりも商品の値段が少しお高いような気もするのだが、ご愛嬌?


国営備北丘陵公園は中国道の庄原ICのすぐそばにある公園で、中国地方初の国営公園である。広さは340ha、東京ドーム72個分の広さを誇り、中には「花の広場」、「大芝生広場」「みのりの里」など、いろいろなテーマごとに様々な施設が設けられている。

今回はアジサイを見るのが目的なので、中国山地の暮らしと懐かしいふるさとの景色を再現したという「ひばの里」へと向かう。

備北丘陵公園は何度か来たことはあるのだが、ひばの里に入るのは今回が初めてだ。


ひばの里入り口付近space.jpgひばの里 汽車の乗り物
左/サイクリングセンター  右/汽車の乗り物 派手な乗り物はないが、親子で楽しめる施設なのだ。

ひばの里はどちらかというと遊ぶ施設というよりも景色を楽しんだり、郷愁を味わったりするための施設なので、派手な乗り物や遊具などはない。

それでも、入り口付近にはサイクリングセンターや汽車の乗り物などが用意され、園内では木工教室や陶芸教室も開かれていて、子供連れでも楽しめるように工夫がされているようだ。

ひばの里 入り口付近
ひばの里 入り口付近の人工の滝と池
庄原には比婆山(ひばやま)という標高1264mの山があり、比婆山に近い山間部の暮らしを再現しているので、「ひばの里」と名付けられたのだろう。ちなみに、比婆山では1970年代にヒバゴンが目撃(?)され、ツチノコやネッシーのような一大ブーム(?)を巻き起こした。

本当はすぐにでもアジサイ園に行きたかったのだが、入り口付近の人工の滝に心を惹かれて少しだけ登ってみることにした。
私は滝が大好きなのだ。

ひばの里 人工の滝
ひばの里の人工の滝
人工の滝とはいえ、水の流れる音と周囲に咲いた青色のアジサイが涼しげでいい気持ち。暑い所にいると鬱陶しいセミの声もなんだか心地よく聞こえてくる。「閑さや岩にしみ入る蝉の声」だね。

シオカラトンボが飛び回り、セミの声が鳴り響く厳しい暑さの中、滝の周囲は青色のアジサイと滝の涼しげな音のおかげで別世界。
ゆっくりと休むことができた。

滝の周りに咲いたアジサイspace.jpgシオカラトンボ
左/滝の周りに咲いたアジサイ なんか涼しげ。  右/シオカラトンボ トンボが飛んでいると夏を感じるなぁ。

まだ歩き始めたばっかりだけどね・・・


高野 ② ~君のいる町~

圓正寺(円正寺)(えんしょうじ)の枝垂れ桜


円正寺の場所もよく調べずに来たのだが、住宅の密集した中に建っているのがすぐに見つかった。大きな桜の木があるのが遠くからでもよく見えたのだ。

円正寺の門前町
新一地区の町並み。少しだけ住宅が密集した地域があった。円正寺の門前町なのかな?

お寺に近づくと、隣に同じ浄土真宗本願寺派の寺「金秀寺」というのも建っていて、金秀寺の方にも枝垂れ桜が植えてあった。

金秀寺space.jpg金秀寺 鐘楼と山門
左/金秀寺 山門  金秀寺は円正寺の西隣にある寺。こんな小さな町でお寺が隣り合わせになっていて喧嘩にならないのかな?   右/金秀寺 鐘楼と山門 鐘楼は「君のいる町」のアニメにも出ているようだ。もう一回見直さなきゃ・・・

枝垂れ桜はこんな感じ。曇り空なので花が分かりにくいけど、枝が垂れ下がっているのが分かるだろうか・・・

金秀寺の枝垂れ桜space.jpg金秀寺の枝垂れ桜
左/金秀寺の枝垂れ桜 円正寺の枝垂れ桜に比べると若干赤味が強い感じがする。 右/アップにするとこんな感じ。

金秀寺のすぐ隣、20mほどのところに円正寺があるので、さっそく円正寺の方へ行ってみる。

円正寺 山門space.jpg円正寺 土塀と山門
左/円正寺 山門と枝垂れ桜   右/円正寺 山門と下見板張りの土塀

金秀寺(きんしゅうじ)の桜は大分咲いていたが、円正寺の桜はまだ5分咲きといったところ。もう少し咲いていたらもっと華やかだったろうと思うと非常に残念・・・

円正寺枝垂れ桜の幹space.jpg円正寺しだれ桜 解説板
左/円正寺 しだれ桜の幹の部分 右/解説板 樹齢は約300年だそうだ。江戸時代の人達もここでお花見を楽しんだのかな?

お寺の境内に入って枝を間近で見ると、ソメイヨシノよりも小さな花がところどころに密集して咲いているのがよく分かる。

円正寺枝垂れ桜space.jpg円正寺枝垂れ桜
円正寺のしだれ桜 ソメイヨシノより花が小さく、可愛らしい感じ。枝のところどころに密集して咲いている感じだ。

お寺の本堂の裏にまわると、そこにもエドヒガン桜が植えられており、周りには水仙の花も満開になっていた。雪国の高野にもようやく遅い春が来たんだね。

円正寺 本堂space.jpg本堂裏手の桜と水仙の花
左/円正寺本堂 創建600年になる歴史あるお寺だそうだ。 右/本堂裏手の桜 水仙の花が満開。春を感じるなぁ。


再び高野の町へ


行きは円正寺にたどり着けるかどうか不安で、ゆっくり町を見る余裕がなかったので、帰りは少しだけ高野の町を見て帰ることにした。

今回は、庄原で配布されていた「君のいる町 聖地巡礼」のパンフレットを持っているのだ。地図は忘れたけどね・・・

君のいる町 聖地巡礼のリーフレットspace.jpg高野の町
左/君のいる町 聖地巡礼パンフレット セツブンソウを見に行ったときにもらった。 右/高野の町 10年以上交通死亡事故がないらしい。安心して歩けるね。

まずは、Yショップはしなかやと神之瀬の湯。神之瀬の湯は、温泉施設らしい。入ってみたかったが、歩いているうちに湯冷めしそうなので断念。

Yショップはしなかやspace.jpg神之瀬の湯
左/Yショップはしなかや 漫画にはコンビニとして出ているらしい。町にスーパーらしきものは見当たらないので、貴重な買い物スポット。 右/神之瀬の湯

そして、廃校になってしまった旧格致高校高野山分校(現在高野中学校)。

高野中学校前の坂space.jpg旧格致高校高野山分校(現在高野中学校)
左/高野中学校に行くための坂。毎日通うのは結構きつそう。  右/旧格致高校高野山分校(現在高野中学校)。ここの桜もまだ満開になってない。来るのが4~5日早かったようだ。

漫画は読んだことがないし、アニメもあんまり覚えてないのでいまいちピンと来なかったのだが、今度来る時までに漫画でも読んでおこうかな。

しかし、今年は日曜日のたびに曇るか、雨が降ってまともに花見のできない年だった。死ぬまでにあと何回桜を見ることができるかは分からないけど、来年こそは綺麗な桜を見たいなぁ・・・・




★★★★★Data★★★★★★★★★★

1.お出かけした日: 2015年4月12日(日)
2.しんどいわポイント(しんどさを表わします):★★★☆☆
3.目的地までの所要時間:140分
4.走行距離:275Km +14632歩( 徒歩10.6Km)
5.消費エネルギー:ガソリン13.75ℓ+388.6Kcal(ガソリンはリッター20Kmで計算)
6.地図はこちら





高野 ① ~君のいる町~

道の駅「たかの」


宮島の桜は曇り空でイマイチだったので、有名な与一野の枝垂れ桜を見に行くつもりだった・・・のだが、朝になって何故か気が変わって高野にある圓正寺の枝垂れ桜を見に行くことにした。

高野は広島県北部 庄原市に属し、島根県との県境に近い町だ。中国山地の山あいにある町で、県内随一の積雪地帯として有名なところである。

「道の駅たかの」の雪室space.jpg雪室の解説板
「道の駅たかの」にある雪室 豪雪地帯の厄介者の雪を利用した冷蔵施設。 町の標高は570mほど。冬の積雪量は1mを超えるらしい。ニュースで見たことしかないけどね・・・

これまで、広島市内から行くのは結構大変だったのだが、平成27年3月22日に「中国やまなみ街道」が全線開通し、広島市内からも楽に行くことができるようになった。

道の駅たかの
左/新しく作られた「道の駅たかの」。やまなみ街道にはサービスエリアはなく、いったん高速道路を降りて、道の駅で休息を取る仕組みになっている。ちなみにやまなみ街道は無料。貧乏な私にはとても嬉しい。

高野町は、「涼風」、「君のいる町」などの漫画で有名な瀬尾公治さんの出身地で、「君のいる町」にも登場する町だ。2013年にアニメ化された時は、ラッピングバスも走っており、町おこしにも一役買っている。

「道の駅たかの」にある庄原市観光案内図
道の駅にある観光案内図。左下に君のいる町の記述があるのが見えるかな?

6時30分に家を出発。道の駅たかのに到着したのは8時50分。まずは雪室を見学だ。

道の駅「たかの」 雪室内space.jpg雪室の温度計
雪室内部と温度計 室温は4℃くらい。少し肌寒い。ジュースが冷やしてあった。

外気が流れ込んで雪が溶けるのを防ぐために二重になった扉を開けたところには雪が残っており、中の気温は 4℃。少し肌寒い。

雪室は古くから雪国で使われていたものらしい。電気冷蔵庫に押されて数が減っていたのだが、最近の省エネブームの影響でまた見直されてきたそうだ。

我が家にも一個欲しいけど、雪なんてほとんど降らないからどうしようもないね。

その前に、家が狭いから設置場所もないけどね・・・

高野の町


地図で見ると「道の駅たかの」から円正寺までは約2キロ。そんなに距離はないようなので、道の駅に車を置いて歩いていくことにした。

しかし、歩けど歩けど見えるのは山と田んぼとリンゴの木ばかり。道を間違ったのではないかと不安で仕方がない・・・・

高野の町への道space.jpg道の脇にあったリンゴ園
左/高野の町への道。人家もないし、人もいない。道路標識すらない・・・  右/道端にはリンゴ園があった。高野は広島一のりんごの産地として有名。道の駅にはリンゴジュースをはじめ、リンゴを使った商品が多数置いてある。

しかも、空はどんどん曇ってきて最悪の天気。何度も引き返そうかと思ったが、圓正寺の枝垂れ桜を一目見たかったので我慢して歩き続ける・・・

歩き続けること20分。ようやく人家が見えてきた。

ようやく見えてきた集落
ようやく見えてきた集落。学園ロードという標識があるということは、町は近いはずだ。

学園ロードというお洒落な名前の通り(?)を抜けてようやく大きな建物のある町に到着。

学園ロード
学園ロード 名前はお洒落なのに・・・・・・

実は、高野の町を見るのは初めて。

高野町の中心部ということで、家の建ち並んだ大きな町を想像していたのだが・・・・

高野町 中心部
高野町中心部 人口密度は全国の市で低い方から10番目。ゆったりとした町並みは羨ましい。雪が深くなければ引っ越すんだけどなぁ・・・

なかなかゆったりとした町並みだった。

かなり羨ましいけどね・・・


セツブンソウ・ユキワリイチゲ ① ~スプリング・エフェメラル~

セツブンソウ(節分草)

2月21日頃から庄原のセツブンソウが咲き始めたという噂を聞いていたのだが、2週連続で日曜日は雨。

3月8日になってようやく雨が上がったので、少し遅いかなと思いながらも見に行くことにした。

セツブンソウ
セツブンソウ(節分草) はキンポウゲ科セツブンソウ属の多年草で節分の頃に花を咲かせることからこの名前がついた。環境省レッドリストの準絶滅危惧種で庄原市の天然記念物。草丈は5cmくらいで花は2cmくらい。

セツブンソウを知らない人も多いと思うのだが、早春に花をつける植物(スプリング・エフェメラル)の一つで、花や写真が趣味の人にはわりと有名だ。

節分のころに花をつけることから「節分草」の名がついたらしく、直径2cmくらいの白く可愛らしい花をつける。

白い花びらのように見えるのは萼(がく)で、紫色の雄しべの後ろの方にある黄色いのが花びらだそうだ。

セツブンソウ自生地
道の駅 総領リストアステーションの傍にあるセツブンソウ自生地。幟は立っていたが、人影がなかったので見られるかどうか不安だった・・・

来たのが時期的に遅かったので、見られるかどうか不安だったのだが、自生地に小さな花が沢山咲いているのを見てひと安心。無駄足にならなかった・・

花は大分傷んではいたけどね・・・・・

自生地に咲いたセツブンソウspace.jpg自生地に咲くセツブンソウ
花が咲いていたので一安心。連日の雨で花びらのようなの(本当は花弁ではなく、萼片)が傷んではいたが・・・

しかし、葉っぱの先に残る雨の露が玉になって光っているのはなかなか綺麗。

雨の露のついたセツブンソウ
雨の露のついたセツブンソウ。

恨めしい雨だけど、たまにはこういうのもいいかもね。

道の駅で聞いてみると、神社の自生地に咲く花はもう終わっているということなので、田総の里スポーツ公園にある自生地へと向かう。

田総の里スポーツ公園
田総の里スポーツ公園 立派な公園だ。

こちらの自生地は完全に山の影になっており、落ち葉や栗がたくさん落ちていて少し暗い感じ。

節分草の森の看板
節分草の森の看板 栗が大量に落ちていた。秋になったらまた来ようかな。

でも、その分見ごろが遅いのか、まだ綺麗な花が多かった。

栗とセツブンソウspace.jpg落ち葉の中に咲くセツブンソウ
左/栗とセツブンソウ 栗がおいしそうなのがとても気になる。 右/落ち葉の中に咲くセツブンソウ 雪の中に咲いていたりすると絵になるんだけどなぁ・・・

落ち葉の中に咲くセツブンソウ
落ち葉の中に咲くセツブンソウ 背景は茶色だけど花は可愛らしい。

しばらくセツブンソウを見ていたら、ミツバチが飛んできた。

ミツバチとセツブンソウspace.jpgミツバチとセツブンソウ
ミツバチと節分草。 黄色い花びらの退化した部分が蜜腺になっているそうだ。右の写真では、ミツバチが蜜を舐めているようだ。

まだまだ寒いけど、やっと春が来たんだねぇ。





プロフィール

しんどいわ太郎

Author:しんどいわ太郎
いつの間にか、1年遅れになっちゃった・・・
別のブログを立ち上げる予定ですが、ここには季節ネタをちょくちょくあげて残しておくつもりです。
新しいブログにデータを移すのはめんどくさいからね・・・

最新記事
最新記事の地図
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク
天気予報
広告エリア










写真素材のピクスタ